スポンサーリンク

いまさら聞けないビットコイン半減期の基礎知識

コイン別

ブロックチェーンや仮想通貨業界にとって一大イベントの「ビットコインの半減期」は、直近において2020年5月12日を予定しています。この記事では、あまり仮想通貨に馴染みがない人向けにビットコイン半減期についての基礎についてご紹介します。

この記事は、半減期についての内容が簡潔にまとまっていた、ビットコインカジノWinBTC.netの「Bitcoin Halving: Definitive Guide(ビットコイン半減期のガイド決定版)」の和訳になります。翻訳文には、原文の誤りの訂正や意訳が含まれています。

ビットコイン半減期の説明

ビットコインの半減期は、単に「半減期」と呼ばれることが多く、事前に決められたブロックチェーンアルゴリズムを使用して、マイナーに提供される報酬コインの削減を定式化したものです。

ビットコインの半減期は、およそ4年に1回、21万ブロックが生成されるごとに行われます。

ビットコインの半減期のプロセスは、ビットコインが発明されてから約4年後の2012年、つまり2008年に開始されました。しかし、実際にビットコインが登場したのは2009年でした。

最初のビットコイン半減期の後、1ブロック生成あたり50 BTCのブロック報酬は、1ブロックあたり25 BTCに削減されました。その後、この報酬はさらに12.5 BTCに削減され、2020年の半減期後は6.25 BTCに削減されることになります。

半減期の主な目的は、ビットコインの発明者であるサトシ・ナカモト氏の考えによると、ビットコインの発行枚数は2100万枚に制限されているため、コインの希少性を生み出し、インフレを抑制することにあるとされています。

2100万枚のビットコインの産出には32回の半減期が必要ですが、既に2回の半減期が終了しており、2140年にすべてが完了する見込みになっています。

ビットコイン半減期への疑問と答え

なぜビットコインの半減期が実施されるのか?

ビットコインの半減は仮想通貨の世界で最も有名な概念の一つであり、これはトランザクションやブロックごとのビットコインの産出数が少なくなることにつながります。

ビットコインの発明者であるサトシ・ナカモトは、ビットコインがこれまでで最も希少で貴重なデジタル通貨や暗号通貨になることを望んでおり、その産出を2100万枚のコインに制限していました。

ビットコインの産出は、2100万枚に制限されています。ビットコインの半減期では、1ブロックあたりのビットコインの産出量を50%削減していきます。半減期は、21万ブロック生成される(≒4年)たびに実施されます。

ビットコインの半減期はどのように実行されるのか?

ビットコインの半減期は、事前に決められたビットコインのアルゴリズムに基づいて実行されます。このアルゴリズムによると、ブロックあたりのビットコインの産出量は21万ブロックごとに50%に減少することになっています。

半減期は、生成したブロック数が21万に達するとすぐに行われ、これには約4年かかります。

次のビットコイン半減はいつなのか?

次のビットコインの半減期は2020年になります。これまで2回の半減期があったので、次の半減期はブロック高が63万に達した2020年5月のどこかで行われる見込みです。

さらに次のビットコインの半減期は2024年になり、ブロック高が84万に達したときに行われます。2024年の半減期では、ブロック報酬が3.125BTCになります。

次のビットコイン半減期

以前のビットコインの半減期では何が起こったのか?

1回目のビットコイン半減期:2012年11月28日

ビットコインのブロック報酬が、1ブロックあたり50ビットコインから25ビットコインに削減されました。1回目のビットコインの半減期は、生成されたロックが21万ブロックに達したときに行われました。

2回目のビットコイン半減期:2016年7月9日

ビットコインのブロック報酬が、1ブロックあたり25ビットコインから12.5ビットコインに削減されました。2回目のビットコインの半減期は、生成されたロックが21万ブロックに達したときに行われました。

以前のビットコイン半減期

ビットコインの半減期はBTC価格に影響があるのか?

半減期そのものはビットコインの価格にプラスの影響を示さないかもしれませんが、私たちは過去のビットコインの半減期の前後の価格の変化を観察することによって、これを知ることができます。

半減期はビットコインの需要の増加に寄与する側面があります。人々は半分になることによる産出量が減少することに、注目してビットコインを購入するようになります。

ビットコイン半減期後の価格を予測すると、需要が増加するか、供給?需要ルールに従って同じままである場合、ビットコイン価格は上昇する可能性があります。

ビットコインのマイナーはビットコイン半減期の影響をどのように受けるのか?

マイナーやトレーダーは、半減期の影響を強く受けています。 1 BTCをマイニングするには、コンピューターで計算を実行するために多くのエネルギーが必要になります。使用または機器や消費される電力に応じて、コストは約3000ドルから6000ドルがかかると見込まれています。

市場では競争が激しく、ビットコインのブロック報酬が減れば、一般的またはナイーブなマイナーは、今後利益を上げることができなくなるため、マイニングから撤退してしまうかもしれません。2020年の半減後のブロック報酬は6.25コインと、大きく減ってしまうため、すでにマイニングを停止しているマイナーはたくさん存在しています。

2100万 BTC がすべて採掘されると、マイナーはブロック報酬を受け取ることができなくなります。 代わりに、安全なネットワークを提供するために、ユーザーにトランザクション料金を請求し始めることになります。

ビットコインの半減期は全部で何回発生するのか?

サトシ・ナカモトが発明したビットコインのアルゴリズムによると、ビットコインの半減期は32回のみになります。既に2回の半減期を経験しているので、これから30回の半減期が発生することになります。

半減は期2140年まで続き、その頃にはすべてのビットコインのビットコインの産出は終了することになります。

2100万 BTC が採掘されたときに何が起こるのか?

2100万 BTCが産出した後、ビットコインはハードキャップされ、すなわちビットコインの産出は凍結されます。

今後新しいビットコインが市場に流入することがなくなるため、既存のコインが市場を巡るようになる可能性があります。

ビットコインの半減期に関するFAQ

Q : ビットコインのフォークとビットコインの半減は似ているものなのか?

A : いいえ、ビットコインのフォークとビットコイン半減は期同じではありません。フォークはビットコインコミュニティ内のグループが、ソフトウェアの性能をアップグレードすることを決定したときに発生しますが、半減期はコミュニティのメンバーの関与と関係なしに起こります。

Q : ビットコインの半減期のブロック高はどのくらいか?

A : ビットコイン半減期では、ブロック高が21万に達したときになります。

Q : すべての2100万BTCがマイニングされるのはいつか?

A:Satoshiアルゴリズムによると、すべてのビットコインは2140年までにマイニングされます。しかし、ビットコインの98%以上は2030年までにマイニングされます。

Q:ビットコインの半減期は必要なのか?

A : はい、ビットコインの半減期は供給をコントロールする唯一の方法です。これにより、コインのインフレを防ぐことができます。

Q:2100万枚のコインが採掘された後、ビットコインのマイナーはどのように利益を得るのか?

A : ブロック報酬付与が終了した場合、ブロックネットワークを確保するための取引手数料を徴収することで、採掘者は収入を得ることになります。

Q:ブロック生成時間の目安は?

A : ブロック生成時間の目安は10分です。

Q : ビットコインがハードキャップされるのはいつか?

A : ビットコインは2100万枚のコインを生産した後にハードキャップされます。

Q:2100万枚のビットコインは全部採掘されるのか?

A : ブロックチェーンの公式によると、ビットコインのカウントは20,999,999.9796コインにしか到達しないので、ビットコインのカウントは正確な2100万コインに達することはありません。

Q : 2024年のいつビットコインは半減期を迎えるのか?

A : 2024年の半減期はブロックサイズが84万に達するとすぐに行われます。ブロックの生成次第では、2023年に行われるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました