プレスリリース

[Pulseアプリ] Web3世界で新たなトレンドとして注目されているGroupFi ~コミュニティ主導の本格ソーシャルネットワークサービス

プレスリリース
スポンサーリンク

Pulse最新アップデート情報】

  • モデレーター制度の導入
    • PSPをお持ちの方は、リーダーシップを発揮してコミュニティのモデレーションを手伝うことができます。直接コミュニティに貢献できるチャンスです。
  • キャスト評価制度の導入
    • コミュニティ内で共有されるコンテンツの関連性と品質を確保するため、コンテンツのスクリーニングに参加できる制度となっています。
  • Pulse独自トークンリリース計画発表

詳細はこちらへ:Pulse Next Generation: Become a Moderator and Curate Your Community for Rewards – Phemex

1、なぜ市場はGroupFiを求めているのか?

多くの専門家たちは、我々が現在DeFiの時代にいると考えています。DeFiは、特許金融システムにおける一部の障壁を取り除き、誰でもどこからでも金融サービスにアクセスできるようにした、革新的なテクノロジーです。しかし同時に、新たな課題も生じています。なぜなら、DeFiは名前自体が「分散」を意味しているものの、現状、ピーク時にはネットワークが混雑し、手数料が高騰するなど、結果的には一部の富裕なユーザーしか利用できない状態になってしまっているからです。また、DeFiのプラットフォームは技術的に複雑で、誤った操作をすると大きな損失を被る可能性があります。

このような背景から生まれたのがGroupFiの概念です。GroupFi(Group Finance)は、「グループ」が中心となる新たなモデルであり、個々のユーザーが一人で行うのではなく、コミュニティ全体で「Fi活動」を行うことを特徴としています。

GroupFiでは、参加者がチームを組んで共通の目標を達成することにより、リスクを分散し、リターンを最大化できます。また、グループ内でのディスカッションや知識の共有により、MetaMaskの設定やプライベートキーの管理など、複雑な操作を正確に行うための教育も提供できます。

これにより、初心者でも安心してDeFiの世界に参加でき、手薄な知識や技術的な複雑さが障壁となることを防げます。また、より公平で透明性の高い資本マーケットへと繋がり、全体的な金融包摂性の向上に寄与すると考えられています。このように、GroupFiはDeFiの課題に対する解決策であり、DeFiによる金融包摂性の実現をさらに前進させるための新たな道筋を示している、それが市場がGroupFiを求める理由でもあります。

2、Pulse(パルス)の誕生について

Pulseは強く明確なビジョンを持って生まれました。そのビジョンは、分散型経済の構築、そしてそれによって人々が簡単に繋がり、一緒に価値を創造できるようにするというものでした。これは、業界の断片化という大きな問題に対処し、新しいプロジェクトのための公正なローンチプラットフォームの提供、モデレーター制度と、コミュニティガバナンスのためのDAOの設立という具体的な施策を通じて達成されることを意味します。

その意味において、PulseをWeb2の遺産とWeb3を統合する『ブリッジ』として想像することができます。Web2とWeb3を統合するには、具体的にどのような方法が望ましいでしょうか? 以下、Pulseが取り組んだアプローチとなります。

  • フェアローンチ:Pulseは新しいプロジェクトを公平にローンチするためのプラットフォームを提供します。これにより、既存のWeb2企業がWeb3世界に進出する際の障壁を取り除き、公平な競争環境を確保することができます。
  • ポイント制度:Pulseはユーザーのインタラクションにポイント報酬を与えるシステムを導入しました。これは、Web2の「いいね」や「シェア」のような概念をWeb3の世界に取り入れた形です。
  • コミュニティガバナンス:Pulseは、DAO(分散型自律組織)モデルを導入することで、コミュニティガバナンスを確立しました。これにより、ユーザーはプラットフォームの意思決定プロセスに参加でき、Web2の中心化モデルから、Web3の分散型ガバナンスモデルへの移行を実現することが可能になります。

これらの措置により、PulseはWeb2とWeb3の架け橋となり、二つの世界を組み合わせた新たな価値を生み出しています。

3、Pulse(パルス)のグループ・ファイ(GroupFi)エコシステムについて

Pulseエコシステムは以下の主要な要素で構成されています。

  • 暗号資産発行: Pulseプラットフォームは暗号資産を発行できる活気のあるエコシステムであるため重要な役割を果たしています。ユーザーはこれらの暗号資産を通じてプロジェクトに資金を供給したり、投票や投資を行ったりすることもできます。
  • ポイント: ユーザーがエコシステム内での各種アクティビティの報酬として受け取るものです。ポイントを稼ぐ方法については、次の章で詳しく説明します。
  • チップ(Tip)とキャスト(Cast): ユーザーがエンゲージメントを示し、内容を評価するための主要な機能で、エコシステム内のリーダーシップとユーザー間の交流を形成します。
  • モデレーター制度:Live Chatでメッセージを削除、ユーザーをミュートする等、コミュニティを管理するための便利なロール機能です。この機能によって、秩序のあるディスカッション環境を維持することが可能になりますが、これらのモデレーション権限はユーザーの相互作用に限定され、CAST管理には適用されません。また、モデレーターはグループの規模とパフォーマンス評価に基づいて報酬を受け取ることができます。最後、モデレーターになるためには、PSPを保有する必要があります。
  • キャスト評価制度:ランダムに提示されるキャストを評価し、価値があると判断されたキャストだけを公開する機能です。この機能によって、コミュニティ内で共有されるコンテンツの関連性と品質が確保でき、多数のユーザーが価値があると判断した場合のみ、そのキャストは全ユーザーに公開できます。逆に、有用性に欠けると判断した場合は表示されません。キャストの評価に積極的に参加したユーザーは、評価1件につき10ポイントを獲得できます。
  • ソーシャルメディア機能: PulseはTelegramのグループ機能とTwitterを組み合わせたような感覚で、ユーザーが互いにコミュニケーションを取り、情報を共有するためのプラットフォームです。

以上の要素がPulseエコシステムを形成し、それぞれが相互に関連しながら、エコシステム全体を活性化し、成長させる役割を果たしています。また、ユーザーは上記で示した各種アクティビティを通じてポイントを獲得することが可能ですが、これからポイントはPulseプラットフォームのネイティブトークンと深く関係するでしょう。

4、Pulse(パルス)でポイントを稼ぐ方法とは?

Pulse(パルス)でポイントを稼ぐためには、上記図で示した方法があります。具体的に:

方法1:他のメンバーからチックを貰ってポイントを稼ぐ

キャストでチップをもらう必要があります(Twitterの投稿のように、グループ内のメンバーから10アローワンスのチップを貰うと、10ポイントを受け取ります)。

方法2:アローワンスを消費して他のメンバーにチップを送ってポイントを稼ぐ

当日、他人のキャストにチップをすると、翌日に一定量のポイントを獲得することができます。システムはプラットフォーム上のすべてのキャストにチップされたスコアを毎日追跡します。ポイントの返還割合は以下の通りです:

  • トップ10%以内のキャストにチップすると、ポイントの50%が返還されます。
  • 11%から30%の間にランクインしたキャストに対しては、ポイントの30%が返還されます。
  • 残りの70%のコンテンツにチップすると、ポイントの5%が返還されます。
  • 他人にチップしてポイントを返還されるには、PSPを保有する必要があります。

方法3:SNSでシェアしてポイントを稼ぐ

キャストをソーシャルメディアで共有すると、プラットフォームごとに20ポイントを獲得できます。1日に最大100ポイントまで獲得可能ですが、最初に共有した人にポイントが付与されます。

方法4:モデレーターに就任してポイントを稼ぐ

モデレーションするグループの規模とパフォーマンス評価に基づいて報酬を受け取ることが可能です。また、PSPを保有していることが応募条件となります。

特に、方法2でポイントを稼ぐ場合、アローワンス(Allowance)が必要ですが、獲得するためには、PT、PSPをホールド、vePTロイヤリティ、取引量、ステーキング、KYCを行う必要があります。注意すべきは、アローワンス(Allowance)は24時間ごとにリセットされますので、当日に消費する必要があります。

アローワンス(Allowance)に関する詳細はこちらへ:https://pulse.social/ja/web3/phemex-pulse/pt-rewards

5、今後の展開

Pulse(パルス)は、中央集権型の管理から脱却し、ブロックチェーン技術を活用して、全プラットフォームをオンチェーン化することで、取引やデータの透明性を高め、信頼性を向上させようとしています。これにより、コミュニティ全体のメンバーがより強固に結びつくことが期待されています。

ユーザーの暗号資産とソーシャルアイデンティティ(オンライン上の個人の存在や活動)が、分散型フレームワーク内で融合することを目指しています。これにより、コミュニティの力が集約され、新たな革新が生まれることが期待されています。

最後に、Pulse(パルス)公式はポイントをネイティブトークンに関連付けることを予定していますので、お楽しみください!

6,Pulse(パルス)関連情報

◆Pulse関連情報まとめ

Pulseホームページ:https://pulse.social
Pulse公式ツイッター:https://twitter.com/Pulse_SocialFi
新規登録リンク:
https://pulse.social/phemex-pulse/invite-friends-group?groupID=RmVkESDhajExfodURlQL3A&memberId=5tS5nxNBgfmiGFGsxmPG8A

本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTのDirector。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました