プロジェクト解説

DApps

ゲームとAIのための分散型GPUネットワーク「Aethir(ATH)」の解説

Aethir(ATH)の概要 Aethir(エーサー)は、ユーザーが簡単で柔軟、かつ低価格でGPUパワーを調達することができるDePINプロジェクトです。GPU所有者は、Aethirのネットワークに接続して、余剰GPUパワーを提供することに...
Layer2・サイドチェーン

CyberConnectによるレイヤー2「Cyber L2(CYBER)」の解説

Cyber L2(CYBER)の概要 Cyber L2(サイバー・エル2)は、Web3ベースのオープンなソーシャルグラフを実現するCyberConnect(サイバーコネクト)によるEthereumのレイヤー2です。 プロジェクトは、Web3...
Layer1

ホームステーキングを実現するレイヤー1「Over Protocol(OVER)」の解説

Over Protocol(OVER)の概要 Over Protocol(オーバープロトコル)は、自宅のPCでProof of Stake(PoS)によるバリデーター運用を簡単に行うことができる「ホームステーキング」を実現するEVM互換のレ...
Layer1

資産の価値保存と転送に特化したチェーン「CROSSVALUE Chain」の解説

CROSSVALUE Chain(XCR)の概要 CROSSVALUE Chain(クロスバリューチェーン)は、実物資産(RWA)のトークン化を踏まえ、資産の価値保存と転送に特化した、オンチェーンストレージが搭載されたEVM互換のレイヤー1...
Layer1

オーダーブックDEXへの流動性供給プロトコル「Elixir(ELX)」の解説

Elixir(ELX)の概要 Elixir(エリクサー)は、誰でも任意のオーダーブックDEXのマーケットメイカーになれるプロトコルです。 取引所の流動性を確保することは、取引所やプロジェクトにとって大きな負担になっています。最小限の流動性を...
Layer1

オラクル専用チェーン「Pyth Network(PYTH)」の解説

Pyth Network(PYTH)の概要 Pyth Network(ピスネットワーク)は、セキュリティとデータの正確性、スケーラビリティに主眼をおいたオラクル専用のブロックチェーンです。 ブロックチェーンを活用するためには、ブロックチェー...
DApps

スクレイピングの分散型ネットワークWynd Networkによる「Grass」の解説

Wynd NetworkとGrassの概要 Wynd Network(ウィンドネットワーク)は、個人がWebスクレイピングの帯域を提供して収益を上げられるようにするためのDePINプロジェクトで、ユースケースとしてGrass(グラス)を開発...
Layer1

分散型ゼロ知識証明ネットワーク「Succinct Network」の解説

Succinct Networkの概要 Succinct Network(サクスィンクトネットワーク)は、ゼロ知識証明のための分散型証明ネットワークです。 アプリケーションを利用する上で、その信頼性を確実なものにするためには計算結果を証明可...
Layer2・サイドチェーン

SolanaVMのEthereumレイヤー2「Eclipse」の解説

Eclipseの概要 Eclipse(エクリプス)は、SolanaVM(SVM)を実行することができるEthereum上のレイヤー2です。Eclipse上では、ガスとして独自トークンはなく$ETHを利用します。 Eclipseは、後発のレイ...
DApps

トークンパッケージのNFTによるローンチパッド「Coresky」の解説

Coreskyの概要 Coresky(コアスカイ)は、一般に販売されていないトークンへの投資にアクセスすることができるローンチパッドです。 Web3のパイが拡大するにつれて、高品質なプロジェクトの数も増えました。しかし、それらの投資へのアク...