ステーブルコイン

ブロックチェーンを使ったデジタル通貨「DCJPY」とは?

DCJPYの概要 DCJPYは、デジタル通貨を推進するための業界団体「デジタル通貨フォーラム」により推進されている、銀行預金を使ったブロックチェーンをベースとした日本円のデジタル通貨です。その発行の仕組みは既存のステーブルコインに似ている...
Layer1

Manta Network(MANTA)の解説

Manta Network(MANTA)の概要 Manta Network(マンタネットワーク)は、ゼロ知識証明を使用したアプリケーションをより簡単に実現するためのエコシステムです。ハーバードやMIT、Algorandなどの研究機関やプロ...
Layer1

Kaspa(KAS)の解説

Kaspa(KAS)の概要 Kaspaは、マイニング(Proof of Work: PoW)を採用したレイヤー1チェーンで、ネイティブトークンとして$KASが発行されています。2023年10月時点ではスマートコントラクト機能が搭載されてお...
インタビュー

インタビュー:リップル社 吉川絵美氏 – XRP Ledger普及に向けたリップル社の取り組み/後編:リップル社によるXRP Ledger普及のための取り組み

国際送金のソリューションを提供するリップル社は、暗号資産 $XRP で知られているXRP Ledgerの普及における最も主導的な企業の一つです。今回は、リップル社の吉川絵美(よしかわえみ)氏に、同社におけるXRP Ledger普及のための取...
インタビュー

インタビュー:リップル社 吉川絵美氏 – XRP Ledger普及に向けたリップル社の取り組み/前編:リップル社とXRP Ledgerとの関係性とは

国際送金のソリューションを提供するリップル社は、暗号資産 $XRP で知られているXRP Ledgerの普及における最も主導的な企業の一つです。今回は、リップル社の吉川絵美(よしかわえみ)氏に、同社におけるXRP Ledger普及のための取...
Layer2・サイドチェーン

Astar zkEVM の解説

Astar zkEVM の概要 Astar zkEVMは、Astar NetworkによるEthereumのレイヤー2です。Polygonの独自チェーンを作る技術 Polygon CDK (Polygon Chain Developmen...
NFT

ウォレット不要、誰でも使えるデジタルコンテンツマーケットプレイス「AUTHARIUM」の解説

NFTは、デジタルコンテンツを自己保有するという新しい体験を可能にしました。その一方で、ブロックチェーン由来の操作の煩わしさは爆発的な普及を妨げる要因の一つにもなっています。そのようなハードルを乗り越えるべく、NFTマーケットプレイスのAU...
Layer2・サイドチェーン

zkLink(ZKL)の解説

zkLink(ZKL)の概要 zkLinkは、ゼロ知識証明(zk-SNARKs)を用いたロールアップで構築された、マルチチェーン用の資産取引に特化したレイヤー2です。ユーザーはガスを支払うことなく、現物や先物のオーダーブックDEXやNFT...
DApps

Solv (V3)の解説

Solv (V3) の概要 Solvは、オンチェーンの金融商品の作成と利用の障壁を下げ、多様な金融商品と利回りの機会をもたらすための投資プラットフォームです。世界中のファンドマネージャーはオンチェーンに金融商品を展開することができ、ユーザ...
Layer2・サイドチェーン

Shiba Inuによるレイヤー2「Shibarium(BONE)」の解説

Shibarium(BONE)の概要 Shibarium(シバリウム)は、ミームコインとして知られたShiba InuプロジェクトによるEthereumのレイヤー2です。Shiba Inuエコシステムにおける憲章であるSHIBペーパーに記...
タイトルとURLをコピーしました