スポンサーリンク
アプリ ウォレット

仮想通貨をチャージして店舗決済やATM引き出しができるプリペイド(デビット)カードの「Hcard」とは

アプリ

USDTなどの仮想通貨を日本円にしたいとい声は多く聞かれます。それらを海外取引所でBTCに替えて送る方法も存在していますが、それには多くの手間と時間を要します。

そこで、今回はそのようなことを不便に感じている方にとっては便利になるであろう、仮想通貨チャージ型のプリペイドカードHcardをご紹介します。

Hcardを使うことにより、チャージした分でMastercardのマークが付いた店舗の決済や、ATMを使った現金引き出しが可能になります。いわゆる、USDTなどの仮想通貨を日本円に換金できるカードとしての立ち位置を確立しています。

Hcardの特徴

Hcard

時間の制約を受けない

仮想通貨を日本円に替える方法として、日本の仮想通貨取引所を利用したり、OTC取引を利用する方法があります。いずれも、時間を要する方法になります。

Hcardでは、自分のアカウントに仮想通貨が到着すると、すぐにカードにチャージすることができるため、実質的な待ち時間はチャージするための送金が到着するまでの時間のみになります。

クレジットカードが発行不可の人でも発行できる

クレジットカードの場合、過去に支払いを滞納したことがある人や、直近で自己破産したことがある人は発行することができません。

一方で、Hcardはプリペイドカードであるため、チャージした範囲で利用することになり、与信はまったく関係ありません。

Mastercardに対応した店舗で利用できる

Hcardは、Mastercardのマークがついた店舗の買い物に対応しています。現在、Mastercardは全世界で約4720万店舗が展開され、実店舗や通販店舗で利用することができます。

Hcardを使い、米ドル以外の国で買い物をする場合は、現地通貨の為替レートに準じて為替され、残高から引き落とされます。

銀行ATMで現金引き出しすることができる

Hcardにチャージした残高は、銀行ATMから現金で引き出すことができます。

銀行ATMは、Mastercardのマークがついているところであれば良く、日本国内の場合はコンビニATMであればほとんどが対応しています。また、その他の提携銀行のATMからも利用可能で、詳しくはMastercardのATM検索で確認することができます。

メジャーな仮想通貨のチャージに対応

Hcardは、仮想通貨を米ドルにしてチャージすることができます。

チャージに対応した仮想通貨は、全部で7種類になります。

Hcardに対応した仮想通貨

※USDTは、Omni, ERC-20, TRC-20に対応。

チャージは、自分のアカウントに入金して、米ドルに交換するだけです。交換レートは、米ドルに交換するタイミングの仮想通貨の時価が適用されます。

Hcardの利用例

  • Aamazonで買い物をしたいので、Hcardを使って決済をする。
  • 銀行口座に現金がないので、持っている仮想通貨を現金化してセブン銀行のATMで引き出す。

よくある質問

法律上問題ないのか?

ユーザーとしての利用は、法律上問題ないとされています。

Hcardでは、チャージの際に仮想通貨の交換が発生します。そのため、ユーザーから見ると海外取引所を利用するのに似ています。

簡単に使えるのか?

海外取引所を扱った経験がある人であれば、簡単に使うことができます。

スマートフォンアプリは、日本語に対応しています。

何か必要なものは?

実名認証(KYC)のためにパスポートが必要になります。

海外取引所では、パスポート以外の実名認証が通らないことが多いので、この機会に作っておくことをお勧めします。

カード販売の特別オファー

筆者の取引先企業より、仮想通貨でチャージできるプリペイドカードのHcardを安く提供していただけることになりました。

発行手数料や年会費は不要で、定価で500 USDのところを、260 USDでご提供いたします(2020年6月現在、業界最安値)。

以下のフォームに入力の上、返信メールで案内される支払先に仮想通貨でお支払いいただくと、配送拠点より直接カードを郵送でお届けします。

Hcardを今すぐ申し込む

タイトルとURLをコピーしました