プレスリリース

NFTクリエイティブスタジオのOpenSkyBlueLabは、フェルメール全37点デジタルNFT原 画の発表と、フェルメールメタバースNFT美術館のDEMOを、ブロックチェーンEXPOで公開

プレスリリース

NFTのプロデュースやNFTローンチパッドの運営を行うOpenSkyBlueは、世界で唯一のリ・クリエイトフェルメール37作品のデジタルNFT原画の作成を行い、その価値をブロックチェーンに刻み永続的に残すプロジェクトを始動し、同時にフェルメールメタバース美術館の構想を国内最大級のブロックチェーン展示会である、第3回ブロックチェーンEXPOにて発表します。

リ・クリエイトの価値にのべ60万人が来場!不可能を可能にしたフェルメール全37作品の展覧会。

フェルメール全37作品を一同に展示するという、不可能を可能とした前代未聞の企画展が開催されました。この企画展はリ・クリエイト of フェルメール作品のリ・クリエイト原画37点をフェルメールが書いた原画に変わり展示し、フェルメール37作品全てを時系列で鑑賞できることを可能にしました。

2012年銀座で行われた「光の王国展」では15万人ものフェルメールファンが来場し、その後30回以上の企画展が日本中で開催され、8年間でのべ60万人を動員。今よりも印刷アートが一般的でなかった2012年に、本物でない印刷物であるリ・クリエイト作品がなぜこれほど多くの観客を動員できたのか?それこそリ・クリエイト作品に込められた作品を解釈し再創造する概念があります。

リ・クリエイト of フェルメール、デジタルNFT原画とは

絵画は時間経過と共に劣化し、定期的に修復が行われ、その度に作者が描いた色彩は変化していきます。原画はオリジナルであってもオリジナルの色彩や状態では無いという事になります。

本作品はフェルメールが生涯を過ごしたオランダのデルフト市にある、フェルメール・センターデルフト(*)より提供された高解像度画像データを元に作製され、のべ60万人を動員した企画展作品であるリ・クリエイト of フェルメール「フェルメール光の王国」を元に制作された、世界で唯一のフェルメール全37点のデジタルNFT原画です。

リ・クリエイト of フェルメールはキャンバスに書かれた原画の単なるデジタルコピー(複製)ではなく、300年以上前に作者であるヨハネスフェルメールが書いた瞬間の色彩を、深い知見を元に再創造(リ・クリエイト)された唯一無二の作品です。リ・クリエイト of フェルメールはキャンバスに書かれた原画の単なるデジタルコピー(複製)ではありません。コピーとリ・クリエイトは全くの別物なのです。

リ・クリエイト of フェルメールは300年以上前に作者であるヨハネスフェルメールが書いた瞬間の色彩や光を求めるために、作者の意図やその裏にある思想や哲学そしてストーリーを読み解き、現代の画像解析技術により、描かれた瞬間のフェルメールの色彩を忠実に再創造した、後世にその素晴らしさを伝えるための唯一無二のデジタル原画と言えます。

複製は原画のコピーでしかありませんが、リ・クリエイトは時空を超えて作品が描かれた当時の色彩を甦らせることができるのです。それは、リ・クリエイトという手法が可能とする新しい芸術鑑賞の楽しみ方であり価値の創造です。

*フェルメール・センターデルフトとは:画家のヨハネスフェルメールと、オランダのデルフトにいる彼の同時代の人々の作品に特化した情報センターです。 センターは地元の考古学グループや他の遺産組織と協力して、フェルメールの存続期間中にデルフトに関する情報を広めました。

デジタルNFT原画に独自のタイムリーププロトコルを組み込み、経年変化を表現しNFTオーナーは「時間」をも所有する。

デジタルNFT原画の画像データに経年変化を表現が可能な、自律分散技術の第一人者の1人である工学博士の高橋博士が設計する独自プロトコル(タイムリーププロトコル)を組み込みます。

タイムリーププロトコルはフェルメール作品が書かれた瞬間から現在そして未来の状態までをプログラムにより再現ができ、画像データに時間軸を加えることが可能になります。これにより、デジタルNFT原画のオーナーは、リ・クリエイトのオリジナルデータに加え、300年以上前に描かれたフェルメール作品の時間も所有することができ、タイムリーププロトコルが再現した自分の誕生日や記念日のフェルメール作品を鑑賞することも可能です。

世界初のフェルメール全37作品をメタバース空間で再現するメタバース美術館を開館。

フェルメール光の王国展の世界観をグローバルで体験頂くためにOpenSkyBlueは、仮想現実サービスプラットフォームの世界的リーダーであるHTCと共に、最新のメタバースプラットフォームVIVE Con nectでフェルメールメタバース美術館を開館し、フェルメール全37点のデジタルNFT画像を展示します。

他では決して出会うことが出来ない、フェルメール全37点がメタバース空間で唯一無二のデジタルNFT原画として存在し、世界に文化財価値を共有します。

開館予定日や内容詳細を含むパートナー事業の内容は第3回ブロックチェーンEXPOで発表されると共に、当日はフェルメールNFT美術館のDEMOを公開します。

NFTの未来が体感できる、OpenSkyBlueブースにぜひお越しください。

ブロックチェーンEXPO出展特設サイト:https://opensky.blue/event/blockchainexpo2022s

第3回ブロックチェーンEXPO【春】
日程:5月11日(水)- 5月13日(金)
時間:10時 – 18時(最終日のみ17時まで)
場所:東京ビッグサイト・南展示棟

EXPO内容の確認と無料招待券の取得はこちらから

メタバースパートナー
HTCホームページ:http://www.htc.com/
HTC VIVE Connect:https://connect.vive.com/

■本プレスリリース出稿元
OpenSkyBlue DAO(*) 日本マーケティング担当
UHS株式会社
東京都東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー34F
本出展に関する問い合わせ先:hello@opensky.blue
OpenSkyBlueオフィスHP:https://opensky.blue

* DAOとは:Decentralized Autonimus Organizationの略で、自律的にプロジェクトを推進する分散型の組織を指します。OpenSkyBlueは日本・韓国・香港・アメリカ・ドバイなどから企業や個人が参加して運営される組織です。

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました