暗号資産

Layer1

ホームステーキングを実現するレイヤー1「Over Protocol(OVER)」の解説

Over Protocol(OVER)の概要 Over Protocol(オーバープロトコル)は、自宅のPCでProof of Stake(PoS)によるバリデーター運用を簡単に行うことができる「ホームステーキング」を実現するEVM互換のレ...
Layer1

資産の価値保存と転送に特化したチェーン「CROSSVALUE Chain」の解説

CROSSVALUE Chain(XCR)の概要 CROSSVALUE Chain(クロスバリューチェーン)は、実物資産(RWA)のトークン化を踏まえ、資産の価値保存と転送に特化した、オンチェーンストレージが搭載されたEVM互換のレイヤー1...
プレスリリース

BiKing(ビーキング)社グローバル戦略公表、シンガポール運営ライセンスとアメリカMSBライセンスを獲得

近年、世界中でweb3分野の発展が著しいものとなり、ブロックチェーン技術は金融およびテクノロジー業界に大きな変革をもたらしています。 web3関連プラットフォーマーの相次ぐ不祥事が世間を騒がせている最中、世界中が暗号資産に対する規制と法的整...
Layer1

オーダーブックDEXへの流動性供給プロトコル「Elixir(ELX)」の解説

Elixir(ELX)の概要 Elixir(エリクサー)は、誰でも任意のオーダーブックDEXのマーケットメイカーになれるプロトコルです。 取引所の流動性を確保することは、取引所やプロジェクトにとって大きな負担になっています。最小限の流動性を...
プレスリリース

$APEXトークン700%暴騰、市場が評価するトークノミクスのモデルと将来性 ー 従来型CEXが危機感を覚えた新世代DEXがもたらすインパクト

先日、$APEXトークンが見せた異例の700%暴騰によって、クリプト界隈では再び「DEX熱」が沸騰しました。原因は、$APEXトークンの総供給量を50%減らしたことにありますが、もっと重要なのは、今までCEXが相次いで引き起こした不祥事に対...
Layer1

オラクル専用チェーン「Pyth Network(PYTH)」の解説

Pyth Network(PYTH)の概要 Pyth Network(ピスネットワーク)は、セキュリティとデータの正確性、スケーラビリティに主眼をおいたオラクル専用のブロックチェーンです。 ブロックチェーンを活用するためには、ブロックチェー...
DApps

スクレイピングの分散型ネットワークWynd Networkによる「Grass」の解説

Wynd NetworkとGrassの概要 Wynd Network(ウィンドネットワーク)は、個人がWebスクレイピングの帯域を提供して収益を上げられるようにするためのDePINプロジェクトで、ユースケースとしてGrass(グラス)を開発...
Layer1

分散型ゼロ知識証明ネットワーク「Succinct Network」の解説

Succinct Networkの概要 Succinct Network(サクスィンクトネットワーク)は、ゼロ知識証明のための分散型証明ネットワークです。 アプリケーションを利用する上で、その信頼性を確実なものにするためには計算結果を証明可...
Layer2・サイドチェーン

SolanaVMのEthereumレイヤー2「Eclipse」の解説

Eclipseの概要 Eclipse(エクリプス)は、SolanaVM(SVM)を実行することができるEthereum上のレイヤー2です。Eclipse上では、ガスとして独自トークンはなく$ETHを利用します。 Eclipseは、後発のレイ...
プレスリリース

BiKing(ビーキング)社:エネルギー利用効率とセキュリティの最適化によるカーボンニュートラルへの取り組み

BiKing(ビーキング)社は、2018年にシンガポールで設立された新興の仮想通貨取引プラットフォームであり、シンガポールファンドIntabingから2000万ドルの戦略的投資を受けた国際的に有名な取引所です。仮想通貨の取引所の中でも、Bi...