コイン別

コイン別

いまさら聞けないビットコイン半減期の基礎知識

ブロックチェーンや仮想通貨業界にとって一大イベントの「ビットコインの半減期」は、直近において2020年5月12日を予定しています。この記事では、あまり仮想通貨に馴染みがない人向けにビットコイン半減期についての基礎についてご紹介します。 ...
2020.05.29
コイン別

香港ドル連動のVKHDとは?その特徴

最近は様々なステーブルコインが登場していますが、そのほとんどは米ドルを担保にしたものになります。 そうなると、他の通貨のステーブルコインが無いのか?と気になって来るところですが、きちんとあります!今回はVKHDを紹介します。 ...
コイン別

JPモルガンが開発した JPM Coin とは?その特徴

米国の大手銀行、JPモルガン・チェースが開発した「JPM Coin」が、リップルの置き換えになるのではと話題になりました。企業や金融機関などが使うことから、リップルの競合と見られる場合もあるJPM Coinは、どのようなものなのかを見ていき...
コイン別

Celer Networkとは?その特徴

会議室のホワイトボードにセーラームーンが描かれたCeler Networkが、Binance Launchpadを使ってIEOをすることが話題になっています。 はたしてどのようなプロジェクトなのでしょうか、詳しく見ていきましょう。 ...
コイン別

IOST初の米ドル連動のステーブルコインiUSDとは?その特徴

メインネットが稼働開始したばかりのIOSTが、iUSDと呼ばれる米ドル連動型のステーブルコインを発行します。 IOSTは、世間的にはあまり認知がされていないため、まずはIOSTの紹介をしてからiUSDについて解説していきます。 ...
2020.05.25
コイン別

米ドル連動のステーブルコインTrueUSD(TUSD)とは?その特徴

2018年後半から本格的にステーブルコインの発行が始まり、今やUSDに連動したスターブルコインの数はかつての倍以上に増えました。その中でも、TrueUSD(TUSD)は早い時期から存在していたステーブルコインです。 Binanceを始...
コイン別

pEOS:EOSプラットフォームの匿名通貨

日本では、マネーロンダリングの懸念から匿名通貨が上場廃止になりましたが、実は世界の流れと逆行しています。世界では、プライバシー保護の観点から、匿名通貨の需要が増しており、TRONが匿名トランザクションを実装しようとする動きも出ています。 ...
2020.05.25
コイン別

DXCASH を送金できるようにするための設定ガイド(MyEtherWallet / MyCrypto)

NASDAQが技術提供をしている暗号資産取引所「DX.Exchange」の取引所トークンDXCASHが投資家に配布されました。 ICOに参加して、トークンの扱い方に迷っている方も多いと思われるため、送金できるようになるまでの設定方法を...
2020.05.25
コイン別

USDと連動するステーブルコインの PAX とは?その特徴を紹介

現在最も使われているテーブルコインといえばTether社が発行しているUSDTですが、現在その信用を急速に失いつつあります。 それとは逆に、USDと価値が連動する他のステーブルコインが勢力を伸ばしつつあります。今回はその1つのPAXO...
コイン別

CryptoHarbor(CHE)の動向まとめ (2018年12月版)

当ブログでは国産仮想通貨の動向を定期的に追っていますが、その中で筆者がひそかに気になっているのがCryptoHarbor Projectです。その理由は、地味ながらも着々とプロジェクトが前進しているからです。 なお、前回の動向を見たい...
タイトルとURLをコピーしました