Layer1

分散型クラウドプラットフォーム「OORT(OORT)」の解説

OORTの概要 OORT(オート)は、Web3とWeb2サービスのホスティングを可能にする分散型クラウドサービスです。 技術が進歩していくにつれ、大量のコンピュータのリソースを消費するユースケースが増えています。特にメタバースやAIのような...
Layer1

Move言語のレイヤー1&2チェーン「Movement(MOV)」の解説

Movement(MOV)の概要 Movement(ムーブメント)は、Movement Labsにより開発されているレイヤー1及びレイヤー2のブロックチェーンです。 名前の通り、MovementはMove言語で構築されたスマートコントラクト...
Layer1

プライバシーを実現するプラットフォーム「Aleo(ALEO)」の解説

Aleo(ALEO)の概要 Aleo(エイリオ)は、ユーザーの個人情報を保護することが可能なプライベートアプリケーションを実現することができるプラットフォームです。Aleoそのものはブロックチェーンであり、独自トークンの$ALEOが用いられ...
ミドルウェア

Web3のデータレイク「Subsquid Network(SQD)」の解説

Subsquid Network(SQD)の概要 Subsquid Network(サブスクウィッド・ネットワーク、以下Subsquid)は、様々なブロックチェーン内外のデータを集約してインデックス化し、高速に検索して活用しやすくするための...
Layer1

アプリチェーンの展開ポータル「Dymension(DYM)」の解説

モジュラーチェーンの進化が進むにつれ、アプリケーションのための独自チェーンの展開がますます簡単にできるようになっています。Dymensionは、独自チェーンを簡単に立ち上げるためのポータルを提供しています。 Dymension(DYM)の概...
Layer1

高速EVMチェーン Monad の解説

Monad の概要 Monad(モナド)は、Ethereum仮想マシン(EVM)の処理をパイプライン化し、並列実行を可能にしたレイヤー1のパブリックブロックチェーンです。今までのEVM互換チェーンと比べてもパフォーマンスが非常に高く、10,...
Layer2・サイドチェーン

プライバシー志向のEVM互換ロールアップ「Ten (TEN)」の解説

Web3をマスアダプションするにおいて、大きな発展の余地が残されている領域にプライバシーがあります。この領域は、トランザクションが匿名になることから、しばしばマネーロンダリングを助長しているとして規制当局からの槍玉に上がることがあります。し...
Layer1

分散型ストレージの商業利用を切り拓く「CESS」の解説

CESSの概要 CESS(Cumulus Encrypted Storage System)は、ブロックチェーンを使った分散型ストレージの及びコンテンツ配信ネットワーク(CDN)のプラットフォームです。今までであれば長期のアーカイブストレー...
Layer1

Cosmosエコシステムのインターチェーンプラットフォーム「Neutron(NTRN)」の解説

Neutron(NTRN)の概要 Neutron(ニュートロン)は、非許可型の独立したレイヤー1のブロックチェーンで、IBCを完全にサポートした、Cosmos開発者が様々なインターチェーンサービスを作ることができるプラットフォームです。 C...
Layer2・サイドチェーン

Arbitrum上のゲーム特化型レイヤー3「Xai(XAI)」の解説

Xai(XAI)の概要 Xaiは、Ethereumのレイヤー2であるArbitrum上に構築された、ゲーム特化型のレイヤー3です。次世代のビデオゲームにおける実経済とオープン取引を実現するために開発され、潜在的な数十億のゲームプレイヤーが暗...