プレスリリース暗号資産

BingX — 世界初&最大級ソーシャル取引プラットフォーム、ブランドアップグレード、クリスマス限定NFTイベント、グリッド取引などの新機能続々追加

プレスリリース
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

「Bingbon」正式に「BingX」へ、ブランドの進化

BingX(前のブランド名:Bingbon)は、2021年11月18日、ブランド名とロゴを変更し、11月29日に全てのコンテンツを「BingX」に変更した。現在、暗号通貨世界は比較的新しく、未知の領域や内容で満たされている。BingXは、2018年以来、暗号資産の発展を促進し、取引ソリューションの提供のために取り組んできた。時間が経つと、初心者が暗号通貨取引市場に参入する時に戸惑っていることに気付きた。その一方で、トレーダーが取引に対して虚しくと感じることも気づいた。

完全オープンエコシステムを運用するソーシャルトレーディングネットワークプラットフォームであるBingXを登場する。新しいブランドBingXは、透明性があり、次世代の優秀なトレーダーの育成に向けたものであり、過去、現在、未来の世代を超える。「Bing」は、これまでに歩いたすべての旅を表し、「X」は、初心利用者とプロなトレーダーの間の織り交ぜられたシグナルを表す。一緒に組み合わせて、「BingX」になる。

暗号資産取引の次の章へのユニークなブランドは、利用者に対し、他にはない取引体験を提供する。また、全ての取引レベル利用者、トレーダーを広範囲にサービスを提供する。透明でオープンで公正なプラットフォームになるよう努めている。利用者、パートナー、友人、コミュニティの皆様には、心よりご感謝を申し上げます。BingXは、この新しい未来において、そして重大な課題に直面して、大きな進歩を遂げた。これからは「BingX」の新しい旅です!

2021年、最後の戦い、クリスマス限定イベント開催、限定NFT合成へ

ブランドアップグレードと共に、2021年最後の戦いテーマしたイベントも開催しており、ぜひ、ご参加ください。今回のイベントは、オリジナルNFTも加え、NFT破片を限定版NFTを合成することが注目されるところである。また、個人戦のみならず、チーム戦もグローバル利用者から参加しており、2021年にて、楽しく「最後の戦闘」になる。報酬として、ボーナス、ドル、NFTなど色々福袋に入っており、プライズボックスの形でランダムで獲得できる。開催時間:11月26日0:00 – 12月26日0:00(UTC+8)

イベント詳細

1.チェックイン

毎日チェックインで福袋を獲得、取引金額達成でクリスマス限定福袋。イベント期間中、一定の取引金額を達成すれば、クリスマス限定福袋を獲得できます。

福袋番号 累計取引金額要件(単位$)
1番 10,000
2番 100,000
3番 500,000
4番 2,000,000
5番 10,000,000

2.個人戦

エントリー時間:11月26日00:00〜12月26日00:00(UTC + 8、日本時間+1)
開催時間:12月11日00:00〜12月26日00:00(UTC + 8、日本時間+1)

エントリーが必須、エントリー後の取引金額がイベント統計対象となります。個人戦は収益金額と収益率の2つのランキングがあり、取引データが別々で統計される。イベントに参加するにはエントリーが必須だ。エントリー完了後、ボーナスを獲得するチャンスがある。

3.チーム戦

エントリー開始時間:11月26日00:00〜12月11日00:00(UTC + 8、日本時間+1)
イベント開始時間:12月11日00:00〜12月26日00:00(UTC + 8、日本時間+1)

チーム戦にエントリーする際に、リーダーになるか、他のチームに参加するかを選択する。チームメンバーは、必ず5人以上だ。チーム戦は、チーム戦ランキング順位によって賞金を獲得できる。チーム戦開始後、ランキングは、各チームのメンバーの合計正収益額でランクにつける。収益額が0以下の場合は、統計しない。

4.私のNFT

NFTと超限定レアのクリスマスNFTを発行する。人気限定NFT、毎日チェックイン、取引で獲得した福袋、及び個人戦の賞金から獲得可能。同時に、BingXはさまざまなNFTの買戻し価格を設定し、NFTをUSDTに変換するか、自分のウォレットに引き出すかを選択可能。

BingX 限定NFT発行情報

タイプ 枚数 買戻し価格
Common 200 10 USDT
Uncommon 150 20 USDT
Rarely 100 50 USDT
Legendary 50 100 USDT
クリスマス期間限定NFT 100 1,000 USDT

コピー注文 VS プロ版コピー注文

[Copy Trade Pro] と [Copy Trade]の違いは?

「コピートレード」は、コピートレーダーがBingXに注文し、投資家がトレーダーをフォローし、BingXでも注文をいれるサービスを提供する。「コピートレードプロ」はコピートレードのアップグレードバージョンであり、コピートレーダーはBinanceで注文を行うことができ、投資家はBingXから楽々に注文をコピー可能。

「Copy Trade Pro」vs 「Copy Trade」

Copy Trade Pro(外部プラットフォーム) Copy Trade(BingXのみ)
アカウント コピー取引用のサブアカウント自動的に作成される

トランザクションは、外部プラットフォームのルールに従います

取引はBingX標準契約アカウントで行われます

トランザクションはBingX取引ルールに従います

機構 コピートレードファンドから譲渡された証拠金

(コピートレードファンドはフォロワーのBingXアカウントから送金されます)

取引ごとに設定された特定の証拠金。

標準契約アカウントから送金

マージンサイズ (USDT-Margined Futures Accountの)NAVに対するコピートレーダーのマージンの比率に基づく

例えば。 証拠金/ NAV比率が10%の場合、フォロワーの証拠金サイズは(コピートレードファンド* 10%)になります。

[シングル取引のプリンシパル]に基づく
スプレッド 外部プラットフォームの市場によって決定されます 比較的低い
トレーディングペア 外部プラットフォームのすべてのUSDTマージン契約ペア BingX標準契約のすべてのペア
取引制限 外部プラットフォームと同じ

例: Binance:毎日の取引、レバレッジに制限はありません。 取引量の制限が少ない

注文の1日あたりの制限:10;

最大 レバレッジ:10倍;

取引量に一定の制限

コピートレーダーの利益分配 10% / 毎週決済 8% / 毎日決済
マージンモード 外部プラットフォームと同じ

例えば: Binance:クロスマージンモードと分離マージンモードの両方が対応されています

分離マージンモードのみが対応されています
料金 外部プラットフォームと同じ

例えば: Binance取引手数料率:0.04%(オープニングとクロージングポジション両方); 資金調達手数料:リアルタイムの市況に基づく

BingX取引手数料率:0.045%(クロージングポジションのみ)。

資金調達手数料:リアルタイムの市況に基づく

初心者愛用、グリッド取引登場

グリッド取引とは?

グリッド取引は、利用者がプログラムを通じ、特定の価格帯で自動的に下限価格(グリッド設定最低金額)で買い、上限価格(グリッド設定最高金額)で売ることができる取引戦略だ。不安定な暗号資産市場では、アービトラージロボットを使用することで、人的要因によって引き起こされる誤った取引を大幅に回避可能。アービトラージロボットは、利用者が設定した最低金額で購入、最高価格で販売という取引戦略を厳密に実装してサポートする。

適切な運用場面とは?

初心者を含め、グリッドトレード戦略の中身は、「高く売る、低く買う」である。過去の経験によると、グリッドトレード戦略は不安定な市場相場変動の時に適している。一方的な上がりと一方的な下がりは、対応する損失リスクをもたらす。

リスクに関して

価格が区間内の最低価格を下回った場合、注文は続行しない。価格が範囲内の最低価格を上回った場合、注文は続行する。価格が設定された範囲の最高価格を上回った場合、注文は続行しない。価格が範囲の最高価格を下回った場合、注文は続行する。資金利用率が低い場合がある。利用者が設定した価格帯とグリッド数に基づいて注文するため、資金の使用は効率的ではない。利用者がグリッド数を少なすぎる場合は、価格が利用者が設定した2つのスロット区間によって変動する場合、システムは自動的に注文しない。利用期間、通貨が一時停止または上場廃止などの予測できない状況に遭遇した場合、策略は自動的に一時停止される。

人気通貨即対応、定期的にリスク管理

2020年より、世界中の人気通貨を続々と追加しており、現在、スポット市場について、BTC、ETH、XRP、DOGE、BNB、UNI、LINK、AXS、NEAR、YFI、EOS、ETC、LTC、BCH、ADA主要な銘柄を含めて合計107種類が利用可能。標準契約取引ペアについて、BTCを含めて65種類が対応しており、プロ版契約(ベータ版)取引ペアもBTC、ETHなどの45種類を対応している。最新上場→こちら

外部からコピー注文接続可能、API活用

現在、Bingbonのコピー注文トレーダーがコピー注文を利用する際、バイナンスのAPIで接続し、口座残高でそのまま取引ができるようになった。このリリースにより、他社のアプリも利用しているコピー注文トレーダーがBingbonアプリのみで操作できる。詳細はこちら

提携先、提携サービスを拡大

ソーシャルトレーディングプラットフォームであるBingXは、TradingViewと提携し、TradingViewプラットフォームの最新のブローカーになった。TradingViewは、投資をする際に使われる定番のチャート分析ツールであり、FXや株、暗号資産をはじめとし、あらゆる金融商品の本格的なチャート分析できるツールである。TradingViewユーザーは、ブローカーアカウントにログインし、ブローカーのフローデータを受信し、ブローカーに直接指示を送信可能。Tradingviewで対応するブローカーになることで、ユーザーが取引する時間を短縮できる。この戦略的アプローチは利用者を引き付けると同時に、BingXとTradingViewにとってよりパワフルな暗号資産コミュニティを促進することが可能。詳細はこちら

BingXは、集中型システムと分散型システムの組み合わせで、業界をリードするChainlinkプライスフィードを統合した。統合後、暗号資産の最も正確の最新価格を利用者に提供することができる。Bingbonの利用者は、Bingbon公式ウェブサイトと公式アプリを介してベスト価格に直接アクセスできる。Chainlinkは、DeFiで最も広く使用されている価格参考であり、暗号通貨業界で最も実績があり、歴史的に信頼できる分散型価格フィードソリューションの1つでもある。

セキュリティーとリスク管理の相互効果

BingXは、暗号資産デリバティブ取引所であるため、暗号通貨のセキュリティにエクスプロイトやハッキングの可能性が低くなる。この形の攻撃は、暗号資産セクターの変化により増加し、多くのプロジェクトは、まだ安全とは見なされていない分散型ファイナンス(DeFi)ソリューションに基づく。ただし、BingXはデリバティブ取引のみを提供しているため、流出や悪用できない取引製品やサービスを提供することで、このような攻撃の潜在的な脅威を軽減できる。

また、BingXはセキュリティに関して、利用者に最高のサービスを提供するため、SlowMist社という第三方のセキュリティ監査会社と提携している。SlowMistは、70社以上の取引所にサービスを提供し、顧客資産を完全保護の上、全体のセキュリティも確保してきた。

当提携は、BingXが取引所セキュリティの問題を見つけた人に「Bug Bounty」を提供することに役立ちます。取引所の脆弱点を見つけるための報酬は、問題の重要度と発見されたBugの性質に応じて、50〜4000USDTまで賞与する。

新規通貨ペア続々上場

2020年より、世界中の人気通貨を続々と追加しており、現在、スポット市場について、BTC、ETH、XRP、DOGE、BNB、UNI、LINK、AXS、NEAR、YFI、EOS、ETC、LTC、BCH、ADA、C98、FIL、CHZ、TRX、SHIB、GRT、MKR、ATOM、XTZ、AVAX、SRM、ALICE、CAKE、EGLD、GTC、BTT、AAVE、ENJ、MANA、SAND、合計35種類が利用可能。インバース型契約取引ペアについて、BTCを含めて10種類が対応しており、USDT契約取引ペアもBTC、ETHなどの35種類を対応している。

特徴

  • 最大レバレッジ150倍
  • 追証(借金)無し
  • 無期限契約、標準契約、現物対応
  • 日本語表示・オンラインサポートに対応
  • 無料で最大300ドル相当の登録ボーナスを貰える
  • 頻繁イベント開催
  • 仮想通貨のほか為替やCFD、商品先物に対応
  • コピートレードに対応
  • コンプライアンス完備
  • CoinMarketCap上場、TradingView上場
  • TradingViewで直接取引対応
  • 外部取引所から接続のコピー注文サービス

お得な情報

日本限定キャンペーン開催中、Bingbonプラットフォームのすべてのキャンペーン併用可能。ぜひ、ご利用ください。

 

公式サイト公式Twitter | 公式Telegram | 最新版アプリ iOSAndroid?| 新規登録 | ブログ

BINGBON AUS PTY LTD

担当: Tanaka Rie

連絡先Email:Japan@bingbon.com (日本語対応可)

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました