PR

DeBio プロトコル、初創設アプリケーションチェーンスロットのセキュリティーに着目、Octopus Networkでの構築

PR
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

テクノロジースタートアップ会社であるDecentralised Bio Network(DeBio)は、利用者が匿名で生物医学サンプルを送信できる分散型台帳技術を利用し、遺伝子検査、バイオインフォマティクス分析、および生物医学検査をより簡単に利用できることを実現した。DeBioは、基板ベースでアプリケーション特有ブロックチェーンを構築され、初の候補として、Octopus Networkアプリチェーンのパイプラインに参入している。

Octopus Networkは、Web3.0アプリケーション特有ブロックチェーン(アプリチェーンもいう)を起動して実行するためのマルチチェーンクリプトネットワークである。Octopus Networkは、相互運用可能な自律型ブロックチェーンでネットワーク効果の利点を利用しながら、主権もコントロールも可能である。Web 3.0インターネットの分散型とデータプライバシーのイノベーション時代を先導している。

Web 3.0分散型台帳技術、データプライバシーに革新的なソリューションの提供

DeBioは、直接販売で消費者に遺伝学と生物医学的検査を民主化し、あらゆる規模の研究室に力を与え、匿名性をはじめ、在宅生物医学的検査までサービスを提供することを目指す。博士号と医師をアドバイザーとして、印象的なラインナップで提供する。

このバイオテクノロジーの新興企業は、KILTブロックチェーンプロトコルと提携しており、アイデンティティに関する革新的業界にとらわれないビジネスモデルを実現している。KILTブロックチェーンプロトコルはDeBioに、プライバシーとデータのセキュリティを確保し、取り消し可能、及び検証可能な資格情報を発行するためのメカニズムを提供する。

DeBioのCEOであるPandu Sastrowardoyo 氏によると、ランサムウェアのハッキングやその他のデータ侵害につながるのは個人データの一元化である。Sastrowardoyo 氏は、また、サイバーハッキングを超え、個人健康情報、特に、遺伝子データが中央集権型サーバー上の企業の手に渡って危険になる可能性があると述べた。

「企業がKYC(本人確認)関連の医療データを大量に収集しているという事実は、ハニーポットの問題ということを引き起こす。ハッカーは、ハッキングに時間とリソースを投資する傾向がはるかに高く、セキュリティー上の小さな問題があると、何百万のデータが漏洩する可能性があります。」 ー Pandu Sastrowardoyo 氏、CNBCインドネシア技術会議、2021年9月14日開催

Sastrowardoyo 氏は、現在、企業は個人データを保持するだけでなく、それを所有して現金化することも指摘している。「たとえば、遺伝子検査市場では、個人ゲノム解析会社は、あなたのDNA-KYCペアを持っており、あなたに対して計り知れない力を発揮する可能性を秘めています。」と Sastrowardoyo 氏を述べた。世界の遺伝子検査市場規模は、Covid-19危機の中で106億ドルと推定され、2026年までに173億ドルに達すると予測されている。

分散型システムへの移行は信頼可能か?

Web 3.0インターネットは、複数のノードで構成された分散型システムを単一の組織でコントロールすることはできない。Web 2.0インターネットの仲介者、サードパーティ、およびカウンターパーティは、安価なコスト、セキュリティリスク、破損、トランザクションを停止および検閲する権限について非難される可能性がある。しかし、分散型アーキテクチャは、プライバシーと自主性を提供する。そのため、すべての利害関係者に報酬をシェアすることができ、強力なインセンティブのエコノミクスシステムに基づく。

分散型システムは、中央集権型組織ではなく、すべての参加者のコンセンサスを通じないといけない技術で、利用者全員が正しい内容が保証できる。利用者間の信頼について、システム内のすべての利用者がいつでもチェーンの状態に承認することを保証できるコンセンサスメカニズムに基づく。

「Web2.0に関するプラットフォームは、株主価値の最大化を目標とする企業によって所有および運営されています。Web3.0については、取引コストが低く、取引速度が速いクリプトネットワークで構成されたインターネットです。これは、所有するブロックチェーン上で実行される分散型アプリケーションによって可能になります。コミュニティは、利益に着目する企業ではありません。Web2.0プラットフォームは、最小限のコーディネーターとして最終的にクリプトネットワークに置き換えられることに対する防御策がありません。」 ? Octopus Networkの創設者 Louis Liu氏より

DeBio Networkは、Appchain Candidate Pipelineのすべての段階が完了すると、2021年10月、Octopus Networkで最初の分散型アプリケーションチェーン(アプリチェーンもいう)として正式にローンチする予定だ。Octopus Networkメインネットの正式リリースは、2020年10月8日、Octopus Dayに予定されている。

Octopus Network Appchain の候補者は、登録、監査、投票、ステージング、起動など、候補者キューのいくつかの段階を通過する必要がある。Octopus Networkは、Web3.0の投資家とWeb3.0アプリケーションチームの両方にとって分散型の両方プラットフォームとして機能する。したがって、Octopus Network トークン所有者は、チェーン上の候補キューで「賛成」または「反対」することにより、最適なアプリチェーンプロジェクトを選択する権利がある。

Octopus Networkは、正式にCoingeckoに収録された。また、Octopusに関するFAQは公式サイトに掲載してある。

Octopus Network について

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました