PR

パイオネックス(Pionex)がジャパンコミュニティ向けにエアドロップ・キャンペーンを開始! 簡単なミッションをクリアして、USDT(ドル)をゲットしましょう!

PR
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

パイオネックス(Pionex)とは?

パイオネックス(Pionex)はクオンツ取引サービスを提供する企業であり、一般ユーザー向けに高品質グリッド取引自動売買サービスを提供しています。パイオネックスはバイナンス、Huobi等主流取引所のマーケットデプスを集約したアグリゲーションプラットフォームであるため、バイナンスとHuobiで取り扱っているコインはパイオネックスでも取引することができます。

だから皆パイオネックスを使っている!

暗号通貨市場を見渡すと、相場の値動きが非常に不安定であることが分かります。値上がりと値下がりが激しく、底を打ったと思い込んで買い入れると、ただの暴落寸前に過ぎなかった場合も多々あります。もちろん、その逆のパターンを経験した投資家は更に多いでしょう。

近頃、パイオネックスを使っている投資家が増えていますが、レンジ相場でアービトラージ収益を積み重ねった方が、現物をホールドするよりマシであることに気づいたからでしょう。

簡単な理屈ですが、例えば、吉田さん(全国の吉田さんに申し訳ありません)が元金1,000ドルを使って、ビットコインがちょうど4万ドルになった時に買い入れたが、次の瞬間に2万ドルまで暴落したとしましょう(少し絶望的なシチュエーションですが……)。仮に吉田さんがビットコインの現物をホールドしている場合、ある日、突然ビットコインが2万ドルから4万ドルまで跳ね上がると、吉田さんの気持ちはどうなるんでしょうか?

確かにビットコインは、2万から4万まで暴騰しまた。

しかし、吉田さんの収益は「ゼロ」です。

え?

そうです。「ゼロ」なんです。

吉田さんの口座にはただ元金の1,000ドルが残っているだけです。お金の損失はしていませんが、儲かってもいない。唯一の損失と言えば、「時間」と「気力」でしょう。

ただし、吉田さんがパイオネックスを使った場合は、全く違いますね。仮に自動売買する値幅を1万5千から5万まで設定した場合、同じくビットコインが2万まで暴落して、再び4万まで暴騰したら、その間吉田さんは少なくともグリッド取引で300ドル以上は稼いでいますね。元金を合わせる、吉田さんの残高には1,300ドル以上残ることになります。しかも、手数料がわずか0.05%であるため、収益を最大化させることができます。

ゆえに、パイオネックスなんですね!

グリッド取引はパイオネックスが提供する一番初歩的なツールであるため、すぐに使いこなせますが、上級者ともなれば、裁定取引、レバレッジ等、様々なツールを使って収益を上げることができます。

パイオネックス(Pionex)がジャパンコミュニティ向けにエアドロップ・キャンペーンを開始

近頃、パイオネックス(Pionex)がジャパンコミュニティ向けてエアドロップ・キャンペーンを開始する模様です!

エアドロップに参加する資格を獲得するには、次に並べる簡単なミッションをクリアするだけでオッケーです。

ミッション1:日本公式ツイッター『@PionexJapan』をフォロー

ミッション2:@PionexJapanでリリースしたキャンペーン内容をリツイート

ミッション3:新規登録リンクを使ってパイオネックスの新規登録を完了

ミッション4:Pionexファンクラブ(Line)に参加

ミッション5:パイオネックスのグリッド取引ロボットを使って24時間稼働(最低投資額150 USDT)

ミッション6:稼働しているグリッド取引ロボットのスクショ、及びライングループ内のニックネーム、メールアドレスをGoogleフォームにアップロード

例:稼働しているグリッド取引ロボット

例:稼働しているグリッド取引ロボット

注意すべきは、先着順で100名様に20 USDT(ドル)をエアドロップしますので、予めご了承ください!

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました