プレスリリース暗号資産

Octopus Network アプリチェーンへ参入方法、NEARエコシステム、DIEPプロトコルの参入、及びNFTギャラクシーへの展開

プレスリリース
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

Octopus Networkは、アーキテクチャ設計と NEAR の処理能力により、数百のアプリチェーン「Appchain」を簡単にホストできる。ただし、すべてのプロトコルがアプリチェーンになるわけではない。そこで、アプリチェーンチームがAppchainパイプラインを経由してそこに到達するまでの方法を紹介しよう。

Octopus Networkでのアプリチェーンの起動プロセスは、Octopus Network 自体のガバナンスに組み込み、最終的に、プロトコルがアプリチェーンになるかどうかの最終決定は、$OCT保有者による投票で Octopus Community 次第である。

Octopus Networkでアプリチェーンへ

アプリチェーン開発:アプリチェーンの候補者の段階に入る前、アプリチェーンの候補者は次のことを行う必要がある。

  1. アプリチェーンの開発環境をセットアップ
  2. アプリケーションをアプリチェーンに統合する
  3. アプリチェーンのローカルネットワークを開始する

アプリチェーンリリース:アプリチェーン開発が終了すると、アプリチェーンをリリースする。

  1. アプリチェーンをコンパイルし、チェーン仕様を生成する
  2. アプリチェーンリリースを公開する

ステージ1:登録 – アプリチェーンがリリースされた後、アプリチェーンは、アプリチェーン候補ステータスを申請するために登録する必要がある。登録するには、アプリチェーンチームは最初にNEAR アカウントを作成し、監査料金として1,000 NEP $OCTトークンを支払う。

ステージ2:監査 – アプリチェーンが登録された後、Octopus Network Developer Task Forceのメンバーは、アプリチェーン候補を監査し、既知のセキュリティの脆弱性がないこと、およびそのアプリケーションロジックがホワイトペーパーまたは仕様と一致していることを確認する。

投票段階:アプリチェーンが監査段階を通過すると、アプリチェーンは、Appchain InQueue に入り、$OCT 保有者によって賛成または反対投票をする。すべてのAppchains InQueue から最高のスコアを取得したアプリチェーンは、ステージングフェーズに昇格する。アプリチェーンに投票するには、$OCT保有者は次の手順に従う。

  1. NEARアカウントから Octopus アプリにログインし、アプリチェーンページに移動する。
  2. 「賛成」または「反対」をクリックし、アプリチェーンに投票するために一定額の$OCT をデポジットする。入金する $OCT の金額が多いほど、投票の重みが大きくなる。また、「撤回」をクリックすると、いつでも $OCTを撤回できる。

ステージング段階:最高の投票スコアを獲得したアプリチェーンは、ステージング段階に進む。ステージング中、アプリチェーンチームが $OCT 保有者にネットワークのバリデーターになることを奨励することが重要です。$OCT保有者は、最低10,000ドルの$OCTをステーキングすることで、Validatorノードを実行できる。アプリチェーンは、ステージングフェーズで起動するために7つのバリデーターノードのみを必要とする。

起動段階:ステージング期間が終了すると、アプリチェーンがセキュリティの収益を超えて十分なステーキングを引き付けた場合、起動状態になる。起動フェーズでは、Octopus Foundationは、アプリチェーンごとに4つのブートノードを実行する。Octopus Networkは、アプリチェーンごとにフルノードクラスターも実行し、アプリチェーンのフロントエンドに API アクセスサービスを提供する。アプリチェーン開発者は、フロントエンドを更新する必要がある。

アプリチェーンの報酬

アプリチェーンチームは、Octopus Network エコシステムの最も重要な部分だ。これが、Octopus Network が最初の100個の起動された Octopus アプリチェーンのそれぞれに100Kドル $OCT で報酬を与える理由だ。さらに、最初の10個の Founding Appchain は、それぞれ10万ドルの追加の $OCT を受け取る。これが、Octopus Network のアプリチェーンとして早期に採用することが重要である理由である。

Web3.0 革命に参加

暗号ネットワークはそのコミュニティによって所有されている。これが分散型の本質であり、Web2.0プラットフォームとの根本的な違いだ。Octopus Network は、メタコミュニティであり、何百ものWeb3.0アプリケーションコミュニティを育成する。https://mainnet.oct.network/

NFT ギャラクシーを Octopus Network へまい進

Octopus Network は、Unique One Network NFT Galaxy の アプリチェーン候補を Octopus Network エコシステムへのまい進について発表する。

他の新しい基板ベースの NFT ブロックチェーンプロトコルとは異なり、Unique One Network はすでに Ethereum、BSC、xDai、Polygon のいくつかのニッチで成功したマーケットプレイスを構築している。

Unique One Network は、主にその旗艦アートマーケットプレイスであるUnique.Oneで知られている。これは、アーティスト、クリエイター、写真家の参入障壁を低くし、NFTを簡単に作成できるようにすることを唯一の目的として、当初イーサリアムブロックチェーンで立ち上げられた。今日、Unique.One アートマーケットプレイスは4つの異なるブロックチェーンにまたがって運営されており、それぞれのアートコミュニティはさまざまなテクノロジーを展開している。

Unique One Network は、NFT の進化を強化するため、Web3.0の相互運用性にさらに挑戦することを目的として、Octopus Network のアプリチェーンとして Substrate のマザーシップチェーンを構築している。多様なブロックチェーン上で NFT マーケットプレイスを構築した豊富な経験により、Unique One Network NFT Galaxy アプリチェーン は、Web3.0 チーム、企業、プロジェクト、 スケーリングする必要のあるサポート、コミュニティ、NFTネットワーク効果を持つインフルエンサーである。

Web3.0 次世代分散型プロトコルの主な焦点は、チェーン間の相互運用性のためのテクノロジーの開発だったが、Web3.0 イノベーションの経済的障壁により、幅広い開発チームやユースケースがアクセスできなくなる可能性がある。ソブリン基板ブロックチェーンのセキュリティブートストラップは、依然として技術的に複雑で資本集約的な仕事だ。コンセンサスメカニズムを設定するには、チェーンを保護するために金銭的資金を賭けるノード、別名バリデーターが必要だ。

PolkadotまたはCosmosでチェーンを立ち上げることは、ほとんどの新興企業や開発チームにとって手の届かないものになる可能性がある。ただし、Cosmos のソブリンセキュリティおよび Polkadot の共有セキュリティモデルと比較すると、Octopus Network はリースセキュリティ設計(LPoS)を使用しており、アプリチェーンの起動コストを最大100分の1以上削減する。

各アプリチェーンは、セキュリティのためにバリデーターに支払うトークンの数など、独自の経済モデルを決定することが可能。Octopus Networkトークンの所有者は、どのアプリチェーンを利用するかを選択可能。

DIEPプロトコル、Octopus Network AppChain エコシステムに参入

DEIPプロトコル(クリエーターエコノミープロトコル)は、Substrateで開発されたWeb 3.0、レイヤー2プロトコルであり、クリエーターエコノミーによって生成された知的財産などの無形資産の発見、評価、ライセンス供与、および交換を可能にする。

クリエーターエコノミーは、独立したコンテンツクリエーター、キュレーター、コミュニティビルダーで構成される。アイデアを商品として認識して評価し、科学者、開発者、コンテンツクリエーター、ソーシャルメディアインフルエンサー、ブロガー、ビデオグラファーなどに加え、イノベーターとクリエーターがスキルセットを拡大して収益化するのに役立つように設計されたソフトウェアとファイナンスツールを含む。

DEIPは、ガバナンス(DAO経由)および流動性(DeFIおよびデリバティブ経由)を含む無形資産(F-NFT)のトークン化を容易にするように特別に設計された。DEIPの知的資本プロトコルは、特許などの高価値の無形資産をトークン化することを目的としている。著作権、発明、および知的財産?それを細分化されたNFT(F-NFT)に変換することにより、これらのF-NFTを取引し、作成者に流動性への道と無形資産に対するトークンの部分的な所有権を提供する。

DEIP と Octopus Network

Octopus Network上の基板ベースのアプリケーション固有のブロックチェーン(Appchain)として、DEIPはクリエーターエコノミーの主要なWeb3プロトコルになることを目指している。これは、映画の脚本、発明、人的資本から音楽、ビデオ、その他の形式の知的財産に至るまで、あらゆる業界でNFTとしての無形資産のガバナンス、流動性、トークン化のインフラストラクチャとして機能する。DEIPは、無形資産をトークン化するための資産クラスと業界固有のプラットフォームを簡単に構築するためのツールキットであるDEIPコンストラクターも提供する。

DEIPコンストラクターは、DEIPネットワークで Web3.0 ポータルを構築するためのオープンソースのモジュラーコンストラクターだ。これにより、ユーザーはノーコード(ドラッグアンドドロップコンポーネント)またはローコードモードでポータルを構築できる。ポータルを構築するためのユーザーフレンドリーなアプローチと、Web 3.0の採用を促進する方法を見越し、「WordPress for Web3.0」と呼ばれている。

DIEPは、Octopus Network Appchainパイプラインに入る前、Hillrise Capital、Blockwall Capital、AU21 & GAINS Associates、ShimaCapitalなどから200万ドル以上を調達した

DRIP、Octopus Network AppChain 候補パイプラインに参入

Octopus Networkは、Web3.0投資家およびWeb3.0アプリケーションチーム向けの分散型の両面プラットフォームとして機能する。Octopus Network の Appchain候補者は、登録、監査、投票、ステージング、起動など、候補者キューのステージを通過します。さらに、Octopus Networkトークン所有者は、チェーン上の候補キューで賛成または反対することにより、最適なアプリチェーンプロジェクトを選択する権利があります。

Octopus Networkは、Substrate ベースのアプリケーション固有のブロックチェーン(別名アプリチェーン)をブートストラップして実行するために生まれたまったく新しいマルチチェーンネットワークである。Octopus Network は、柔軟なリースセキュリティ、すぐに使用できる相互運用性、ワンストップインフラストラクチャ、およびすぐに利用できるコミュニティを提供することで、すべての Substrate 開発者と Web3.0 チームがアクセスできる Web3.0 のイノベーションの波を解き放つ。Octopus Network Mainnetは、2021年10月8日金曜日 World Octopus Dayにサービスを開始している。

Octopus Network について

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました