Airdrop PR

【エアドロップ】IMO Exchangeが2つのエアドロップキャンペーンを開催

2020/2/10 月曜日

IMO Exchangeが2つのエアドロップキャンペーンを開催しています。

両方ともIMOラウンドで使うことができるUSD0(USD連動型のステーブルコイン)をもらうことができます。

特に説明がなくても自分でエアドロップに参加できる方は、直接以下のリンクをご利用ください。

▼IMO日本テレグラム開設記念キャンペーン

https://t.me/imoexchangeBot

▼IMO Airdrop 2

https://t.me/IMO_Airdrop_2_Bot

IMO日本テレグラム開設記念キャンペーン

期間:2020年2月11日 - 21日

IMO日本テレグラム開設記念キャンペーンでは、IMOラウンドへの参加で使えるUSD0をもらうことができます。USD0はIMOラウンド専用のトークンですが、1 USD0 = 1 USD のレートに固定されています。

<参加手順>

最初にエアドロップ用のTelegram Botにアクセスします。

1. 人間が操作していることを証明するための計算問題が出てくるので、計算に回答します。

IMO日本テレグラム開設記念キャンペーン参加手順1

2. その後のメッセージで表示される「ボーナスエアドロップに参加する」をクリックします。

3. IMO WalletのUIDを入力すれば完了です。もし、IMO Walletのアカウント解説方法がわからない場合「IMOとは?IMO ExchangeのIMO参加方法をわかりやすく解説」をご覧ください。

※UIDの確認方法:IMO Walletから「アカウント」→自分のユーザー名をタップ→「UID:<任意の数字>」を確認。

IMO日本テレグラム開設記念キャンペーン参加手順2

あとは発行される招待用リンクを拡散させます!

IMO Airdrop 2

IMO Airdrop 2でも、IMOラウンドへの参加で使えるUSD0をもらうことができます。

<参加手順>

最初にエアドロップ用のTelegram Botにアクセスします。

1. 人間が操作していることを証明するための計算問題が出てくるので、計算に回答します。

IMO Airdrop 2 参加手順1

2. 「Start Tasks」をクリックしてエアドロップタスクを開始し、USD0を受け取るERC20に対応したEthereumウォレットのアドレスを入力します。

IMO Airdrop 2 参加手順2

3. ツイッターの拡散タスクになります。IMO Eco SystemのTwitterアカウント(@eco_imo)をフォローし、自分のTwitterアカウントのIDを@付きで入力します。

4. 「Retweet on Twitter」をクリックして、その後Twitter上で表示されるメッセージをツイートし、ツイートのURLを入力します。

IMO Airdrop 2 参加手順3

5.?IMO exchangeに登録しているメールアドレスまたは電話番号を入力します。

6.(任意)Facebookの拡散タスクになります。FacebookのIDを入力します。さらに、その後「Share post Facebook」でIMO Eco Systemの投稿を拡散した場合は、その投稿のURLも入力します。

IMO Airdrop 2 参加手順4

あとは発行される招待用リンクを拡散させます!

IMO Eco System (IMO Exchange / IMO Wallet) に関する情報

公式情報

当メディアによる情報

IEOに次ぐ新たな資金調達方法IMOを提供する「IMO Exchange」

IMOとは?IMO ExchangeのIMO参加方法をわかりやすく解説



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

Onotology - Andy Ji 1

中国のブロックチェーン企業Ontology(オントロジー)は、先行したブロックチェーンプラットフォームの企業として知られ ...

2

指紋認証の分野において多くの実績を持つAuthenTrend Technology社(以下、AuthenTrend)は、 ...

3

Swissborgは2018年当時、ICOを行ったことで話題となりました。ICOが終わり、Siwssborgではプロダク ...

-Airdrop, PR
-, ,

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2020 All Rights Reserved.