取引所暗号資産

【取引所】Gate.ioの利用者メリットと登録方法

取引所

暗号資産業界では様々な取引所が登場していますが、いずれも差別化に苦しんでいます。Gate.ioは、競合取引所と比べても圧倒的に豊富な取引ペアの数、運用商品を取り揃え、競争が激しい取引所分野においてサービスを展開しています。この記事では、Gate.ioのユーザーメリットに焦点を当てていきます。

Gate.ioの概要

Gate.ioは、2013年に設立された暗号資産における総合的な取引所です。現物・デリバティブ共に業界でもトップ10の流動性を誇ります。この業界では活動が長いにも関わらず、創業時から一度も自らのセキュリティ不備による流出事故を起こしたことがありません。また、取引所ランキングを掲載しているCoinMarketCapCoinGeckoのいずれにおいても、高い信頼スコアを獲得しており、第三者からの視点でも信頼性の高い取引所と評価されています。

CoinMarketCapとCoinGeckoにおけるGate.ioの順位、信頼スコア(2022年8月1日時点)

CoinMarketCapとCoinGeckoにおけるGate.ioの順位、信頼スコア(2022年8月1日時点)

Gate.ioの大きな特徴として、提供されているサービスの豊富さが競合他社と比べても圧倒的に多い点があげられます。サービスは、現物やデリバティブ、オプションはもちろんのこと、コピー取引やローンチパッドで構成されています。また、現物の取引ペア数の網羅度は、中央集権取引所としては世界1位となっています(2022年8月1日時点)。そのため、初心者から上級者まで、そして取引の時間軸が短いユーザーから長いユーザーまでの幅広いニーズを満たすことができます。

もし、どの取引所を選べばよいかわからない場合、とりあえずGate.ioを選んでおけば良いとも言えるでしょう。

Gate.ioの特徴

世界で最も多い現物取引のペア数を提供

Gate.ioは、中央集権型の取引所として世界で最も多い現物取引のペア数を誇っています。2022年8月1日時点で、上場している暗号資産は1,455種類、取引ペア数は2,430種類になります(CoinMarketCapより)。これだけ数が多いと、ある程度話題になったプロジェクトならば、だいたいは上場されているという強みを持ちます。

短期売買が苦手な人に向けた運用サービスの網羅度が高い

短い時間軸で利益を積み上げることは効率的である一方、その難易度は非常に高く、多くの人ができるものではありません。そこで、Gate.ioでは短期売買が苦手な人に向けて、放置するだけで運用することができるサービスを多数提供しています。その種類は、他の取引所と比べても多くなっています。

放置して運用可能なサービス:

  • グリッドコピー取引:優れたクオンツ戦略を使ってグリッド取引ができる。
  • コピー取引:優れたトレーダーの取引を自動フォローできる。
  • ホールド&アーン:資産を決められた日数ロックすることで利息を得る(年利1?100%相当)。
  • 仕組商品:金利やデリバティブに紐づいた商品をパッケージ化した商品(年利1?16%相当)。
  • 自動投資:様々な資産ポートフォリオへまとめて投資することができる商品。
  • デュアルカレンシー商品:2種類の暗号資産を投資して、リンク価格に基づいて決済が行われる商品(年利2?80%相当)。
  • 流動性マイニング:DeFiプロジェクトに流動性を提供することでリターンを得る。
  • 貸付・シングルアセット金庫:暗号資産を貸し付けることで利息を得る(年利10?100%相当)。
  • クラウドマイニング:マイニング機材を購入せずにマイニングに投資できる(年利250%相当)。
  • スロットオークション:PolkadotやKusamaのスロットオークションに参加できる。
Gate.io 流動性マイニングの例

Gate.io 流動性マイニングの例

エアドロップイベントがほぼ毎日開催されている

Gate.ioでは、「スタートアップ」と呼ばれるサービスを用意しています。これは、トークンセールやエアドロップに利用され、そのほとんどがエアドロップイベントになっています。

スタートアップに参加するには、KYC済みで、VIP1以上のユーザーランクが必要になります。VIPのランクは、月次の取引高や$GTトークンの保有量、Gate.ioに預けている資金量で決定されます。

ユーザーがスタートアップに参加するには、参加要件を満たした上でイベントの受付期間にUSDTをロックをします。エアドロップの場合、イベント期間後にUSDTがすべて返却され、ユーザーにプロジェクトのトークンが配られます。

スタートアップへの参加方法の詳細は、後述の「スタートアップへの参加方法」をご確認ください。

Gate.ioの登録方法

1.Gate.ioのトップページにアクセスして「登録」をクリックします。

Gate.ioへの登録手順1

2.メールアドレスとパスワードを入力し、ユーザー登録の同意にチェックを入れ「登録」をクリックします。

Gate.ioへの登録手順2

スタートアップの参加方法

1.Gate.ioのメニューの「スタートアップ」へ進み、進行中のイベントの「注文」をクリックします。

Gate.io スタートアップへの参加手順1

2.イベントの条件を確認します。「Startup Puchase Price」が0USDTだとエアドロップイベント、0USDTより大きい額の場合は、トークンセールになります。

Gate.io スタートアップへの参加手順2

3.プロジェクトへの参加条件を確認します。また「今すぐ登録」をクリックして、その後表示される内容に同意します。

 

Gate.io スタートアップへの参加手順3

4.イベントでロックするUSDTの数量を入力し「注文」をクリックします。

Gate.io スタートアップへの参加手順4

GTトークン

Gate.ioでは、取引所の独自トークンとして$GTを発行しています。

GTトークンの用途

$GTは、取引所の特典サービスを受けられる他、EVM互換のパブリックブロックチェーン「GateChain」のネイティブトークンにもなります。それぞれの主な用途は、以下の通りです。

取引所トークンとしての用途:

  • 取引手数料の割引
  • イベントへの参加(スタートアップ、ホールド&アーン、上場投票)
  • 利益の買い戻し

GateChainのネイティブトークンとしての用途:

  • GateChainにおける支払手段、ガス
  • Proof of Stake (PoS)によるステーキング

GTトークンの配布

$GTは、総供給量が3億GTになります。Gate.ioは、取引から発生した営業利益の20%を使用し、$GTの買い上げを行っています。20%のうち15%はバーンに、5%はエコシステムの成長拡大のために充てられます。2022年8月1日時点、実際に流通している$GTは約1.3億GTになります。$GTについての詳細は、Gate Tokenのページから確認することができます。

GTの配布状況

Gate.ioに関する情報

 

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました