スポンサーリンク
アプリ ウォレット

仮想通貨チャージ型プリペイド(デビット)カード「Hcard」の初期設定と使い方

アプリ

本ページは、Hcardの初期設定と使い方を解説したページになります。

Hcardについての特徴を知りたい方は、「仮想通貨をチャージして店舗決済やATM引き出しができるプリペイドカードの「Hcard」とは」をご覧ください。

Hcardの利用手順

Hcardは、仮想通貨から直接チャージすることができない仕様になっています。そのため「FiatBit」と呼ばれるアプリを使い、何かしらの仮想通貨を自分の口座に入金、その後米ドルに交換することにより、カードに米ドルをチャージすることができます。

カードにチャージされた米ドルは、実店舗や通販の買い物やATMで現金として引き出すことができます。日本円など、米ドル以外の通貨で利用する場合には為替手数料がかかります。

Hcardの利用イメージ

Hcardの利用準備

Hcardを利用するためには、「FiatBit」と「Hcard」の2種類のアプリを利用します。2種類のアプリとも、ユーザー登録と初期設定が必要になります。

大まかな流れでは、最初にHcardアプリでカードのアクティベートを行い、FiatBitアプリでアクティベートしたカードとリンクさせるための設定を行います。この順番は、逆にすることはできません。

Hcardアプリの設定

Hcardアプリをダウンロードします。

Hcard

Hcard
無料
posted withアプリーチ

アプリは日本語で表示されます。日本語が少々変ですが、特に迷うことはないでしょう。

アプリを起動すると、左のような画面が表示されます。最初にユーザー登録する必要があるため、画面右下の「私の」から、その後の画面で「ログイン」をタップします。

Hcardの利用手順1

ログイン画面の「新規登録」をタップして、スマートフォンの電話番号を使いユーザー登録します。

日本の電話番号を登録する場合、国番号は「+81」になり、携帯の番号は頭ゼロ抜きになります(080-1234-5678の場合、8012345678と入力)。その後、受信したSMS認証コードを入力して次に進み、パスワード入力と規約に同意して「新規登録」をタップします。

Hcardの利用手順2

続いて、アクティベート手続きをします。Hcardの現物を手元に用意し、アプリ画面の「アクティブ」からアクティベートします。

アクティベートでは、Hcardの背番号(カード裏にあるバーコード番号)を入力します。SMS認証コードを取得して次に進み、6桁の支払いパスワードを入力して「決定」をタップします。

Hcardの利用手順3

最後に、本人認証(KYC)をします。Hcard自体は本人認証がなくても利用できますが、年間のチャージ上限と利用額が350米ドルとなるため、現実的ではありません。この制約を、本人認証をすることで解除します。海外取引所の本人認証をした方であれば、特にこの手順で迷うことはないことでしょう。

本人認証にはパスポートがのみが利用できます。基本的に、海外取引所は本人認証にパスポートのみを受け入れるところが多いため、パスポートを持っていない方は、この機会にパスポートを作ることを強くおすすめします。

本人認証では、画面表示に従いパスポート項目を入力していきます。メールアドレスは@の前にドット( . )が入っているとフォーマットが正しくないと表示されますが、表示を無視して次に進むことができます。

画面を下にスクロールさせると、電子署名を入力する項目をあります。スマートフォンの画面上で、手書きサインを入力して「決定」をタップします。

最後に、パスポートを持った自撮り写真と、パスポートの見開きページの写真をアップロードし「提出」をタップします。

Hcardの利用手順4

FiatBitの設定

最初に、FiatBitのアカウント登録ページにアクセスしてユーザー登録します。ユーザー登録は、Hcardと同様に電話番号とパスワードを登録するだけの簡単なものになります。

日本の電話番号を登録する場合、国番号は「0081」になり、携帯の番号は頭ゼロ抜きになります(080-1234-5678の場合、8012345678と入力)。その後、受信したSMS認証コードを入力して次に進み、パスワード入力と規約に同意して「新規登録」をタップします。

FiatBitの利用手順1

以下のリンクより、FiatBitのアプリをダウンロードします。前の画像、一番右の画面内に表示されているボタンからダウンロードしても構いません。

FiatBit

FiatBit
無料
posted withアプリーチ

アプリは日本語で表示されます。日本語が少々変ですが、特に迷うことはないでしょう。

アプリを起動すると、左のような画面が表示されます。最初にユーザー登録する必要があるため、画面右下の「私」から、その後の画面で「ログイン」をタップします。ログインの画面では、FiatBitのアカウント登録ページで入力した電話番号(頭ゼロ抜き)とパスワードを入力して「ログイン」をタップします。

FiatBitの利用手順2

FiatBitからHcardにチャージできるように、カードとFiatBitとの紐付け設定をします。

引き続き「私の」画面を表示して「銀行カード」より「銀行カードを追加」をタップします。

カードの追加画面にて、「カード種類」で「Hcard」を選択し、「カード名義面名」には英語の氏名を、「カード番号」にはカード表面の16桁の番号を入力します。

FiatBitの利用手順3

最終確認画面で、カード番号が正しいことを確認して問題なければ「確認」をタップします。その後SMSコードによる認証を行えば、カードとFiatBitとの紐付け設定をします。

そのままチャージが必要であれば「現金で出す」をタップします(入金・チャージ方法は後述)。

FiatBitの利用手順4

これで、Hcardが使えるようになります。残高は、Hcardアプリで確認することができます。

また、必要に応じて招待や2段階認証の追加を行います。FiatBitの招待は、出金手数料報酬が3段階まで設定されているため、拡散が成功すると多くの手数料収入を得ることができるようになります。

Hcardへのチャージ方法

チャージに利用できる仮想通貨

Hcardにチャージする前に、いったんFiatBitのアカウントに仮想通貨を入金する必要があります。

利用できる仮想通貨は、BTC, ETH, LTC, BCH, XRP, USDM, USDTになります(2020年5月時点)。

仮想通貨の入金・チャージ

FiatBitのウォレット画面から「入金」をタップすると、入金画面に移ります。

左の図のように、入金する仮想通貨を画面上から選択することができます。表示されるアドレスに対して、取引所などから該当する仮想通貨を送金します。

真ん中の図のように、入金されると残高が表示されます(例はUSDT)。

USDTを米ドルに交換するには、画面下の「取引」から、米ドルに替える仮想通貨と額を指定して「今すぐ交換」をタップします。

FiatBitの利用手順5

交換が成功したら、そのまま「現金で出す」をタップしてHcardにチャージします。

その後の画面で「銀行を選択」で登録したHcardを選択します。最後に、出金数量にはチャージする米ドルの額を入力して、画面下の「出金」をタップします。

FiatBitの利用手順6

チャージは即時で完了します。実際にチャージされているかはHcardアプリで確認をすることができます。

Hcardに関する情報

Hcard 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました