アプリ

Braveブラウザは誰でもマネタイズが簡単な仕組みを提供、導入方法を紹介

ここ最近、Webブラウザの「Brave ブラウザ」は、その機能の優位性が評価され、グローバルにおけるダウンロード数を大きく伸ばしています。

Brave ブラウザには、広告カット機能があることから、その分トークンをもらってマネタイズするための仕組みが用意されています。それが驚くほど簡単であっったため、その操作感を紹介します。

Brave ブラウザとは

Braveブラウザ ロゴ

まずはBraveブラウザを知らない方のために、Braveブラウザがどのようなものか、ご紹介します。

Braveブラウザは、徹底的なプライバシー保護と広告カット機能を備えたWebブラウザです。

広告カット機能では、あらゆるサイトのバナー広告を排除することができます。この他、YouTubeでもビデオ再生前の広告を見ることなく、動画を再生することができるようになります。それくらい強力です。

多くの広告ネットワークでは、その人がどのサイトに行ったのかをトラッキングするためのトラッカーが用意され、サードパーティのCookieやフィンガープリンティングなど、あらゆる手段を駆使して購買リーチ度が高い広告を表示しようとしてきます。

このような広告ネットワークの取り組みは、結果的にWebブラウジングにおけるプライバシーを大きく侵害することに繋がります。また、余計な回線帯域を消費し、広告表示までの余計な時間も消費していしまいます。自分を護るという観点では、広告を表示しないことが最善の手段といえます。

しかしながら、現実的に多くのWebサイトは広告を表示することによりマネタイズしています。サイト運営者にとっては、マネタイズできる数少ない手段である広告がカットされるのは死活問題につながります。仮に、Web広告が完全に遮断された場合、私たちはGoogleやYahoo!で提供される、高品質な無料サービスを受けられなくなることでしょう。

そのような事態を避けるための解決策として、BraveブラウザではBATトークンを使ったトークンエコノミーを用意しています。

Braveブラウザでは、広告ネットワークのサーバーに蓄積されたデータではなく、ブラウザを実行している端末に蓄積された閲覧履歴を元に利用者の興味に応じた広告を表示します。表示される広告が決定する過程のプロセスにおいても、閲覧履歴が外部に出ていかない仕組みになっています。

Webサイト運営者への報酬にはBATトークンが用いられ、広告を見た利用者に対してもBATトークンが付与されます。BATトークンは、海外の仮想通貨取引所で売却して、現金化することができます。また、自分が応援したいWebサイトに対し、BATトークンをチップとして送ることもできます。

残念ながら、日本ではBATトークンの運用が仮想通貨交換業に当たってしまう可能性があることから、BATトークンではなくBATポイントが付与されます。BATポイントの価値はBATトークンと連動するとされています。

Braveブラウザの入手先

Braveブラウザ利用者に対するサイト運営者のマネタイズ

ここからBraveを使った場合のマネタイズの設定方法をご紹介します。

従来のWeb広告で、Webサイト運営者が広告ネットワークのサービスやASPにサイトに登録するのと同様に、BraveではBrave Rewards Creatorsにサイトを登録します。

アカウント登録

Brave Rewards Creatorsのページにアクセスし、アカウント登録します。

アカウント登録自体は、メールアドレスと名前を登録する程度の非常に簡易なものになっているため、特に迷うことはないことでしょう。

サイト登録

Brave Rewards Creators画面からWebサイトやSNSとの連携設定をすることができます。

Webサイト(WordPress利用サイトの場合)

Brave Rewards Creators画面から、「チャネルを追加」を選択します。

Brave Rewards Creators画面

Brave Rewards Creators画面

チャネルから「ウェブサイト」を選択します。

追加するチャネルの選択

追加するチャネルの選択

登録するWebサイトのドメインを入力します。

Webサイトドメインの入力

Webサイトドメインの入力

サイトで利用しているCMSの検出が行われます。

例は、WordPressを利用している場合になり、WordPress利用者に向けたサイト連携方法が案内されます。

サイト連携はWordPressプラグインを利用することになります。プラグインは、WordPressダッシュボード上のプラグイン新規追加から「brave-payments-verification」と検索することで、簡単にインストールすることができます。

プラグインを有効化したら「検証コード」をコピーします。

プラグイン導入と検証コードのコピー

プラグイン導入と検証コードのコピー

WordPressのダッシュボードから「設定」→「Brave Payments Verification」とたどり、先ほどコピーした検証コードを貼り付けて、設定を保存します。

その後、Brave Rewards Creatorsチャネルを追加の画面に戻り「検証」をクリックします。

WordPressに検証コードを貼り付け

WordPressに検証コードを貼り付け

追加したウェブサイトが、Brave Rewards Creatorsの画面に表示されます。

Brave Rewards Creators画面にウェブサイトが追加された状態

Brave Rewards Creators画面にウェブサイトが追加された状態

これだけです!

広告の細かい設定が不要なので、あっという間に広告表示の準備をすることができます。。

SNS(Twitter)

SNSもサイト登録することができます。

Brave Rewards Creators画面から、「チャネルを追加」を選択します。

Brave Rewards Creators画面

Brave Rewards Creators画面

チャネルから「Twitter」を選択します。

追加するチャネルの選択

追加するチャネルの選択

Twitterアプリとの連携確認がでるので、Brave Rewardsのアクセスを許可します。

Brave RewardsとTwitterとの連携確認

Brave RewardsとTwitterとの連携確認

追加したTwitterアカウントが、Brave Rewards Creatorsの画面に表示されます。

Brave Rewards Creators画面にTwitterが追加された状態

Brave Rewards Creators画面にTwitterが追加された状態

これだけです!

紹介制度によるマネタイズ

定常的な収入とはなりませんが、Braveブラウザを広めることでサイト運営者(SNSアカウント保有者含む)は、報酬を得ることができます。ただし、Braveブラウザをインストールした人が30日以上使用し続けるという条件がつきます。

報酬単価は、インストールした人の地域により異なり、最も高くて米国の7.5ドル、次いで日本などの8カ国が6.5ドルとなっています。報酬体系については、詳しくは「What do the referral metrics on my dashboard mean?」をご覧ください。

Webサイトを持っていなくても、SNSを使った紹介力があればBraveブラウザを広めて報酬を得ることができます。しかも、Braveブラウザは無料なので、紹介のハードルは他の製品よりは格段に低いことでしょう。

SNSで紹介するだけでも、Brave Rewards Creatorsへの登録は必要になるので、ご注意ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

Onotology - Andy Ji 1

中国のブロックチェーン企業Ontology(オントロジー)は、先行したブロックチェーンプラットフォームの企業として知られ ...

2

指紋認証の分野において多くの実績を持つAuthenTrend Technology社(以下、AuthenTrend)は、 ...

3

Swissborgは2018年当時、ICOを行ったことで話題となりました。ICOが終わり、Siwssborgではプロダク ...

-アプリ
-

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2020 All Rights Reserved.