取引所暗号資産

【取引所】BingXのメリットと登録方法

取引所

暗号資産業界の中でも特に競争が厳しい取引所分野は、各国の規制によっても淘汰が激しい分野でもあります。BingXは、変わりゆく規制に準拠しつつ直近1年で大幅なサービス改善に取り組んでいます。

BingXの概要

BingXのUI

BingXは、デリバティブを中心とし、現物から幅広い資産をトレードすることができる取引所です。スキルレベルに関係なく、誰もが参加できるオープンなソーシャルトレーディングネットワークの構築を目指しています。

2018年に設立されたBingXは、当初からデリバティブを中心にしながら、直近1年は急速に現物取引の拡充に力を入れています。2022年6月時点で、暗号資産デリバティブの取引ペア数は46。現物のペア数は312となっています。いずれの数も、他の取引所と比べても多く、大抵のアルトコインは取引することができるようになっています。BingXは、現在は200万人のユーザーを有し、特にデリバティブは取引高が世界第7位と、世界トップクラスの流動性を誇っています。また、昨今の規制が厳しい中、BingXは4ヶ国のライセンスを取得し、規制に準拠しながらサービスを展開しています。

BingXの最大の特徴は、中上級者向けの先物取引(契約取引)が充実しているのはもちろん、初心者向けに短期トレードで収益化しやすいサービスを用意している点です。今では増えつつあるコピートレード機能を、2019年から他社より先行して提供し、また最近人気のグリッド取引を取り入れるなど、誰でもトレードに簡単に触れることができるサービスづくりに力を入れています。

BingXで利用できるサービス

暗号資産の購入

暗号資産の購入機能では、BTC, ETH, USDTを複数のサービスプロバイダーから購入することができます。支払手段はサービスプロバイダーごとに異なり、VISAやMastarのようなクレジットカードの他、Apple Payを採用しているプロバイダーも存在しています。

現物取引

BingXでは、USDT建てで現物取引を行うことができます。最近は、話題の暗号資産をすぐに上場させる傾向にあり、現物の充実度は先行している大手取引所にまったく引けを取らない規模になっています。また、流動性の多い現物ではグリッド取引による自動取引を行う事ができます。

先物取引(契約取引)

先物取引は、証拠金にUSDTもしくはUSDTとペアになっている通貨の無期限先物を扱うことができます。他の取引所床となり、暗号資産の他に株式指数や商品、為替を扱うことができます。

コピー注文

コピー注文では、優れたトレーダーをフォローすることにより、トレードが苦手な人でも先物取引やグリッド取引で利益をあげられる機能です。ユーザーは、300を超えるトレーダーの中から、直近30日間の収益率や累積損益などの条件をもとに、自分がフォローしたいトレーダーを見つけることができます。

BingXの特徴

取引商品の種類が多い

BingXでは、暗号資産デリバティブの取引ペア数は46、現物は312となっており、業界でも種類が多い取引所となっています。加えて、以下の株式指数や商品、為替にも対応しているため、従来からのデリバティブを取引したい人にとっては豊富な選択肢を得ることができます。

株式指数:

  • DAX(ドイツ)
  • FTSE 100(イギリス)
  • Hang Seng(香港)
  • Russell 2000(米国)
  • S&P 500(米国)
  • NASDAQ(米国)
  • DOW(米国)
  • Nikkei 225(日本)

商品:

  • 原油

為替:

  • AUD/USD
  • EUR/GBP
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • USD/CAD
  • USD/JPY

短期トレードに簡単に参入できるサービスを用意

多くの人が夢見る「トレードで食べていく」という状態は、人々が想像する以上に困難であり、デイトレーダーの生存率は最終的に5%未満と言われています。生き残るのが難しいトレードの世界において、BingXでは初心者でも短期トレードに参入することができる2つのサービスを用意しています。

グリッドトレード:

グリッドトレードは、特定の価格帯の「下限で買い、上限で売る」を自動的に繰り返す現物のボットトレードです。特に相場全体で最も期間が長い、横ばい相場において力を発揮します。

BingXのグリッドトレードは、BingXが用意したパラメータを利用することができる他、自分でパラメーターを設定することができます。また、後述のコピートレードを利用して、優れたトレーダーのグリッドトレード戦略に「乗っかる」こともできるようになります。

グリッドトレード

グリッドトレード

コピートレード:

コピートレードは、優秀なトレーダーのトレード戦略に「乗っかる」ことができる機能です。

BingXが提供しているコピートレードでは、直近30日間の収益率やフォロワーの数など、様々な条件でトレーダーを検索しフォローすることで、グリッドトレードや無期限契約(無期限先物)で彼らと同じトレードをすることができます。

また、多くのコピートレード対応の取引所と異なり、BingXではトレーダーの投稿を閲覧することができるようになっています。自分がフォローするトレーダーがどのように考えているのかを知ることにより、トレーダーの戦略について理解を深めることができるようになっています。

トレーダーの成績データ

トレーダーの成績データ

トレーダーの投稿

トレーダーの投稿

規制に遵守している

BingXでは、2022年6月時点で4つの地域の規制に準拠しています。

  • 欧州エストニア MTRライセンス(ライセンス確認: 表示する
  • オーストラリア DCEライセンス
  • 米国 MSBライセンス(ライセンス確認: Fincenのページより、BingXと検索)
  • カナダ FINTRACライセンス(ライセンス確認: FINTRACのページより、BingXと検索)

直近において、世界的に暗号資産取引所に関する規制は厳しくなっているため、規制に準拠した取引所は、一定の信頼性の証明であると言えます。

キャンペーンが多い

BingXでは、高頻度でキャンペーンを行っています。少ないときは週1回、多いときは3日に1回程度の割合で新規のキャンペーンが追加されています。キャンペーンは「BingXイベントセンター」のページよりまとめて確認するとができます。

BingXの登録方法

BingXのWebページにアクセスし、ページ右上の「登録」よりメールアドレスもしくは携帯電話番号で登録し「次へ」をタップします。

BingXの登録手順

BingXに関する情報

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました