プロジェクト解説

Layer1

Umee(UMEE)の解説

Umeeの概要 Umeeは、クロスチェーンDeFiハブを実装するプロジェクトです。初期の実装では、ブロックチェーンをまたいだ資産の貸し借りができるレンディングを利用することができます。 Umeeのサービスは、Umee独自のブロックチ...
DApps

オンチェーンにプライバシーをもたらすプロトコル「Railgun」の解説

ブロックチェーンの良さは透明性と言われている一方、それは利用者のプライバシーがないという裏返しにもなります。特に、入送金時に自分のウォレットアドレスを晒すことはリスクであり、相手に自分の残高を容易に知られてしまいます。最悪の場合、それは強盗...
DApps

リアルとバーチャルをつなぐWinkyのメタバース「Winkyverse」の解説

より自由な仮想空間であるメタバースは、ここ最近のブームになっています。そして、ほとんどのことが仮想空間で完結することから、仮想通貨との相性の良さが注目されています。Winkyverseは、これまで培った製品にメタバースの要素を加え、より未来...
Layer1

Aleph Zero(AZERO)の解説

ブロックチェーンの領域でも、まだ本格的に始まったばかりなのがプライバシー領域です。この分野はMoneroやZcashが有名であるものの、送金のみの用途に限られていました。一方で、スマートコントラクトまで有効になってるチェーンは、Secret...
DApps

DAOのための定期払いDApps「Superfluid」の解説

DAOが広がる中、貢献者への給与支払いのソリューションが登場しつつあります。その中でもSuperfluidは、カスタムマネー作成できるDAppsでステーブルコインDAIを運営するMakerDAO Growthが採用した実績を持ちます。 ...
DApps

Shade Protocol(SHADE)の解説

Shade Protocol(SHADE)の概要 Shade Protocolは、Secret Network上に構築されたDeFiプロダクト群です。匿名ステーブルコイン「Silk(SILK)」、分散型資産管理DAO「Synthesis」...
プロジェクト解説

実用的なミームコイン Floki inu(FLOKI)の解説

昨今、様々なミームコインが登場しています。ドージコイン(DOGE)やShiba Token(SHIB)に代表とされるように、そのほとんどは何かしらの動物がモチーフとなり、とりわけ犬は最も人気な動物となっています。今回は、実用的な柴犬のミーム...
Layer2・サイドチェーン

Biconomy(BICO)の概要と解説

Biconomyの概要 様々なブロックチェーンが登場している中、時価総額上位のブロックチェーンでも未だに解決できていないのがUI/UXの問題です。ユーザーは、何をするにしてもGASを用意する必要性に迫られ、チェーンの存在を強く意識せずには...
DApps

DeFiプロジェクトに信頼を与える EverRise(RISE)の解説

DeFiは、プロジェクトとスマートコントラクトが信用できることを前提としてコミュニティからの信頼を確保します。しかし、これらを確立するには様々な障壁があります。EverRiseは、プロジェクトがDeFiの運営においてコミュニティの信頼を確保...
DApps

オンチェーン履歴書を目指す RabbitHole の解説

ブロックチェーン上で動くアプリケーションのことを一般的にDAppsと呼び、RabbitHoleでは、DAppsの教育コンテンツを通して、持続可能なブロックチェーンプロジェクトの成長を目指しています。今回は、オンチェーンタスク型教育DApps...
タイトルとURLをコピーしました