インタビュー

CROSSTECH 宇原氏 & 中西氏 抜本リニューアルされたプロジェクトについて訊く(後編)- 生まれ変わるサービス

インタビュー

価値移転の総合プラットフォームを目指すCROSSTECHは、2018年にプロジェクトを立ち上げ、2019年に最初のプロダクトをリリースしました。その後、紆余曲折を経て2021年4月、プロジェクトをフルリニューアルして”リボーン”(Re-born)することを発表しました。

今回は、一時帰国したアゼルバイジャン法人代表の宇原氏と、プロジェクト全体の企画開発を行う中西氏より、新しくなったプロジェクトCROSSTECHについて訊きました。

本インタビューは前後編に分かれています。後編では、主力サービスの今後について伺っていきます。前編がまだの方は、先に以下の記事をご覧になることをお勧めします。

CROSSTECH 宇原氏 & 中西氏 抜本リニューアルされたプロジェクトについて訊く(前編)- リボーン理由と全体像
価値移転の総合プラットフォームを目指すCROSSTECHは、2018年にプロジェクトを立ち上げ、2019年に最初のプロダクトをリリースしました。その後、紆余曲折を経て2021年4月、プロジェクトをフルリニューアルして”リボーン”(Re-bo...

後編 主力サービスはどうなる?

新しい取引所ULTOREXについて

加藤:プロジェクトの最も中核なサービスは、やはり取引所「ULTROEX」だと思われますが、ULTOREXはどのような取引所なのでしょうか?現実的に、他の取引所よりだいぶ遅れをとってしまった印象が否めない中、ユーザーに訴求する点はどこなのでしょうか?

宇原:前提として、取引所の基本的な機能を使いやすくなるようにブラッシュアップしていきます。もともと、CROSS exchangeやKOINDEXでは、プロダクトのメインに取引マイニングがあり、それを軸にサービスを組み立てていました。ULTOREXでは取引マイニングを廃止し、軸を今までから完全に換えていくことになります。

まずは、ユーザーが取引所で選べる投資商品の選択肢を増やしていきます。通貨ペアの拡充はもちろんです。また、スワップ機能を提供してステーキングしたいユーザーが流動性プールに自分が持っている仮想通貨を提供して、金利収入を得ることができるようにします。取引所に来ているユーザーのほとんどは、利益を得に来ているわけなので、ULTOREXでは彼らの利益を増やせるプロダクトを増やしていきます。

他社との差別化ですが、ULTOREXでは完全なるDeFiではなく、Hy-DeFi(ハイデファイ)というハイブリッドの分散型金融をコンセプトにしています。今のDeFiサービスで最も有名なのは分散型取引所(DEX)のUniswapですが、それを使っているユーザーは、本当に仮想通貨に詳しい一部の人たちだけです。DeFiを使う人は次第に増えてきてはいるものの、全体で見ると未だにごく少数です。多くは、直近で仮想通貨を始めたような人たちです。そのような人たちは、海外の取引所というだけでハードルが高いわけです。さらに、そこからMetaMaskで自分のウォレットを作る、しかもUniswapではアカウント開設がないとなると、彼らはついていけなくなってしまいます。

我々は、そういった人たちに対してもきちんとサービスを提供できる必要があります。今のタイミングで0から100といった感じで分散型に移行してしまうと、ユーザーを置いてきぼりにしてしまうので、我々は初心者とコアユーザーの両方に対してメリットがある使いやすいプラットフォームを目指していきます。それがHy-DeFiのコンセプトになります。

例えば、MetaMaskがよくわからないけれどもステーキングをやりたいという人に対しては、自分のアカウントを開設してもらってULTOREX取引所のウォレットを使う感覚でステーキングをすることができるようになります。一方で、分散型を重視していて秘密鍵を取引所に預けたくないという人もいるので、彼らに対しても同様にサービスを提供していきます。

加藤:つまり、中央集権型と分散型の環境から同じサービスにアクセスできるわけですね?

宇原:そうです。もちろん、プロダクトによってはそのような提供の仕方ができないものもありますが、ハイブリッドでできるものはハイブリッドで提供していきます。

Hy-DeFiを通じて、我々は初心者が最先端のテクノロジーに触れつつ、仮想通貨に慣れていく環境を提供します。我々自身が分散型に移行するのは簡単ですが、我々が重視しているのは、あくまでもユーザーを置き去りにせずにサービスを提供していくということです。

加藤:ULTOREXにおけるステーキングはどのようなものになりますか?

宇原:まず、ステーキングがよくわからない方のためにステーキングを解説しておくと、ステーキングとは、ブロックチェーンの中に自分の仮想通貨を預け入れることによって金利をもらえるという仕組みです。ブロックチェーンの承認作業や市場のマーケット形成に貢献することでチェーン上から報酬を得ることができます。要は、仮想通貨を使った運用ができるイメージになります。

加藤:ULTOREXのステーキングでは、最初に何をサポートしていくのでしょうか?

宇原:今決まっているものは、Polkadot(DOT)、Cardano(ADA)、Ethereum(ETH)、Cosmos(ATOM)、XCRになります。今後の予定は、ユーザーの意見を参考にしていきます。人気の仮想通貨は積極的に追加していきたいので、是非意見をいただければと思います。僕はTwitterのコメントを読んでいるので、リクエストが多ければ反映させていきます。

加藤:もう1つ、Hy-DeFiの流動性プールとはどのようなものなのでしょうか?

宇原:ULTOREXの流動性プールは、いまある分散型取引所(DEX)の流動性提供の概念と一緒です。今までの取引所は、板があって注文がぶつかることで取引が成立するというものでした。それに対し、最近のDEXには板がありません。DEXでは、自動マーケットメイカー(Automatic Market Maker: AMM)と呼ばれる仕組みが主流になっています。AMMがどのようなものなのかというと、例えばETH/USDCの交換ペアだったら、ETHとUSDCを同じプールに預け入れます。そのプールを使った取引が行われると、プールに資金を預けている人たちに取引手数料が分配されます。ULTOREXでは、このような仕組みを取引所の中でできるようにします。

加藤:DEXの流動性提供と比べた場合のメリットは、何になるのでしょうか?

宇原:メリットはいくつかありますが、チェーンの制限に囚われることがないというのが一番大きなメリットになります。例えば、DEXのUniswapだとイーサリアムのチェーン上で発行されている仮想通貨にしか対応していません。ULTOREXだと、チェーンの種類に関係なく、ユーザーが流動性を提供することができるようになります。その分、取引手数料からの金利が得られる機会が増えるかも知れません。

また、外部の既存の流動性プロバイダーの流動性を持ってくることもできます。取引をするユーザーにとっては、流動性不足やスリッページに悩まされることは少なくなり、取引で有利なレートを選択することができるようになります。このように、裏側では複雑な仕組みが動きますが、今のDeFiで人気のプラットフォームよりも、機能としては使いやすいものを提供できると考えています。

加藤:ULTOREXは中央集権型取引所なので、取引するユーザーは単に板取引すればそれで十分に思えるのですが、そもそもHy-DeFiのスワップ機能を使うユーザーメリットは何になるのでしょうか?

宇原:ユーザーに提供できる体験が変わります。ユーザーが仮想通貨をプールに預け入れて金利を得るということが通常の板取引だとできないので、ULTOREXではまずはその体験を提供します。流動性提供を取引所のウォレットから行うことができるので、操作が簡単になります。

また、取引する側がHy-Defiのスワップを使ってもらえるように、基軸になるXCRトークンをステーキングしているユーザーに対し、手数料を優遇する仕組みを考えています。そして、板取引の取引だと不便な点があります。例えばチャートを見たり、指値にするか成行にするかなど売買方法を考えたりする必要があります。加えて、仮想通貨を一度USDTに変えてから他の仮想通貨に変えるといった複雑な部分があります。ですが、スワップでは簡単にワンクリックで仮想通貨同士を交換ができるので、操作がとても簡単になります。

既存のXEX, KOINホルダーへのメリット

加藤:リボーンにあたり、CROSS exchangeのXEXトークン、KOINDEXのKOINトークンがXCRトークンにスワップされます。ユーザーにとってのスワップのメリットは何でしょうか?また既存のXCR保有者から見ると、1トークンあたりの価値が希釈化するように思われますが、メリットはあるのでしょうか?

中西:既存のXCRホルダーに関しては、かえってメリットが大きくなると考えています。なぜかというと、もともとXCRは16億枚が総発行量になっていて、昔のプライベートセールで3億枚が売れています。その後、IEOで1.05億枚が売れて、余剰分はバーンされました。7億枚がバーンされていてるので、総発行数が9億枚に減りました。

既に告知した通り、海外のファンドからXCRの買い希望が入っています。当初、彼らが提示してきた購入条件はプライベートセールと同じ値段でした。当然それは受け入れられなかったので、今までずっと断っていました。その後、彼らが引き続きエコシステムに入りたいという話になり、ロック機会と長期保有を前提条件に彼らにXCRを販売することになりました。ただし、彼らはノードを運用する立場なので、結果的に彼らがノードを辞めない限りはXCR全量を販売してくるということはありません。そのため、これは既存XCRユーザーにはメリットになると思います。実は、XEXやKOINを全部XCRにスワップしたとしても、彼らが全部買えるくらいの枚数になるので、結果的に市場に出てくるXCRは抑制されると考えています。

加藤:XCRの供給量は、以前の想定よりもだいぶ減るということですね。

中西:はい。XCRのホルダーがエンジェル投資家から海外の私募ファンドに換わり、しかも私募ファンドにはロックがかかるということです。これは価格形成面で大きなメリットになるはずです。

宇原:前々からファンドからXCRを買いたいという話はあって、こちらは売る気がなかったのですが、今回はリボーンのタイミングだったので、新たな条件を提示して合意するに至りました。これは全体にとってメリットがあると思います。

加藤:続いてKOINホルダーからみたメリットは何になるのでしょうか?

宇原:KOINDEXはトルコの取引所ですが、タイミング的にトルコの中銀から発表があり、仮想通貨の規制が締め付けられることになりました。もともとKOINDEXの立ち上げのときから規制が入るという話はあったのですが、蓋を開けてみたらものすごく強い規制でした。KOINDEXでは、トルコリラからの入金サービスを提供しているサービスプロバイダーと契約していて、今まではかなり使われていたと報告を受けています。しかし、それらのサービスプロバイダーが規制を受けてしまい、完全にストップしてしまいました。今後、トルコでは規制がさらに強くなる見込みで、トルコ国内での事業継続は困難になっています。

また、もともとのKOINトークンの設計で、インデックスに価格が修正される、値幅制限があるというものがありました。最初の方は良かったのですが、その後にKOINの売りが集中して毎回ストップ安になって売買が成立しなくなる状況に陥っていました。それを解消するのがKOINDEXの重要課題でした。ですが、規制が強まりトルコ国内で新しい仮想通貨のサービスが出しにくくなり、今後仮想通貨にさらなる規制が課せられるという情報もあり、規制に対応するコストを考えるとトルコ国内でのプロダクトリリースが非常に難しくなります。そのため、KOINDEX運営と協議を重ね、残っていたファンド資金と運営資金を使い、KOINの買取りとXCRへのスワップの選択肢を用意することにしました。

つまり、KOINホルダーのメリットとしては、売ることができないというのを解消できることです。スワップでも買取りでも、どちらでもキャピタルの出口をとることができます。

トルコ国内は、既に報道にあるように、非常に規制が厳しくなっています。

トルコ政府、13万円以上の仮想通貨取引に報告義務を策定へ(コインテレグラフジャパン)

加藤:XEXについてはどうなのでしょうか?

宇原:XEXにもKOINと同様に買取りがあります。メリットは、市場価格より高く買い取ってもらえるということです(筆者注:取材時点において)。

あと、XEXやKOINは配当型のトークンになるため、証券に該当するセキュリティトークンとみなす取引所があります。そのため、大手の取引所に上場することができませんでした。現実的に、多くの人に認知してもらうには、大手にトークンを上場させる必要があります。これがジレンマで、今まではやりたくてもできませんでした。

リボーンがきっかけで、ユーティリティトークンのXCRと配当型トークンのRightsに分離することにより、XCRを他の取引所に上場させることができるようになります。これで、外部からの流動性を今まで以上に呼び込むことができるようになります。

中西:Rightsトークンは、純粋に配当のみになり、配当をもらうにはXCRをステーキングする必要があります。他の人がXCRを売ってしまうと自分の配当がもらえる比率が上がります。自分のRIghtsトークンは消えないので、もし、ULTOREXがまた盛り上がって配当をもらいたくなったら、XCRを手に入れてステーキングすれば配当がもらえるようになります。

宇原:XCRホルダーには、長期で見た時に、目先の金利とキャピタル、どちらが大きいかというのを是非考えて見てほしいなと思います。

加藤:ちなみに、XCRがどこかに上場する話は既に出ているのですか?

宇原:もちろんです。みんなが知っている大手取引所を含め、複数の取引所を話し合いを進めています。期待して待っていてください。

開発中のXCRチェーンについて

加藤:XCRは、XCRチェーンのネイティブトークンになるわけですが、XCRチェーンとはそもそもどのようなブロックチェーンなのでしょうか?

中西:XCRチェーンは、基本的にX-Walletを共通で使ってくれる人たちのサービスを便利にしていくためのブロックチェーンです。

今のXCRチェーンは、イーサリアムをフォークさせたチェーンになっていますが、これから時間をかけてメインネットに移行していきます。当初は、XEXやKOINのトランザクションをXCRチェーンに反映できるような設計で進んでいましたが、リボーンでXEXやKOINをXCRにスワップするので、それはなしになりました。これから大事なのは、取引所のトランザクションをチェーン上に乗せていくことになります。

NFTの場合、ERC721などの規格を使ってXCRチェーン上から発行できるようにしていきます。もちろん、XCRチェーン上のトランザクションは、すべて追跡できるようにしますし、Etherescanのようなエクスプローラーも提供していきます。

XCRチェーンの活用想定として、NFTを売買して価値の交換をしたことによるトランザクション履歴の活用があります。例えば、RMTでモノの売り買いをしたデータが溜まっていくと、それを二次活用して自動転売システムみたいなのが生まれていくシナリオが考えられます。つまり、派生サービスが生まれるということです。さらに、そこに報酬システムを追加していきます。例えば、NFTを発行してステーキングしたらXCRが発行されていく仕組みが考えられます。XCRは、あくまでもユーティリティトークンなので、使ってもらえることを前提にXCRチェーンの設計をしていきます。

加藤:今の話だとXCRチェーンがCROSSTECHのエコシステムで閉じているように聞こえます。しかし、BinanceのBSCやHuobiのHECOの例を見ると、外部に開放しないと拡大していかないように見えています。そこはどう考えていますか?

中西:ULTOREX取引所やRMTもそうですが、それらはAPIの口をたくさん持っています。APIの口をたくさん持つことで取引の幅が広がっていきます。XCRチェーンにもAPIがあり、APIをオープン化して開放していきます。これで外部から様々なサービスが繋げられるようになります。つないでもらう時にX-Walletをを使っていると、SLAが統一されて、うまく連携してお互いが収益化できるようなシステムができていくと思います。我々のウォレットを組み込むサービスは、自らのサービスをコントロールしやすくなります。

我々はXCRチェーンをコンソーシアムで展開していきます。僕個人は、コンソーシアムチェーンもパブリックチェーンに近いと思っていて、チェーンに入れてくださいと言うか勝手にノードを建てるかの違いだけだと思っています。これは、使う人たちが自分たちでノードを建てて価値を担保するとユーザーの安心につながるという考えが根拠になっています。

結局のところ、トークンの有用性はプラットフォームのサイズになります。そうなってくると、一緒にコンソーシアムを組んでいる方が圧倒的にメリットが高いと考えています。現在CROSSTECHは、宇原が中心にいて、各企業がコンソーシアムになっています。XCRチェーンでは、コンソーシアムの範囲を広げていきます。

加藤:ちなみに、XCRトークンにはどのような用途がありますか?

中西:まずステーキングになります。また取引手数料や、支払い通貨としても利用できるようになります。その他、XCRチェーンを使ってNFTを発行して保有すると、発行者と保有者に金利が入るような仕組みも用意します。XCRチェーンを通じて、発行者と保有者がつながっている仕組みを入れていきます。

ちなみに、NFTプラットフォームのOpen Sky Blueは、最初は招待制にします。Clubhouseみたいな感じです。そして、人のつながりが分かるようにヒートマップを作る予定です。XCRチェーンによって人のつながりが可視化されると、NFT発行者を応援したくなるかも知れません。それがコンテンツの価値担保にもつながると思います。

最後に

加藤:最後に、既存のサービス利用者に伝えたいメッセージをよろしくおねがいします。

宇原:CROSSTECHは、あくまで統合して事業を縮小するというわけではありません。統合することで、ホルダーに関してもそうですし、プロジェクトにとってもメリットが大きくなります。プロジェクトにとっては、リソースの共有や開発速度、意思決定の速度が上がるので、ユーザーにとってもメリットが大きく提供できると思っています。プロジェクトは、現在の延長線上でやっていくわけではなく、ここから新たなインパクトがあるプロダクトを出していきます。

我々は「日本人が世界で勝負しているプロジェクト」をやっていくという強い意志があるので、CROSSTECHを現在の主要プロジェクトと肩を並べるプロジェクトに育てていきます。是非とも、応援をよろしくお願いします。

中西:僕も同じですね。リボーンをすることによって、今までより一層動きやすくなります。さらにトークン価値が高まるので、そこに期待していただいて、ADAの背中を追うじゃないですが、それくらいのコミュニティに育てていって、人のつながりでXCRの価値を高めていきたいですね。これからもよろしくお願いします。

CROSSTECHに関する情報

CROSSTECH 公式サイト

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました