プレスリリース

PluginとAmbient Weatherのパートナーシップ公式発表、スマートで高信頼性のある気象システムで社会に力を与える

プレスリリース

地球の気候は、過去の自然変動のスピードと比較すると、急速に変化している。そして、気候の変化に伴い、社会の多くの日常業務に支障をきたすような、以前は見られなかった現象があまりにも頻繁に起こるようになってきている。

例えば、1901年から2016年の間に、世界の気温はおよそ1.8°F上昇した。高い気温は、熱波、嵐、洪水、干ばつなど、さまざまな災害を悪化させ、頻発させている。温暖化はまた、より多くの水分を集め、保持し、捨てる大気を作り出し、湿潤地域がより湿潤に、乾燥地域がより乾燥になるように気象パターンを変化させている。干ばつ、洪水、暴風雨の増加は、公衆衛生と安全に関する多くの問題を引き起こしている。

また、天候の予測不可能性の増大は、農業、旅行、教育、スポーツなど、天候に依存した多くの活動にリスクをもたらしている。これらの活動の中には、社会の社会的・経済的福利に関わるものもあり、天候の予測不可能性の増大は、世界の人々にとって大きな課題となっている。

予測不可能な天候は日々の活動に脅威を与えるが、すべてが絶望的というわけではない。スマートな天気予報と分散型データ転送プロトコルを活用したユニークなパートナーシップにより、天候の変化や関連する事象をリアルタイムで指摘できる技術の誕生が可能になった。この技術革新により、関係者は自分たちの活動に影響を与える可能性のある気象パターンを確認することができ、刻々と変化する気候条件と社会の関わり方をさらに改善することができるようになった。

スマート気象管理システムの可能性を引き出すユニークなパートナーシップの重要性を強調するため、最近締結されたPlugin(プラグイン)とAmbient Weather(アンビエント・ウェザー)のパートナーシップとその理由について見てみよう。

Pluginx Ambient Weather Partnership:重要性

日々の活動において正確な天気予報の需要が高まる中、PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、家庭、企業、農場などでのスマートウェザーステーションに関するより多くの選択肢をユーザーに提供するものだ。また、このパートナーシップにより、ネットワークのメンバーはデータプロバイダーとなることができる。

Ambient Weatherは全世界で事業を展開しており、このパートナーシップにより、Ambient Weatherのスマート・ウェザー・ステーションのユーザーは、気象関連データの収集に参加し、その報酬を請求することができる。

注意点:Plugin WFNのユースケースにデータプロバイダーとして参加するためにユーザーが満たすべき基本的な条件は、無停電電源とWi-Fi、およびスマートウェザーステーションを設置できる屋外スペースがあることだ。これらの前提条件により、承認されたアンビエントセンサーを介したシームレスなデータ転送が保証される。

Pluginx Ambient Weather Partnership:参加方法

スマートウェザーシステムに興味があり、Plugin WFNプロジェクトに参加しようとする個人または組織は、まずAmbient Weatherのスマートウェザーシステムを購入する必要がある。スマート天気予報局の購入とインストールが完了したら、ユーザーは自分のデバイスをPluginのポータルに接続する必要がある。登録プロセスでは、新しいデバイスを登録するための「applicationkey」と「apikey」を生成する。

デバイスの適切なAPIキーを作成したら、ユーザーは自分のセンサーがambientweather.netのポータルにデータを送信しているかどうかを確認する必要がある。その後、ユーザーは自分のデバイスのアプリケーションキー、apikey、緯度、経度、国、州、市、郵便番号、ウォレットアドレスをPluginのポータルに送信する必要がある。データが満足のいくものであれば、チームPluginはユーザーのノードを承認する。

承認されると、ユーザーはPlugin WFNのデータプロバイダとして登録するために1000PLIと5000XDCをステークする必要がある。ステークに成功すると、ユーザーは自分のノードに承認されたWFNデバイスIDを受け取り、ユーザーのセンサーがPlugin WFNのプロジェクトのために気象関連データを収集することができるようになる。その後、ユーザーは気象関連データを提供するための報酬を請求することができる。

興味のあるユーザーは、ここで詳細なステップバイステップのプロセスをご参考まで。

Plugin x Ambient Weather Partnership:利点

気象予報データの利便性が向上

れまでの気象情報システムは、分散したレーダーや衛星システムによるデータ収集に頼っていた。このようなデータは有用ではあるが、一般的なものであるため、利用範囲が限定された。特に、正確でリアルタイムな情報を得ることができないため、企業にとって有益な情報とはなりえなかった。

一方、分散型レーダーシステムによる一般的な天気予報は、比較的高価で分かりにくく、多くのエンドユーザーにとってアクセスしにくい生データを生成する。生データは、空港、政府機関、学術機関などの気象観測所に格納されることが多い。また、米国海洋大気庁(NOAA)、米国航空宇宙局(NASA)、世界気象機関などの中央機関が管理するエンドポイント経由で一般に公開されることもある。多くの場合、リリースされたデータセットはリアルタイムではないし、一般のエンドユーザーのためのデータを消化するために専門家の支援を必要とする、複雑な場合がある。

しかし、PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、これらの問題を解決できる。Ambient Weatherのスマート・ソリューションによって実現した分散型天気予報センサーによって、Pluginは非常に粒度の細かいデータを収集し、暗号化された上でPLIのブロックチェーンにアップロードされる。このパートナーシップにより、データの利用者は、データにタグ付けされた座標を確認することで、データの出所を確認することができる。

さらに、分散型でありながら信頼性の高い天気予報データを収集することで、気候データの正確性、アクセス性、使い勝手が向上する。また、気候データのコストも下げることができる。その結果、高精度で検証可能な気候データの使いやすさとアクセスのしやすさは、これまでデータを取得し適切な判断を下すことができなかったエンドユーザーに自律性を与える。また、データへのアクセスが容易になることで、気候データの多様性を活用した様々なユースケースの可能性が広がる。ユニークな例としては、農作物保険や物流などが挙げられる。

気候変動による影響をグローバルに軽減

PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、気候関連の影響を軽減する大きな可能性を秘めた利益とシナジーを引き出しす。粒度の細かいデータと出所の改善により、このパートナーシップは農業、疾病管理、保全、人道的・軍事的活動、気候関連の課題の軽減における効率性を引き出す鍵となる。

例えば、農業では、パートナーシップによって実現した粒度の高いデータは、農業生産システムを圧迫している問題の軽減に役立つ。注目すべきは、2050年までに農業セクターが約98億人の人々を養わなければならないという予測だ。人口の増加に伴い、さまざまな環境への悪影響が生じ、これまで大切にされてきた耕作地の生産性に大きな負担がかかるようになる。これらの負担は、異常気象や地球温暖化の影響の増大が予測されることから、さらに増大することが予想される。

しかし、PluginとAmbient Weatherの提携により、高精度できめ細かいデータから食糧生産システムの恩恵を受けることができるようになった。

例えば、農家や食品提供者は、正確でリアルタイムの気候データから利益を得ることができます。特に、気象パターンに関する粒度の高いデータを持つことで、食品生産者は生産サイクルの前後で正確な判断を下すことができる。気候変動により、農家や育種家がより速く、より革新的に変化に対応することが求められる中、データ駆動型の天気予報の分散化(Pluginと Ambient Weatherパートナーシップのよう)により、ダイナミックな生産環境における予測や品種選択を向上させることができる。品種選択の改善は、生産性の向上につながる。

一方、アンビエントのディープLセンサーで収集した分散型データは、気候変動に関する人道的・国家的安全保障上の問題を改善できる可能性がある。自然災害がより壊滅的なものになり、多くの人々が避難する中、各国の国家安全保障機関は、気候変動による悪影響への対応を最適化するため、革新的で高精度なデータに頼らざるを得なくなっている。

例えば、南アジアで最近発生した黙示録的な洪水では、Pluginが収集した非常に粒度の細かいデータが、主要なステークホルダーが災害への準備と対応を改善するのに役立つ。特に、リアルタイムで利用可能な高精度のデータは、自然災害の前、中、後に、安全保障機関が最も必要な場所に資源(食糧供給、人員、設備)を配分することを可能にすることができる。計画の改善により、災害時に人命を守り、重要な資源の誤用を防ぐことができる。

センシング・アズ・ア・サービス(SEaaS)モデルの育成

今日、大規模なセンサーのネットワークが使用されている。そして、これらのノードによって収集されたデータには、世界中に多くの可能性がある。大気の変化を追跡する気象台であれ、出荷追跡装置であれ、SEaasモデルは受動的な収入源を生み出すだけでなく、必要な企業に資源を提供する可能性を持っている。

このような背景から、PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、ブロックチェーンとAmbient Weatherの革新的な気象ソリューションで利用できるリモートセンサーを活用し、SEaaSの分野を開拓するものだ。このパートナーシップを通じ、Ambient Weatherのネットワーク内のユーザーは、パートナーシップを活用し、何らかの利益を得ることができる。一方、提供されるインセンティブとデータの収集・送信の直感的な方法により、PluginとAmbient Weatherのセットアップを通じて収集したデータの正確性と検証可能性が保証される。

このパートナーシップは、天気予報データに関連するシナジーを引き出す一方で、ブロックチェーンベースのインテリジェントコントラクトと分散型データノードを採用したソリューションの可能性をも浮き彫りにしている。また、中央集権的な組織がデータの正確性をチェックし、再確認することなくデータの検証可能性を確保することで、ブロックチェーンと分散型データプロバイダーが実現できる可能性を浮き彫りにしている。

活気あるSEaas空間は、最終的に新しい経済を開放し、組織、政府、社会への利益を向上させることにつながるだろう。

まとめ

気候パターンがますます変化し、予測不可能になるにつれ、より多くの産業がこれまで経験したことのない課題に直面している。中には、社会的に重要な役割を担っている産業もあり、気候変動の影響を軽減することは最重要課題となっている。気候変動とその影響に対する解決策は数多く存在するが、分散型テックは、持続可能な結果をもたらす上で、リーダー的な位置を占めている。

このような観点から、PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、正確で検証可能、かつ非常に粒度の細かい気候データを保証している。このデータはリアルタイムで利用でき、農業、疾病管理、人道的取り組み、自然保護などの重要な活動を導くための重要な洞察を提供する。革新的な気象データシステムは、天候に左右される様々な産業において、様々な機会を与えてくれる。

PluginとAmbient Weatherのパートナーシップは、正確で検証可能な気象データを通じ、今日の社会に大きな力を与えてくれるだろう。

公式アカウント

A). Plugin(プラグイン)

B). Ambient Weather(アンビエント・ウェザー)

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました