アプリ 取引所

CROSS Exchangeのアプリがリリース 使い勝手をチェック

投稿日:

巷で人気沸騰中のCROSS Exchangeが、ついにスマホアプリをリリースしました。

2018年11月25日時点で、リリースされているアプリはAndroid版のみで、iOS版は審査待ちの状況になります。

Google Play で手に入れよう

CROSS Exchangeとは

CROSS Exchangeとは、アゼルバイジャンの取引所第1号になります。

デジタル資産の総合的な価値交換ができる場を提供し、ユーティリティトークンの他、セキュリティトークン(CROSS Exchangeではアセットバックトークンと表現)や、IEOを扱います。

世間の儲けを優先した仮想通貨取引所と異なり、上場手数料をゼロにし、プロジェクトや仮想通貨エコシステムの拡大を第一に考える方針をとっています。

CROSS Exchangeでは、取引マイニングを採用し、トランザクションを発生させた人(=取引するひと)に配当権利が付いたトークンを配布する取引マイニングを提供し、ユーザへの利益還元を積極的におこないます。取引マイニングでは、実質的に手数料が還元されます。

取引マイニング自体は、初めてFCoinで取り入れられた仕組みですが、そこで得られたトークン価格は決して良い結果ではありませんでした。CROSS Exchangeでは、先駆者の教訓から取引マイニングがより持続し、トークン価格が緩やかに上昇していくトークン設計をしています。

CROSS Exchangeは、2018年11月17日に説明会を開いているので、詳細は「CROSS Exchange 機関パートナー向け説明会 レポート」をご覧ください。

また、超詳細は以下に記載しています。

【取引所】CROSS Exchange その特徴を徹底チェック!

アプリの使い勝手をチェック!

直感的に操作しやすいインターフェイス

CROSS Exchangeは直感的に操作しやすいインターフェイスを採用しています。

CROSS Exchangeでは株式取引と同じような板取引を採用しています。どの価格帯にどれくらいの数量の注文が出ているかがわかるようになっています。

一般的に板取引の場合は、情報量が多いために画面構成が複雑になってしまう傾向があります。他社のアプリの場合、画面を1回遷移させなければ売買画面まで行けなかったりとがあります。

CROSS Exchangeの場合は、最初に表示される画面からいきなり注文画面になっており、ぱっと見てすべての操作が1画面内に収まるようなユーザーインターフェース設計になっています。

これはスマホアプリに限った話ではありませんが、CROSS ExchangeではPC版のWebページも含め、売買に必要なものが1画面に収まるような配慮がされているそうです。

例えば、以下は売買画面です。Androidは機種により多少レイアウトが異なるものの、筆者の場合は注文ボタンが少しはみ出る程度で全体が収まっています。

CROSS ExchangeアプリのUI

CROSS Exchangeアプリのユーザーインターフェイス

ランキング表示が便利

個人的に一番目を引いたのが、アプリ起動直後に表示されるランキング表示でした。ぱっと見で判ります。

これはとても単純なことなのですが、ぱっと見で価格上下のランキングが確認できる取引所アプリは意外となく、今どの銘柄に資金が集まっているかというのは、特に比較的短い時間軸でトレードする人にとっては重要な要素となります。

今は上場銘柄が少ないのでランキング表示の重要性は乏しいですが、これから銘柄が増えてくることでその重要性は増していくと思われます。

CROSS Exchangeアプリの価格上昇一覧? CROSS Exchangeアプリの価格下落一覧
価格上昇ランキング(左)と価格下落ランキング(右)

PC向けWebページとほぼ同じことができる

最近はPCでできてアプリではできないことがある取引所は減ってきましたが、CROSS ExchangeではPC向けWebページで提供される機能とほぼ同じことができます。

売買に関してはもちろんの事、セキュリティ設定や取引マイニングのプランもアプリ上から設定できます。

PC向けWebページと異なるのは、モバイル特有のログイン設定があることです。Android版では「指紋」か「パターン」のいずれかの設定を有効にすることで、取引時にパスワードを入力しなくても済むようになります。

CROSS Exchangeアプリの設定画面

CROSS Exchangeアプリの設定画面

配当報酬を見るのが嬉しい

これも地味ですが、実はスマホアプリを使うための一番の理由かもしれません。

CROSS Exchangeでは、取引マイニングを行うことでXEXトークンを入手でき、そのトークンのロックアップ期間により最大80%の取引所利益が配当報酬として還元されます。

この還元は毎日続き、しかも毎日額が異なるため、スマホアプリを使い配当報酬を見ることができるのは、日々のささやかな楽しみにをプラスしてくれることでしょう。

CROSS Exchangeアプリの配当履歴

CROSS Exchangeアプリの配当履歴

結論

CROSS Exchangeのスマホアプリは、1画面に必要な情報が収まる設計になっています。

比較的短い時間軸でトレードしたり、毎日配当報酬の確認をしたいユーザーにとっては、是非とも使うべきアプリと言えるでしょう。

CROSS Exchangeに関する情報

当ブログによるプロジェクト解説記事

当ブログによる日本側代表者へのインタビュー

【インタビュー】第4弾:CROSS 中西氏

公式情報



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

ビットポイント台湾CEOの郭雅寧(Patty Kuo)氏 1

2019年7月12日に、日本の暗号資産取引所ビットポイントで約30億円相当の暗号資産が流出しました。これにより、各メディ ...

2

ここ最近は、ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にIEOがありますが、一般に知られていないところで多くの問題を抱えてい ...

3

現地の銀行NI BANKと提携したモンゴルの取引所AIS-Xは、8月15日にIEOが終わり、BitForexに上場しまし ...

-アプリ, 取引所
-

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2019 All Rights Reserved.