インタビュー

RarePorn 創業者インタビュー – ポルノ分野へのブロックチェーン活用について訊く

インタビュー
本記事は、ブロックチェーンを活用したアダルト産業の記述になります。内容にはできるだけ配慮しておりますが、コンテンツの性質上、一部に性的な内容が含まれます。

NFTは、かつてブロックチェーンや暗号資産に無関心だった層のビジネス需要を喚起しました。それは、ポルノ産業も例外ではありません。

フランスのRarePorn解説記事)は、NFTを活用してクリエイターの新たな収益化の確立を目指し、DAppsのような形でサービスを利用できるようにすることにより、利用者のプライバシーを守る新しいポルノサービスの構築に取り組んでいます。

当サイトでは、RarePornの共同創業者であるMarco Garniga氏とNils Lataillade氏にインタビューを行いました。

RarePornの共同創業者 – Marco Garniga氏, Nils Lataillade氏インタビュー

共同創業者の経歴紹介

加藤:最初にご自身について伺います。今までどのような経歴をお持ちなのでしょうか?あなたが暗号資産やブロックチェーンに興味を持つようになったきっかけを教えてください。

RarePornの共同CEOである私たち(Marco GarnigaとNils Lataillade)は、シリアルアントレプレナーであり、2人ともJumia、Amazon、Meeroなどのユニコーンや超成長スタートアップ企業でリーダーシップを発揮してきました。Fred Coppulaは共同設立者であり、フランスで最も有名なAV監督の一人です。私たちは、開発者、プロダクトチーム、マーケティングチーム、カスタマー&クリエイターサポートチーム、リーガル&マネジメントを含む20人のチームで構成されています。現在、アメリカと日本に拠点を置いており、今後2ヶ月の間に35人以上の人材を採用する予定です。

私たちは常に、非中央集権とブロックチェーンの力を信じています。私たちは、かなり長い間、ブロックチェーン分野を追いかけてきました。アダルトエンターテインメント分野における長年の問題点、すなわち透明性の欠如、決済サービス、寡占について調査した結果、ブロックチェーンの力を使ってこのエコシステムにポジティブな変化をもたらしたいと考えました。

RarePornの立ち上げ経緯

加藤:RarePornの立ち上げ経緯を教えていただけますか?既存のポルノ業界にある深刻な問題はどのようなものがあり、どれほど解決が難しいのでしょうか?

私たちが取り組んでいる問題は「プライバシー」「決済」「技術」の3つです。現在、アダルトコンテンツの制作者やユーザーは、サービスへの登録や決済の過程で個人情報の提出を求められており、すべての業者が信頼できるとは限らないため、悪用や情報漏洩によりプライバシーが侵害される可能性があると考えています。

また、PayPalをはじめとする決済業者は、アダルト業界をリスク産業として扱っているため、基本的にサービスの受け入れを拒否され、受け入れられたとしても、取引額の最大30%の手数料を支払うことを余儀なくされます。他にも、ユーザーの誠意に基づく年齢認証により10代のアクセスを拒否することができないことや、利益配分の不透明さなどの問題があります。

しかし、既存の技術だけで解決できることには限界があります。私たちRarePornは、その隙間を埋めたいと考えています。私たちはブロックチェーンを使って、私たちのコミュニティのために、プライバシーに配慮した、公正で透明なエコシステムを構築し、クリエイターを中心に戻していきます。

RarePornの紹介

加藤:RarePornはどのようなサービスですか?既存のポルノサービスと比べると、何が優れていますか?

RarePornは、大人とポルノ愛好家の強力なコミュニティによって駆動され、Pokenによって供給される初のブロックチェーンベースの分散型ポルノプラットフォームです。

Pokenとは、RarePornで扱うトークンのことを指します。PokenのシンボルはPKNになります。

RarePornは、誰もが他の人と交流できるようにし、クリエイターとユーザーの間で直接、効率性の向上、仲介者の減少、透明性の向上を与えるだけでなく、ブロックチェーン、AI、ウェブ技術に支えられた独自のビジネスモデルを導入し、ポルノを作成したり消費するための全く新しい機能や方法を提供します。

RarePornは、あらゆる表現方法を信じており、ポルノはその一つの形であると考えています。RarePornは、ポルノとアートの間の知的な交差点に位置し、エロティズムを社会のより広い部分にアピールすることを使命としています。私たちは、パフォーマーがコミュニティと密接に関わることを可能にしたいと考えています。これにより、摩擦点を取り除き、パフォーマーを中心に据えたユニークなビジネスモデルが生まれます。

RarePornは、クリーンで透明性のあるPornTechブランドの構築に力を入れています。私たちは、既存のプレイヤーにとって悩みの種であったコンテンツ・モデレーションに重点を置いています。私たちは、AI、顔認識の最新技術を使用し、規制当局と緊密に連携して、楽しさと倫理性を兼ね備えた企業を目指しています。

RarePornのトークン「Poken」

加藤:RarePornではPKNトークンを利用しますが、トークンをサービスのお金として使うDAppsはあまりうまく行っていないように見えます。クリエイターは、PKNよりも価値が安定していて流通量が多いUSDTやUSDCで受け取るほうが嬉しいと思います。実際このあたりはどのように考えていますか?

素晴らしい質問ですね。私たちが市場に上場すると、クリエイターは私たちのプラットフォーム上でクリックするだけで、PKNとUSDT、USDCをPancakeSwapやUniswapで直接交換することができます

年齢制限の仕組み

加藤:ホワイトペーパーではAIで10代のアクセスを弾くとありましたが、これはどのようなシステムなのでしょうか?また、違法アップロードを防ぐにはどうするのでしょうか?それぞれ、どのような仕組みに基づいて動くのでしょうか?

私たちのプラットフォームに参加するすべてのクリエイターは、高度に標準化されたKYC(Know Your Customer)プロセスを経ることになります。このプロセスでは、IDカードでクリエイターの年齢が確認されます。

クリエイターがコンテンツをアップロードする際には、当社のモデレーションチームが、コンテンツに登場する人物がクリエイターであることを確認することで、違法なアップロードを防ぎます。私たちのプラットフォームでは、「クリエイター信頼度スコア」が算出され、違法なアップロードの可能性がある場合には、そのスコアに基づいて警告が出されます。これらのステップはすべて、技術と人の介入の組み合わせで行われます。

RarePornのガバナンス

加藤:RarePornでは、PKNトークンの保有者がガバナンスに参加します。最初はあなた方が最大のガバナーですが、これをどのように分散化させていこうと考えていますか?ガバナンスに参加することのメリットは何ですか?また、ガバナンスが特定の組織に支配されることをどのように防止しますか?

確かに、重要な質問ですね。ブロックチェーン技術と会社の価値を考慮して、私たちは利益相反を防ぐことに全力を尽くしています。その結果、特定の個人やグループが反則を犯すことがないように、一連の内部ポリシーを持っています。参加したステークホルダーは、クエストをクリアすることで、経験値や全体的な評判を表すガバナンストークンを得ることができます。メンバーは、ガバナンストークンによって表されるエンゲージメントのレベルに応じて、RPのプラットフォームの戦略や決定に参加します。

投資家からの期待値

加藤:ホワイトペーパーによると、あなたのプロジェクトはビジネスで成功した著名人や投資家から支持されていると感じます。投資家は、あなたの何に期待しているのでしょうか?

私たちの投資家の多くは、世界的に事業の拡大に成功しています。彼らは皆、既存の主流サービスのユーザーにPornTech(ポルノテック)を受け入れられるようにするという我々のビジョンに大きな期待を寄せています。彼らがRarePornに期待しているのは、世界中の何百万人ものユーザーにとって楽しく、親しみやすく、安全なプラットフォームを作ることです。金銭的な報酬は、このビジョンの副産物のひとつです。

マーケティング国に日本が含まれる理由

加藤:ロードマップによると、日本と米国にオフィスを作る予定ですが、なぜこの2つの国を優先したのでしょうか?これらの国をどのように見ていますか?

日本と米国は、私たちにとって多様で重要な市場です。日本は技術進歩の先駆者です。エレクトロニクス産業における日本のリーダー的地位は、家庭でのビデオデッキの大量導入につながりました。ポルノ業界は、常に新しい技術に早くから適応してきました。したがって、この合流点が、技術に精通した日本の消費者によるアダルトビデオの大量消費につながりました。

日本は、RarePornの視聴者数において、EUに次いで2番目に大きな市場です。日本のファンの皆様からは、私たちクリエイターに多くの好意的な評価をいただいています。数ヶ月後には東京オフィスを開設する予定です。

アメリカは、世界のアダルトエンターテインメント産業にとって最大の市場です。アメリカでの当社の採用率は急上昇しています。私たちは、ロサンゼルスとニューヨークの両方にオフィスを開設する予定です。

今後の意気込み

加藤:最後に、プロジェクトに対する今後の意気込みをよろしくお願いします。

お気に入りのクリエイターをフォローしたり、そのクリエイターと個人的なチャットができるなど、さまざまな機能を搭載した新バージョンのプラットフォームを発表する予定です。9月にはトークン(PKN)の上場を予定しています。ユーザーは、他の暗号通貨をPKNに交換して、私たちのプラットフォームで使用することができます。今後数ヶ月の間に、5,000人以上のクリエイターの参加を予定しています。他にもたくさんの特典を用意しているので、どうぞお楽しみに!

RarePornに関する情報

当サイトの記事

公式情報

 

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました