Airdrop

【エアドロップ】IEOに次ぐ新たな資金調達方法IMOを提供する「IMO Exchange」がエアドロップを実施

投稿日:2019/9/11 水曜日 更新日:

にわかに話題になりつつあるIMO Exchangeがエアドロップを開始しています。今回は、エアドロップ手順をご紹介します。

IMO Exchangeとは

IMO Exchangeは、IEOにかわる新しい資金調達手段であるIMO(Initial Model Offering)を提供している暗号資産取引所です。IMOを行うことにより、プロジェクトの手元に残る資金をIEOより多くし、投資家に対して大きなリターンをもたらすことができるようになります。

IMOでは、プロジェクトが資金調達を複数回の長期に渡り行います。ユーザーはIMO Walletを使うことによりIMOに参加でき、一方で取引所で並行してトークンが既に上場された状態になります。

IMOが繰り返されるごとにトークンセールの価格は上昇されていき、取引所側ではバーンを繰り返すことで価格を上昇させていきます。基本的に、最後のセールが終わるまではトークンセール価格が取引所価格より低い状態が保たれるため、投資家はリターンをあげることができます。

しかし、投資家側が完全にノーリスクということではなく、購入したトークンには90%ロックがかかります。時間を経るごとに徐々にロックが解除されるため、ロック期間中に売却できないことによる一定の制約を課されることになります。

既にIMO Exchangeでは、HCEのIMOが行われ2019年9月11日時点で2ラウンドを繰り返し、いずれも即売となっています。IMO Exchangeの詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

【取引所】IEOに次ぐ新たな資金調達方法IMOを提供する「IMO Exchange」

エアドロップ参加手順

今回のエアドロップでは、10万USD(約1075万円)分のIMOトークンをもらうことができます。IMOトークンも現在IMOを実施しているため、エアドロップでもある程度の良い結果になることが見込まれています。

1.Telegramを使える状態にしておき、IMO Airdop Botとのチャットを開きます。

2.ボットではないことを確認するために、簡単な算数問題に答えます。

3.「Start Tasks」をクリックし、エアドロップのためのタスクをはじめていきます。

エアドロップ手順1

4.「Follow out Twitter」をクリックし、TwitterでIMO Eco Sysmtemの公式アカウント@eco_imoをフォローした後、自分のTwitterユーザー名を@付きで入力します。

5.「Retweet on Twitter」をクリックし、ツイート内容をリツイートします。その際に、自分のリツイートのURLを取得し、入力します。

6.IMO Exchangeに登録し、メールアドレスか電話番号を入力します。登録方法の詳細は、IMO Exchange紹介記事の「IMO Exchangeへのアカウント開設手順」をご覧ください。

エアドロップ手順2

7.あとは自分のエアドロップの残高が表示されます。Referral linkを拡散して、別の人にエアドロップ参加をしてもらうと自分にも紹介ボーナスが入ってきます。

また、IMOに参加するにはIMO Walletにも登録する必要がありますので、この機会にあわせて登録することをおすすめします。詳細は、IMO Exchange紹介記事の「IMO Walletのアカウント開設手順」をご覧ください。

エアドロップ手順3

IMO Exchangeに関する情報



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

ビットポイント台湾CEOの郭雅寧(Patty Kuo)氏 1

2019年7月12日に、日本の暗号資産取引所ビットポイントで約30億円相当の暗号資産が流出しました。これにより、各メディ ...

2

ここ最近は、ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にIEOがありますが、一般に知られていないところで多くの問題を抱えてい ...

3

現地の銀行NI BANKと提携したモンゴルの取引所AIS-Xは、8月15日にIEOが終わり、BitForexに上場しまし ...

-Airdrop
-

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2019 All Rights Reserved.