プレスリリース

BytomDAOの日本への戦略的シフト: AIトラックへの本格的な参入

プレスリリース
スポンサーリンク

昨年のアップグレードを完了した後、BytomはAIトラックのDAO組織に変貌しました。

BytomDAOは現在、GenAI技術を基盤とした革新的なDAOシステムを構築中です。これが成功すれば、現在のエンティティや組織の運営モデルを大きく変える可能性があります。新しいシステムは、基本的なガバナンスプロセスを「投票 – 実行」から「AGIを創造 – AGIによる決定」へと変革します。ビジョンは、AGIへの異なる、より良い方法を見つけ、構築者の知恵を永続させることです。

BytomDAOのコア機能と革新

この大幅なアップグレード後、BytomDAOは3つの側面で革新を達成しました:

まず、「DAO 2.0」はガバナンスのアップグレードを表しています。従来のDAOガバナンスは投票を中心に展開されますが、理解、実行の効果、価値評価といった問題が残ります。将来的には、AGI技術の進展により、AIがワークフローと意思決定プロセスに関与し、投票からAGIの実行とガバナンス決定への参加へと移行します。

次に、「DAPP 2.0」はアプリケーションの革新を意味します。AGIの能力が向上するにつれて、アプリケーション内のインタラクションは自然言語に依存することが増えます。ユーザーは個人のニーズに基づいてアプリケーションを設計・開発し、エッジコンピューティングデバイスを活用してパーソナライズされたモデルトレーニングを行い、プライバシー保護と資産のセキュリティ流通を促進します。

最後に、「Asset 2.0」は資産の進化を表しています。DID技術と身元確認を通じて、データ所有権を確認し、資産をNFT化してAIモデル資産管理を行います。創造性、需要、認識、視点などをAGIの生産能力を通じてモデルに変換し、2.0のインテリジェント資産を形成し、オンチェーンデジタル資産の価値と流動性を高めると信じています。

BytomDAOのコアアドバンテージ

AIトラックへの移行は慎重に検討された決定でした。これは、BytomDAOがこのトラックでユニークな条件とアドバンテージを持っているためです:

  1. 経験:Web3業界で豊富な経験を持ち、ピーク時の市場価値が26億ドルに達し、プロジェクト運営と業界リソースでのアドバンテージを持っています。
  2. モデル:豊富なモデルリソースを所有し、特に垂直ニッチモデルで優れ、多数の機関と協力してモデルをトレーニングしています。
  3. ユーザー:中国本土で300万人以上、全世界で12万人のユーザーを持ち、30以上の国と地域にまたがっています。累計で1億作品以上が公開され、日々200万件が追加されています。100万人以上のユーザーがWeb3ビジネスに従事しています。
  4. チーム:Web3業界で10年以上、AI業界で7年以上の経験を持つコアチームは、Douyin、Alibaba、Tencent、Zhejiang University出身です。

BytomDAOの日本への戦略的シフト

日本市場の政策が成熟してきたことと、強固なユーザーベースを背景に、BytomDAOは日本市場での戦略的展開を開始し、ビジネス開発のための基盤を固めるために包括的なコンプライアンスを取り入れています。

ロードマップの一部をご紹介します:

  1. DAOガバナンスプロトコルをリリースし、すでに完了しています。
  2. グローバル展開を容易にするために、日本での規制レイアウトを確立しました
  3. 自己研究とコミュニティ共創を進め、AIエージェントへの投資を含めてエコシステムの繁栄を促進しています。
  4. BytomDAOデジタルペロソナを重要な生産ツールとして発売しました。
  5. Web3データと経験10年を活かした、最初のWeb3業界のマルチモーダル言語モデルをリリースしました。

今後もBytomDAOはAI分野での努力を続け、Web3の発展を促進していきます。皆様のサポートと注目をお待ちしております!

本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTのDirector。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました