インタビュー

Nym 戦略責任者にインタビュー:インターネットにプライバシーを取り戻すNymの試み

インタビュー

インターネットが人々にとって必須のインフラである一方、プライバシーがしばしば問題視されています。Nym解説記事)は、ブロックチェーンを利用し、人々にプライバシーを確保した通信を取り戻すべく次世代プライバシー通信インフラの構築を行っています。

当メディアでは、Nymの戦略担当を担うCSOのJaya Klara Brekke氏、Head of Growth – AsiaのShane Qiuに、プロジェクトの取組みをインタビューしました。なお、記事内では「Nym」はプロジェクトのことを、「NYMトークン」及び単に「NYM」はトークンのことを指します。

Nymについての予備知識

Nymは、比較的難しいプロジェクトであるため、理解をしやすくするために筆者にて補足します。

Nymは、インターネットの通信にプライバシーを確保するプロジェクトです。アプリケーションは既存の通信経路に「ミックスネット」を挟むことにより、第三者による盗聴を困難にすることができます。以下のように、ミックスネットを経由することで、第三者が通信のメタデータを見ても”それがどこに接続しているか”などをわからなくします。

Nymの簡単な説明

インタビュー:インターネットにプライバシーを取り戻すNymの試み

インターネットにおけるプライバシーの問題

加藤:Nymのコンテンツに焦点を当てる前に、Nymの背景となるインターネットのプライバシー問題について教えてください。現在、インターネットにおけるプライバシー侵害というのはどの程度深刻なのでしょうか。この問題は、一般ユーザーにはなかなか実感できない状況です。何か具体的な例があれば、それを教えてください。

Jaya:インターネットは、プライバシーにとっては悪夢のようなものです。今日、ほとんどのコンテンツが暗号化されてインターネット上を移動しているにもかかわらず、あなたのメタデータは目に見える形で残っています。

メタデータは、あなたがどのデバイスを使っているか、誰と話しているか、どのサイトをどのくらいの時間、どのくらいの頻度で訪れているかなど、人々の行動について多くのことを明らかにします。これらの情報はすべてプロファイリング・アルゴリズムに反映され、広告や不運な場所にいる場合はドローンによる攻撃など、ターゲットとなる社会的カテゴリーに分類されます。

過去10年ほどの間に、一握りのテクノロジー企業やセキュリティ組織、悪意のある人々や組織が、このプライバシーの欠如を利用してきました。人々に何が起きているかを知られないように、できるだけ多くのデータやメタデータを取得し、それを販売したり、アルゴリズムの開発や微調整に利用したりして、人々の同意なしに他人をプロファイリングしたり、ターゲットにしたりしてきたのです。

例えば、Real Time Bidding(リアルタイム入札)と呼ばれる技術は、あなたの行動を、あなたが知らないうちに何百もの他の企業にブロードキャストします。多くの人は、プライバシーについてあまりにも限定的にしか考えておらず、自分や自分の社会的関係についてどれだけの情報が把握されているのか、そしてCOVID-19によって現実世界からインターネットへの交流が増えた今、それがどれだけ悪化しようとしているのかを認識していません。

今こそ、この問題をボトムアップで、ネットワーク層から解決し、プライバシーをWeb3の基礎の一つとし、監視ではなくプライバシーをインターネットのデフォルトとする時なのです!

Nymプロジェクトの概要

加藤:Nymはどのようなプロジェクトなのでしょうか?どのようなアプローチでインターネット上のプライバシーを解決するのでしょうか?また、Nymプロジェクトはどのようなメンバー構成になっているのでしょうか?

Jaya:Nymは、既存のプライバシー技術ではカバーしきれない多くの監視の脅威から保護します。ここでは、そのうちの3つを説明したいと思います。

まず、Nymではメタデータの保護を目的としています。多くの人は、プライバシーというと暗号化を連想します。暗号化はデータを秘密にすることで多くの問題を解決しますが、メタデータはそうではありません。

次に、ネットワーク全体の通信パターンを観察することで匿名を解除できるような、大規模な分析からの保護を目指しています。

最後に、オンラインでのある行動(例えば、あるウェブサイトへの訪問)が、別のウェブサイトへの訪問と結びつかないようにするために、リンク不能性を提供することも目的としています。これにより、ある人物のプロファイルを構築することが非常に困難になります。

Shane:より技術的な説明をしたいと思います。Nymは、インターネットのプライバシーバックボーンです。

Nymミックスネットは、レイヤー0でプライバシーを提供し、レイヤー1(ビットコインやイーサリアムなど)やレイヤー2(ほとんどのDeFiプロジェクトを含む)にある他のブロックチェーンや暗号通貨プロジェクトのメタデータ保護を追加します。

具体的には、Nymは「フルスタック」のプライバシーシステムです。開発者は、既存のアプリケーションをNymシステム上で実行することで、データパケットがネットワークレベルでユーザーのデータやメタデータを保護するNymミックスネットを経由するようになります。

また、アプリケーション層では、Nymの認証情報がリンク不能となり、データやメタデータの漏洩を防ぎます。現在、人々は、単にデジタルサービスを利用したいだけなのに、あまりにも多くの情報を開示しています。

Nymの主なプロダクトは、分散化されたグローバルなミックスネットです。Nymのミックスネットは、3つのレイヤーで構成されたコンピュータの分散型ネットワークです。

通信トラフィックは、SPHINXパケットフォーマットを用いて暗号化され、ミックスネットを通過するすべてのデータがまったく同じに見えるようになっています。その後、ミックスネットの各レイヤーを経由して送信され、ミックスノードがあなたのトラフィックを他の人のトラフィックと混ぜ合わせ、あなたの通信を一意に識別するメタデータ(IPアドレス、タイミング、宛先など)を難読化します。これにより、あなたのメッセージは「群衆の中に紛れ込む」ことになり、メッセージの内容だけでなく、メタデータも保護され、あなたの通信はプライベートなものとなります。

Nymの優位性

加藤:インターネットでプライバシーを確保する方法は、すでにいくつか存在しています。既存の方法では、TorやVPNがあります。それらと比べて、Nymの利点は何でしょうか?

Jaya:現在、ネットワークレベルのプライバシー対策として最も広く使われているのはVPN(仮想プライベートネットワーク)です。しかし、VPNはユーザーの正確なIPアドレスを隠す機能を提供していますが、多くの場合、誤った設定がなされています。さらに重要なことは、VPNプロバイダーは、ユーザーと公開インターネットとの間のすべてのネットワークトラフィックを完全に観察することができるということです。つまり、ユーザーがどのようなサービスにアクセスしているかを正確に把握しているのです!

Torは、この監視問題を解決するために、3つのノードリレーによる「回路」を提供することで、単一ノードのVPNよりも優れたプライバシーを実現しています。また、Torは各ホップ間のトラフィックを暗号化し、最終的なTorノードだけがパッケージを解読できるようにしています。

しかし、Torの匿名性の特性は、ネットワーク全体の「入口」と「出口」のノードを監視できる能力を持つ組織などによって露わになる可能性があります。Torはトラフィックを暗号化するものの、タイミングの難読化を加えたり、おとりのトラフィックを使ってユーザーの匿名性を解除できるようなトラフィックパターンを難読化することはありません。

Torは唯一の比較通用するグローバルのプライバシーシステムです。しかし、ボランティアによって運営されているため、限界があります。それは、グローバルな展開が難しいということです。ボランティアは裕福な欧米諸国に集中する傾向があり、システムのスケールアップは望むことはできません。

私たちNymは、経済的インセンティブによってこの問題を解決し、世界中の人々がインターネット上でプライバシーを確保できるようになると信じています。NYMトークンは、この問題を解決するために重要な役割を果たします。NYMトークンは、システムを運営するノードに報酬を与えることで、グローバルなプライバシーを経済的に持続可能でスケーラブルなものにすることを目的としています。

TorはIPを隠すのには適していますが、誰がいつ誰に話しかけているかなど、他のメタデータが公開される可能性があるため、プライバシー保護には十分ではありません。

つまり、NymとVPNとの違いは、TorのようにNymのミックスネットは複数レイヤーのノードを持ち、VPNのような信頼されたプロバイダーを必要としないことです。さらに重要なのは、Nymが優れたプライバシーを提供することです。Nymの最先端のミックスネットの設計では、Nymのミックスネット全体をパッシブに監視できるシステムに直面しても、ネットワークの匿名性と監視への耐性を保証することができます。

Torとの違いは、Nymミックスネットでは、あなたのトラフィックを他のトラフィックと混合し、おとりのトラフィックとタイミングの難読化を加えることで、ネットワークレベルの強力な匿名性を実現しています。これは、あなたの通信が「群衆の中に紛れ込んで」しまい、追跡不可能になることを意味します。

また、Torのような中央集権的なディレクトリ機関ではなく、Nymはブロックチェーン技術と経済的インセンティブを用いてネットワークを分散化しています。ミックスネットはミックスノードとトークン保有者によって運営されているため、ソフトウェアの更新はコミュニティの採用によって管理されています。

中央集権型vs分散型

加藤:現実的には、通信には高速な回線が必要であり、人々は遅い回線を使いたくありません。私は、Nymのような分散型システムでは、速度が低下するのではないかと懸念しています。例えば、私の環境では、下りの直接接続が400Mbps、中央集権型VPNが230Mbps、分散型VPN (Deeper Network) が20Mbpsでした。仕組み上、同じような現象はNymでも起こり得ることですが、このような問題にどのように対処していますか?また、Nymのノード数をどのように増やしていきますか?

Jaya:良い質問ですね。これは本当に懸念されることです。プライバシーシステムは使い勝手が良くなければなりませんが、そうでなければ利用されません。

現在、私たちはこの問題について、SPHINXのパケットフォーマットの最適化を中心に、先進的な研究開発を行っています。私たちは、強力なプライバシーの確保、効率性、スピードの間のすべてのトレードオフをモデル化しています。

これにより、さまざまなユースケースに最適なレイテンシーを実現するためのUXの研究開発が行われます。例えば、電子メールはトランザクションほど時間に敏感ではありません。ここでの目的は、適切なレベルのプライバシー保護を維持しつつ、各ユースケースのスピードという特定のニーズを確実に満たすことです。実際、私たちのシステムでは、低遅延と高遅延のユースケースを混在させることで、データパケットがミックスネット内を移動する際に監視者がデータパケットを追跡することが困難になるため、システム全体のプライバシー保護に役立つようになります。

ミックスノードの数については、これまでのところ、ミックスノードの数が多すぎると問題が起こることがわかっています。全体としては、ネットワークのニーズを満たすために適切なノード数が必要です。そのため、これらは動的に調整されます。Nymのシステムはパーミッションレスで分散化されており、ノードの数は分散化された経済メカニズムによって決定されます。

具体的には、ミックスネットはエポック(期間)ごとに構成されています。ミックスネットはエポックごとに構成されており、各期間ごとに予備の「アイドルセット」から新しい「アクティブセット」のミックスノードが選択されます。アクティブなノードの数は、需要に左右されます。この需要は、部分的には前のエポックでの需要に基づいて計算され、販売された「帯域幅」の資格情報の量も考慮されます。

次に気になるのは、ミックスノードはどのようにしてアクティブセットの一部として選択されるのかということです。その答えは、ノードに委任されたNYMトークンという形での評判、自分のノードに結合したNYMトークンの量、さらには、敵対者がネットワークを構成するノードを事前に推測できないようにするためのランダム化関数に基づいて選択されます。

NYMトークン

加藤:読者の多くは実際のところ、技術よりもトークンに興味を持っていると思われます。Nymのエコシステムにおいて、NYMトークンはどのような役割があるのでしょうか?また、NYMトークンそのものを保有するメリットはありますか?

Shane:一言で言えば、NYMはネットワークに動力を供給するユーティリティトークンです。NYMトークンは、個人や組織が購入することができ、レイヤー0でNymミックスネットを利用するための「帯域証明書」や、レイヤー1やレイヤー2でプライバシーを保護するサービスに使用できる「サービス証明書」に支払うことができます。

NYMトークンは、Nymエコシステム内のゲートウェイ、ミックスノード、バリデーターに対して、ユーザーのトラフィックをミックスし、プライバシーを提供するという仕事に対して報酬を与えるために使われます。

そして、NYMトークントークンは、NYMネットワークのプライバシー保護サービスへのアクセスを可能にし、3つのユースケースがあります。NYMを使ってミックスネットのプライバシー保護サービスにアクセスする、NYMを使って自分のミックスノードを運営し報酬をて得る、最後にNYMを使って他のミックスノードに委任して報酬を得る、というものです。

NYMがプライバシー・トークンであることを考えると、NYMトークンの需要は、一般的な、そして世界的なプライバシーに対する需要によってもたらされるでしょう。これは、暗号資産市場やトークンの投機をはるかに超えるものです。そしてこれが、私たちが欧州委員会のような機関からの投資にも期待している理由でもあります。また、世界中の主要なプライバシー技術組織とのパートナーシップを検討しています。

強力なプライバシー保護は、個人、組織、機関にとってますます重要になっています。なぜなら、強力なプライバシー保護がなければ、人々や組織は、自分に関するどのようなデータが作成され、それが何に使用されるのかについて、意味のある決定を下すことができないからです。

ですから、プライバシーは間違いなくインターネットの将来にとって基本的なものです。私たちは、Nymシステムが何十億もの人々にサービスを提供できるようになり、その過程でNYMトークンの需要が高まることを期待しています。

主要VCから投資を獲得した背景

加藤:Nymは、a16zやBinance Labsなど、ブロックチェーン業界で有名なVCから投資を獲得しています。彼らはNymにどのような期待を寄せているのでしょうか。

Jaya:私たちが目にしているのは、a16zのように、以前にFacebookのような企業に投資していたVCが、常に次に来るものに目を向けているということです。そして、その次に来るのがプライバシーです。

監視を前提とした “レガシーテック “のビジネスモデルは、社会的に大きなダメージを与えただけでなく、反発も強まっており、これが市場にも影響を与えることは明らかです。だからこそ、彼らがNymに期待するのは、プライバシーが後回しにされるのではなく、インフラ上の事実として存在する未来を実現することに他なりません。そして、NYMトークンの価値が、プライバシーに対する需要と結びついていることを考えると、彼らは経済的な賭けをしていることになります。

今後の意気込み

加藤:今後、Nymプロジェクトでどのようなことをしていきたいですか?今後の意気込みをお聞かせください。

Jaya:今後6ヶ月間の目標は、メインネットとトークンを立ち上げ、その後、主要なパートナーシップ、ウォレットやチャットアプリケーションとの統合に注力し、取引やメッセージがミックスネットを経由して行われるようになることです。

長期的には、プライバシーが強化されたアプリケーションやデジタルサービスのエコシステムを通じて、何百万人、何十億人もの人々がNymミックスネットを利用するようになることを期待しています。

Nymに関する情報

当メディアの記事

公式情報

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました