プロジェクト分析

【ICO】DEXAGE:複数サービスを提供する分散型取引システム

今までの分散型取引システムで代表的なものは、分散型取引所(DEX)でした。最近の分散型取引システムは、DEXにプラスして様々な取引サービスが付属するのがトレンドになっています。

今回ご紹介するDEXAGEは、まさにそのようなトレンドの分散型取引システムになります。

DEXAGEとは

DEXAGEはEOSベースの分散型取引所(略してDEX)を中心とした分散型取引システムです。

DEXの場合、ユーザのウォレットは取引所が集中保管せずに個々のユーザが分散保管するようになります。そのため、ハッカーの標的になりにくく、coincheckやZaifのような流出事件になりづらいという特長があります。しかし、絶望的に使い勝手が悪く、ユーザが増えないという問題点がありました。

DEXAGEでは、使いやすいアプリを提供することで、今までのDEXの問題点を克服します。そして、P2P貸出しやアフィリエイト、利益還元などを行うことにより、ユーザが取引所を利用しやすくなりエコシステムがスケールアップしていくことを目指しています。

DEXの特徴

DEXAGEのビジネスモデル

DEXAGEのビジネスモデル

仮想通貨と法定通貨の交換ができる

通常のDEXは、仮想通貨同士の交換しかできませんでした。しかし、DEXAGEでは、仮想通貨と法定通貨の交換をすることができます。

中央管理者がいないDEXで、どうやって法定通貨との交換を実現するかというと、かなりアナログな仕組みです。

ユーザは、交換レートと支払い方法の詳細をDEXAGEのサイトに掲載します。掲載条件を見て交換をOKしたユーザ同士で、実際に会うかネットバンキングによる送金をするかの2つの選択肢で法定通貨と仮想通貨を引き換えます。

P2P貸し出しができる

DEXAGEではP2P型の仮想通貨貸し出しサービスを使うことができます。

借り手になる場合、自身の完全な取引履歴がプロフィールに掲載されるようになります。そのプロフィールをもとに、貸し手は本当に貸し出しても大丈夫な相手かを判断します。そして、借り手は担保となる仮想通貨をDEXAGE上に差し出します。

貸し手は、取引履歴がクリアな借り手を選び、借り手に貸し出し条件を提示します。借り手は、複数ある貸し手の候補からより有利な条件を選ぶことができます。

ソーシャルWebベースのP2Pの分散型アプリケーションが提供される

DEXAGEでは、ユーザ中心のアーキテクチャを目指しており、P2Pの分散型アプリケーションを使うことができます。

アプリケーションでは、仮想通貨同士の交換を行うことができる他、エスクロー取引(仮想通貨と法定通貨の交換)や、P2P貸出し、チャットを使うことができます。

また、アプリケーションにはワンクリックでポートフォリオを組める機能が内蔵されており、予め仮想通貨の銘柄の構成割合を決めておけば、自動的にそれに沿って仮想通貨の購入を行います。

アフィリエイトがある

アフィリエイトはそのサービスを紹介すると紹介者に紹介料が入る仕組みですが、サービス利用者が増えるひとつの要素にもなります。

意外なことに、今までのDEXでアフィリエイトを設けているところがほとんどありませんでした。

DEXAGEでは、DEXAGEを利用するユーザが増えるようにするために、アフィリエイトがつけるようにします。

トークン保有者に収益が還元される

DEXAGEでは、DXGトークンの保有者に利益還元を行います。還元する利益は全体の30%になり、利益配分されます。

また、DEXAGEから発生した収益の20%を使い、四半期ごとにDXGトークンを買い戻してバーンします。これがトークン流通量が半分になるまで継続されます。買戻しによるバーンが行われると、トークンの供給量が減る分トークン価値が上がるため、実質的な利益還元となります。

コミュニティによって管理される

DEXAGEでは、取引所のガバナンスを自律分散型組織(DAO)に委ねるようにします。DXGトークン所有者は、スマートコントラクトによって投票権や決定権を持つことができます。

コミュニティメンバーだと上場が無料

DEXAGEでは、最初はBTC, EOS, XRP, ADA, ETHを上場させ、EOS, BTC, ETH, USDT, DXG建てで取引を行うことができます。

もちろん、ここからさらに上場させる仮想通貨を増やしていきます。

コミュニティメンバーになっていると、仮想通貨を無料で上場させることができます。メンバー外の場合は追加料金が必要になります。

ロードマップ

  • 2017年Q1:コンセプト策定
  • 2018年Q1:チーム編成
  • 2018年Q2:DEXAGEプラットフォームのプロトタイプ作成
  • 2018年Q3:DEXAGEの実用最小限の製品をリリース
  • 2018年Q4:DXGプリセール
  • 2019年Q1:DXGメインセール
  • 2019年Q2:DXGを他の取引所に上場
  • 2019年Q3:P2P取引所のベータ版をリリース
  • 2019年Q4:DXGチャットDAppベータ版をリリース
  • 2020年Q1:DEXAGE WebP2P取引プラットフォームをリリース

ICOに参加するには

現時点で判明しているのは、以下の通りになります。

  • トークンシンボル:DXG
  • 総発行量:5,000,000,000 DXG
  • プラットフォーム:Ethereum
  • トークン規格:ERC20
  • ソフトキャップ:5,000,000 USD
  • ハードキャップ:24,000,000 USD
プリセール トークンセール2 トークンセール3 トークンセール4 トークンセール5
期間 2018/11/30-12/31 2019/01/01-01/15 2019/01/15-01/30 2019/01/30-02/14 2019/02/14-02/28
販売数 500M 570M 570M 570M 540M
レート (1 DXG =) 0.0060 USD 0.0085 USD 0.0090 USD 0.0095 USD 0.0100 USD
調達額 3,000,000 USD 4,845,000 USD 5,130,000 USD 5,415,000 USD 5,400,000 USD

DEXAGEに関する情報

さらに良い情報をキャッチするために

当ブログでは、情報発信用にLINE@を用意しております。

グレーなネタや、ICOのプライベートセールの購入枠を含めた情報など、とにかくブログで公表できない情報をご紹介します。

友だち追加



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

Onotology - Andy Ji 1

中国のブロックチェーン企業Ontology(オントロジー)は、先行したブロックチェーンプラットフォームの企業として知られ ...

2

指紋認証の分野において多くの実績を持つAuthenTrend Technology社(以下、AuthenTrend)は、 ...

3

Swissborgは2018年当時、ICOを行ったことで話題となりました。ICOが終わり、Siwssborgではプロダク ...

-プロジェクト分析
-,

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2020 All Rights Reserved.