暗号資産

プロジェクト分析

Cypherium についてプロジェクト概要を解説

2020年は、ICO全盛期に資金調達した堅実なプロジェクトが力を付け、次々とメインネットをローンチさせています。 Cypheriumは、日本では余り知られていないものの、非常に堅実なプロジェクトとして黒船のような立ち位置で見る人も存在...
インタビュー

日本暗号資産市場株式会社 岡部典孝氏 – だいたい安定通貨ICBを利用した古物商の問題解決の取り組みについて訊く(後編)

日本暗号資産市場株式会社の岡部典孝氏は、日本で初めて暗号資産古物商を設立し、日本円にペグしたステーブルコイン(以下、後述の理由により”だいたい安定通貨“と表記)のICHIBA COIN(ICB)を立ち上げた人物として知られています。 ...
インタビュー

日本暗号資産市場株式会社 岡部典孝氏 – だいたい安定通貨ICBを利用した古物商の問題解決の取り組みについて訊く(前編)

日本暗号資産市場株式会社の岡部典孝氏は、日本で初めて暗号資産古物商を設立し、日本円にペグしたステーブルコイン(以下、後述の理由により”だいたい安定通貨“と表記)のICHIBA COIN(ICB)を立ち上げた人物として知られています。 ...
2020.09.17
コラム

Filecoin(ファイルコイン)のマイニングサービスはどれを選べば良いか

Filecoin(ファイルコイン)のマイニングサービスは、一見すると業者間の差が判りにくいものになっています。本記事では、実際に公開されているデータから、どのようなデータを使い業者の良し悪しを判断していくのか、そのポイントをご紹介します。
2020.09.29
アプリ

Centralityの CENNZ、CPAYトークンのスワップ方法

日本人でトークンホルダーが多いCentrality(CENNZ, CPAY)は、8月31日からメインネットへのトークンスワップを開始しました。スワップは、わずか6週間と期間が短いです。 この記事では、筆者が実際にCENNZトークンを交...
2020.09.03
ニュース

Filecoinのスペースレース第1週目の結果公開

2017年8月にICOを実施し、プレセールス時に開始1時間で約170億円の資金を調達し、最終資金調達は約282億円を達成したFilecoin(ファイルコイン)が実施するFilecoin Testnetインセンティブプログラム「Space R...
ウォレット

日本人にも使いやすいステーキングプール Moonstake の紹介

ステーキングプールのMoonstake は、Cardano(ADA)やCosmos(ATOM)のような人気コインに対応し、将来的はCentrality(CENNZ)などにも対応します。本記事では、Moonstakeについて詳しく紹介します。
2020.09.07
プロジェクト分析

BitCherry についてプロジェクト概要を解説

現在、ブロックチェーンプラットフォームの王者といえばイーサリアムになっていますが、今もなお続々と新規のブロックチェーンプラットフォームが登場しています。 今回はシンガポールを拠点とするBitCherryについて紹介します。 BitC...
PR

TrustSwap – 暗号通貨の信頼構築 & DeFiの変革実現

TrustSwapは、Uptrennd社の創業者兼CEOでもあるJeff Kirdeikis氏によるエキサイティングな新しいブロックチェーンプロジェクトです。昨今急速に注目を集めており、分散型金融(DeFi)のランドスケープに大きな足跡を残...
コラム

もう一度暗号資産に再参入する人へ、あの頃からどうなったのかをまとめて解説

筆者は、2017年夏に初めて暗号資産を買い、2018年中頃に仕事としてブロックチェーンに関わるようになりました。ブロックチェーン業界に関わってからは、メディアや記事執筆の仕事、ブロックチェーンプロジェクトの中の人や海外取引所のアドバイザーな...
2020.08.12
タイトルとURLをコピーしました