PR

3分で売り切れ!AOFEXのレッドラビットクラウドコンピューティングとは何か?

PR
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

AOFEXは、Red Rabbit Cloud Computing社との提携を発表しています。アルゴリズム、クラウドマイニングサービスをユーザーに提供するために、新しいクラウドコンピューティングプラットフォーム(以下、クラウドマイニング)を立ち上げ、暗号資産のマイニングパワーの異なるワンストップソリューションを顧客に提供しています。

5月11日、AOFEXはRed Rabbit Cloud Computing社と共同で初期BTCクラウドパワーを提供するサービスを開始し、同日午後17時に販売を開始しました。その結果、2,000TH/sのクラウドパワーがわずか3分で完売しました。

AOFEXのクラウドマイニングが市場で人気を博した理由とは何なのでしょうか?

例えば、Gate.ioでビットコインとETHの固定投資を行い、1日の固定投資額を20USDとした場合、BTCとETHの価格が上がると固定投資によって獲得したBTCとETHが少なくなり、急落した場合は損失が生じてしまいます。したがって相場に関係なく、コインを購入するコストよりもマイニングするコストの方が常に低くなります。

(1) マイニングによる収入は安定しており、ドローダウンなしの100倍増加を実現できます。

(2) マイニングの収入は、毎日のように利益が得られます。

(3) マイニング機械の価値が徐々にあがり、コストをカバーした後は、持続的にパッシブインカムが貰うことができます。

クラウドマイニングは、自ら購入した大型マイニング機器を、コンピューティングパワーにもとづいて数多くのコンピューティングパワーコントラクトに分割し、それらに異なる使用期間を付与します。このような形式で販売するコントラクトをコンピューティングパワーコントラクトと言いますが、ユーザーはコンピューティングパワーコントラクトを購入することによって、ファームを作ったり、マイニング機器を購入する必要がなくなりました。従来のマイニングと比べて、クラウドマイニングは、

(1) 初期投資が少なく、敷居が低くなります。

(2) マイニング機械の配置に関する知識を習得する必要がなく、マイニング機械の運用・メンテナンスなどにに労力を費やす必要がありません。

(3) 自由にコントラクトの期間を決めることができ、期間終了後のマイニング機械の処分について考える必要がありません。

マイニングがブームになるにつれて、さまざまなクラウドマイニングが出現しましたが、現段階において、AOFEXクラウマイニングの右に出るものはいないと言っても過言ではありません。

マイニング機械の購入とメンテナンスにはかなりのコストがかかり、一般ユーザーが参入するには敷居が高いのが現状です。しかし、AOFEXクラウマイニングを購入すると、設備投資は必要なく、単純にコンピューティングパワーを購入するだけでマイニングが可能になります。2021年6月より、AOFEXクラウマイニングはIPFSクラウドマイニングエリアを開設しており、現在も販売しています。興味のある方は、AOFEX公式サイトで最新情報をご確認ください。

AOFEX公式サイト:https://aofex.info/#/

新規登録サイト: https://www.aofex.com/#/register

AOFEXコミュニティ: https://t.me/joinchat/ktqOWwZOnSEwOWE1

AOFEX公式ツイッター:https://twitter.com/Aofex_Japan

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました