プレスリリース

頻繁に起きる暗号資産取引所サイバー攻撃、果たして取引所は安全か?

プレスリリース
本記事はプレスリリースです。当メディアは、本文に含まれる資料を支持せず、また責任を負いません。また、プレスリリースに記載されている製品またはサービスに関連する損害についても責任を負いません。読者には、プレスリリースに記載されている会社、製品、またはサービスに十分な注意を払って独自の調査を行うことをお勧めします。

近年、CEX(中央集権型)暗号資産取引所を狙ったサイバー攻撃事件が頻繁に起きている。近年の例を挙げると、2014年、MtGoxハッキング事件の被害総額は4.5億ドル。2018年、BitGrailハッキング事件の被害総額は約1.46億ドル、同年CoinCheckハッキング事件の被害総額は5.34億ドル。2020年、KuCoinハッキング事件の被害総額2.82億ドル。そして、2021年、DEX(分散型金融)として有名なPolyNetworkの被害総額は6.1億ドルに上っている。

ただし、今まで起きた取引所に対するサイバー攻撃事件の背後を調べてみると、基本的にセキュリティ対策に対する「怠慢」が主な原因であった。もちろん、技術的な欠陥も重要な要因でとして挙げられるが、例えばCoinCheck事件は「怠慢」が主要な原因だと思われる。

果たして暗号資産取引所は信用に値するのだろうか?もちろん、それは取引所のセキュリティ対策に対する「認識」、および技術的な実力を見極める必要があるだろう。

セキュリティ対策に対して厳格な体制を整っているAOFEX取引所を今更紹介する必要はないと思うが、多重レイヤーによって構成されている下層レイヤーの構造を見ると、運営側のセキュリティ対策に対する真剣さが伺える。

AOFEXの下層レイヤーは、二重因子アカウント検証システム、クラウドシールド早期警報システム、ゴールド&ホットウォレット分離暗号化、ダブルデータベースクロス検証によって構成されている。それに加え、セキュリティ対策で有名なSlowMistとパートナーシップを組むことによって、AOFEXは「最強バリア」を作り上げている。総じて言うと、AOFEXの金融派生商品は魅力的であるのはさることながら、ユーザーの利益を第一に考えて構築した防御態勢が心に響くのである。

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました