プロジェクト解説

DApps

歩いて稼ぐ「Step App (FITFI)」の解説

STEPNがきっかけとなった「Move to Earn」。今やその類型アプリが多数登場しており、新たな市場獲得を目指しています。Step Appは、歩いて稼ぐというコンセプトはSTEPNと同じであるものの、よりオープンなポジショニングを目指...
2022.05.12
Layer1

ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys (OAS)」の解説

Oasysの概要 Oasysは、ゲームに特化したパブリックブロックチェーンです。ユーザーは煩わしいGASを支払うことなく快適にゲームをプレイすることができ、開発者は今までのEVMチェーンのアプリケーションのノウハウを使ってゲームを...
2022.05.03
ステーブルコイン

NEAR上のネイティブステーブルコイン「USN」の解説

Terraの$USTを中心に、チェーン標準のステーブルコインが大きな流れとなっています。NEARでは、Decentral Bankと呼ばれるDAOのプロジェクトが主導のもと、ステーブルコインの$USNが発行されています。 USNの概要 ...
DApps

歩いて稼ぐ「Sweatcoin」の解説

STEPNから巻き起こった「Move to Earn」は、現在様々な分野に波及し、同種のアプリが多数登場しています。その中でも「Sweatcoin」は、元からあるサービスにトークン機能を組み込み、さらなるサービス強化を目指しています。 S...
2022.04.23
DApps

分散型eメール「Dmail」の解説

インターネットにおけるコミュニケーション手段として、eメールはもはや当たり前のものになっています。eメールそのものは、もはや枯れた技術で、ここ10年でほとんど進化していません。そのようなeメールを、Dmailではブロックチェーン技術を使って...
Layer2・サイドチェーン

CardanoのEVM互換サイドチェーン「Milkomeda C1」の解説

Milkomedaの概要 Milkomeda(ミルコメダ)は、Cardano, Solana, Algorandの非EVMチェーンに対するEVM互換のサイドチェーンです。2022年4月、Milkomedaは最初のサイドチェーンとして、Ca...
Layer2・サイドチェーン

EVMの利用方法を拡張するLayer3チェーン「Orbs」の解説

様々なEthereum仮想マシン(EVM)の互換チェーンが登場し、今やその数は優に50を超えています。Orbsは、EVMを利用するという性格を持ちつつも、それらのチェーンとは違う角度でアプローチをするLayer3としての立ち位置を担います。...
2022.04.07
Layer1

モノのインターネット (IoT) 向けプラットフォーム「IoTeX」の解説

1969年にコンピュータ4台の相互接続から始まったインターネットは、今や最も重要な情報伝達手段になり、51億5170万人が利用するネットワークに成長しています(Internet World Statsより)。そして、これからインターネットに...
DApps

「好きを価値に変える」ファッション・エンターテイメント・メタバース BLOCWARS

メタバース元年と言われる2022年、既に様々なメタバースプロジェクトが登場し、独自の世界観を持つメタバース空間が誕生しています。その中でもBLOCWARSは、SFのテイストを基調とし細部まで作り込まれた世界を、自身のアバターで楽しむことがで...
Layer1

シャーディングを実装したLayer1ブロックチェーン「NEAR」の解説

NEARの概要 NEARとは、シャーディングを用いてスケーリングを行うことができるLayer1ブロックチェーンです。ネイティブトークンは $NEAR で、以下2つの用途があります。 トランザクションの処理(GAS代)とデータスト...
タイトルとURLをコピーしました