プレスリリース

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定! 独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

プレスリリース
スポンサーリンク
MOBOXの簡単な紹介
MOBOXは、Binanceが出資、さらにBinance Launchpoolを介してラウンチされた、強力な技術力を誇る、大手BCGプラットフォームです。2018年からBCG領域で活動しており、これまでにChainZ Arena、MOMOverse、Clash of MOland、MOland Defense、Block Brawler、Token Masterなどの人気タイトルを発行しています。

2024年5月11日、大手BCGプラットフォームMOBOXは、今月中にBCG(ブロックチェーンゲーム)業界を震撼させる史上初となるAAA級神作DragonverseNeo(ドラバネオ)をリリースすると正式に発表した。また、ゲームのβテストは今月中に行われる予定であり、正式バージョンはその後になると予想される。公式発表の影響を受け、ゲームで使われるであろう$MDBLトークンは急上昇し、コミュニティは一時的に騒然となるほどだった。現在、本格3DオープンワールドゲームDragonverseNeo(ドラバネオ)という強烈なユーティリティが登場したことで、ネイティブトークン$MDBLに期待が寄せられている。

【ドラバネオ01】無限に拡張するオープンワールド、プレイヤー達の手によって世界を再構築

オープンワールドの醍醐味と言えば、自由度だ。この自由度とは、単純にゲームの世界をあっちこっちへ走り回れるという意味合いで用いたのではなく、ゲームディレクターの意図に縛られることなく、楽しみたい事、モノ、場所を自分で選んで楽しめる「権利」を指している。

ただし、いくら自由度の高いゲームでも、ほとんどの場合、プレイヤーが世界そのものに対して干渉することを禁じている。例えば、ゲーム世界の構造、マップの位置、アイテムの形と使い道、キャラクターの種類と外観等々は、ディレクターという「神」によって決められている。ただし、プレイヤーたちは既に意図的に設計されたゲーム体験に飽きてしまい、新しい刺激と更なる自由を求めるようになっている。

そこで再び登場したコンセプトが、UGC(User-Generated Content、ユーザー生成コンテンツ)だ。このコンセプトは、1980年代後半から1990年代にかけて形成され、PCゲームの世界では「モッディング」と呼ばれている。『Doom』や『Quake』などのゲームがModding文化の初期の代表例だ。その後、オンラインコミュニティの台頭と共に、ユーザーが作成したコンテンツを共有するプラットフォームやフォーラムが登場し、UGCが広がる土壌が整い、『The Sims』や『Second Life』、『Roblox』、『Minecraft』等が世界を席巻するようになった。

一方、BCG(ブロックチェーン・ゲーム)は、現代ゲームの延長線上に現れた最新型エンターテイメントとして、実世界と仮想世界をトークンで紐づいたことでゲーム史に登場したが、ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題と効率性問題で、ほとんどのゲームは、自由度とクオリティを犠牲してしまった。そして今年、BCG(ブロックチェーン・ゲーム)領域にも、いよいよ「本格ゲーム」と言えるタイトルが登場した。それがMOBOXがリリース予定のDragonverseNeo(ドラバネオ)だ。

DragonverseNeo(ドラバネオ)は、独自の3DエンジンP12によって支えられている。このソフトは誰でも簡単にゲームコンテンツを製作できるようにデザインされており、無料でダウンロードして利用できる。下の図は、プレイヤー達がP12でデザインしたゲームコンテンツだ。

DragonverseNeo(ドラバネオ)が打ち出しているUGCに含まれているのは、キャラクターデザイン、アイテムデザイン、建築デザインのみならず、ゲームのルールデザイン、ゲームアセット、更にはゲーム内経済までデザインできる。これは、BCG(ブロックチェーン・ゲーム)界隈だけではなく、従来のゲーム業界にも強烈なインパクトを与えている。

そうすると、DragonverseNeo(ドラバネオ)の世界観が崩れて、完全にカオス状態に陥るのではないかと疑問に思うかもしれないが、DragonverseNeo(ドラバネオ)を送葬のフリーレンと幼女戦記の主人公が一緒にお茶を啜りながら雑談する絶対空間として想像すれば理解しやすい。そして、このDragonverseNeo(ドラバネオ)の絶対空間から、プレイヤー達によって拡張され、構築された世界へと移行して、他人が作り上げた世界を体験することができるわけだ。

これこそ、ゲーマーたちが待ち望んでいた舞台じゃないかな!

【ドラバネオ02】稼げる!正式バージョンがリリースされる前に仕込んでおこう!

DragonverseNeo(ドラバネオ)はビットコインレイヤー3(BTC L3)、つまりビットコインレイヤー2であるMerlin Chain上に構築されている。Merlin Chainはトップクラスのビットコインレイヤー2プロジェクトであり、ビットコインレイヤー3(BTC L3)は、MOBOXがビットコインエコシステムのBCGプロジェクト群のために開発した、ゲーム専用のパブリックチェーン、正式名称はMOSE Chainだ。

[ここをクリック]してBTCで$MDBLを購入

DragonverseNeo(ドラバネオ)に参加する方法は簡単だ。まずは、ネイティブトークン$MDBLをステーキングし、ステーキングトークンのeMDBLを手に入れる。そうすると、ゲームをプレイする資格がもらえる。eMDBLとは、ゲーム内で使われる資産であり、ネイティブトークン$MDBLとの交換比率は1:1だ。つまり、ネイティブトーク$MDBLは取引所などで販売して収益を上げることができるが、eMDBLはゲーム内でしか使えない、いわばゲームコイン的なトークンだ。それに加え、eMDBLを持っていると自動的にイールドファーミングに参加し、eMDBLや$MERLなどのトークンやMODragonの卵、DragonPalをゲットするためのモンスターボールなど、ゲームで収益をアップさせるアイテムを獲得できる。

[ここをクリック]して$MDBLを$eMDBLに交換

DragonverseNeo(ドラバネオ)で収益を上げるための、一番簡単なアプローチは、「$MDBLをeMDBLに交換し、ゲーム内でeMDBLを増やしてから$MDBLに戻す」ことだ。

この基本構図が分かれば、次からはeMDBLを増やす手法に力を入れておけば完全攻略ができるはずだ。

【ドラバネオ03】eMDBLを増やす幾つかのアプローチ

上記は、$MDBLをステーキングしてeMDBLに交換する公式ページだ。現在、激アツ進行中で、リワードプールは既に329,418,201枚eMDBLまで達している。要は、かなり多くのプレイヤー達がステーキングしていることを意味している。

eMDBLを増やすためには、エコシステムのルールを充分に利用する必要があるが、「左手にドラゴンボールを、右手にはMODragonを所持」することだ。この二つのアイテムさえあれば、$MDBLをステーキングした状態で、eMDBLの産出量を増やすことができる。

先ず、神アイテムのドラゴンボール(Dragon Ball)だが、先に買っておいて損はないはずだ。これからこのドラゴンボール(Dragon Ball)には様々なユーティリティが付与されると公式側が説明しているので、強く期待してもいいはず。

ドラゴンボールは二つの場所から購入することができる。一つは、大手取引所OKX、もう一つがBRC-420だ。

[ここをクリック]してOKXで購入

[ここをクリック]してBRC420で購入

そして、もう一つの神アイテムMOdragonについて簡単に説明する。先ず、購入方法だが、下記図の下にあるリンクを開くと公式ページへと繋がる。

[ここをクリック]してMoDragonを購入

少し前、太っ腹なプロジェクト側は、すでにMODragonホルダー達に合計600ETHに及ぶリワードを配布している。神アイテムと言われているのも、それが原因だ。しかし、それだけではない。神アイテムのホルダー達には、いつ、どこでリワードが降ってくるのか分からないからだ!

とりあえず、上の二つの神アイテムをしっかりと所持して、$MDBLのステーキングにBOOSTをかけると、eMDBLを増やせることができる。そして、次からが本番だ。DragonverseNeo(ドラバネオ)と言えば、やはり可愛いドラゴンパル乙女たちだろ!

ドラゴンパルと言われる乙女たちを手に入れるためには?DragonverseNeo(ドラバネオ)のゲーム世界で捕獲するしかない。ドラゴンパル乙女たちが加勢してくれると、能力値が飛躍的に上昇する!

ただし、$MDBLを大量にステーキングしたプレイヤー達にしか、ドラゴンパル乙女を捕獲できない。

総じていうと、神アイテムのドラゴンボール(Dragon Ball)とMODragonを大量に集めておいて、$MDBLを適切な価格で仕込んでおけば、その後は、自由自在にDragonverseNeo(ドラバネオ)を攻略できるわけだ!

【最後に】何事も試してみることだ!

日本プレイヤーにとって、ビットコインレイヤー2、レイヤー3はあまり紹介されていないため、少し理解に苦しむ方もいるかと思うが、既存認識を超えた新しい物事にしかチャンスが潜められていないのが現実だ。特に、日々変化していくWeb3業界はその典型だろう。

今回、BCG大手MOBOXが打ち出した最新タイトルは、史上初となるビットコインエコシステム上の3Dオープンワールドであり、本格BCGの幕開けを告げているのと同じだ。そして、ゲームをプレイするためには$MDBLをステーキングすることが必須です。このため、ゲームをリリースする前、$MDBL価格が上がる前の段階が最高のチャンスだ。

DragonverseNeo(ドラバネオ)正式バージョンのリリースまで、Xディーカウントダウン開始!詳しい情報については、公式X(Twitter)、若しくはDiscordコミュニティに参加してご確認を!

【公式情報】

$MDBLステーキング:Dragonverse Neo (mobox.app)

Litepaper: https://mobox.gitbook.io/dragonverse-neo-litepaper

DragonverseNeo情報:

DragonverseNeo Twitter: https://twitter.com/DragonverseNeo

MOBOX公式情報:

MOBOX公式Twitter(英):https://twitter.com/MOBOX_Official

MOBOX公式Twitter(日):https://twitter.com/mobox_jp

MOBOX公式Discord:https://discord.com/invite/mobox

MOBOX公式Medium:https://mbox.medium.com/

本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTのDirector。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました