スポンサーリンク
コイン別

Filecoinについて知っておくべき5つのこと

Filecoin_IPFS Cloud コイン別

TwitterやLINEグループでは、特にFilecoinについての話題を見かけることが増えてきました。特定の業者が、電話でFilecoinのマイニング勧誘を行ったり、情報商材が好きな層がFilecoinのマイニング商材をしきりに広めていたりしようとするため、怪しく思う人は少なくないことでしょう。

この記事では、Filecoinについてこれを押さえておけばOKというポイントをお伝えしていきます。

まず、最低限押さえていただきたいのは「Filecoinとは、IPFSと暗号資産が組み合わせられたプロジェクトである」という点です。以降は、それをさらに詳しく解説していきます。

Filecoinについて知っておきたいこと5つ

1.Filecoinは極めて真っ当なプロジェクトである

まず誤解を解きましょう。Filecoin自体は極めて真っ当なプロジェクトです。

Filecoinは、2017年にトークンセールを行いました。トークンセールの参加者は適格機関投資家で構成され、米国の投資契約の累計に従ったSAFT(Simple Agreement for Future Tokens)にもとづいて資金調達が行われました。2億5700万米ドル(約282億円)が集まり、著名なベンチャーキャピタルであるセコイア・キャピタルやアンドリーセン・ホロウィッツなどが参加しています。

ブロックチェーンプロジェクトにおいては、このような著名なベンチャーキャピタルが参加することはまずないため、Filecoinの真正性についてまったく気にする必要がないといえます。

問題なのは、単にFilecoinに関連した派生案件であり、あなたが投資を検討している場合、その案件の妥当性を見極める必要があるということです。

2.IPFS=Filecoin ではない

よくFilecoinはIPFSのプロジェクトだと言われますが、IPFSはFilecoinだけのものではありません。

IPFSは、InterPlanetary File Systemの略で、データの保存先が分散していても、結果的に正しいデータを取り出すことができるというデータの分散保存技術です。

ジグソーパズルを例にすると、IPFSではそれがバラバラのピースになってあちこちに複製されて保存されます。最終的に、ジグソーパズルが必要になったときに、再びパズルの完成形で取り出すことができます。これまでのデータ保管方法では、ジグソーパズルの完成形をそのまま保存するので、IPFSのデータ保存方法はこれまでと根本的に異なっているということです。

Filecoinは、IPFSの仕組みを一般開放して分散ネットワークを形成するときに、それを持続可能になるように暗号資産FILのインセンティブモデルを入れたものになります。より専門的に表現すると、IPFSの報酬レイヤーがFilecoinになります。

悪意のある商材業者は、FilecoinをNetflixやFacebookなどのテックジャイアントが採用していると宣伝をしますが、それは誤っています。採用しているのは、あくまでもFilecoinではなくIPFSです。

実際に、Filecoinの公式ドキュメント「IPFS and Filecoin」には「ユーザーはFilecoinとIPFSを一緒に使用する必要はありませんが、2つを組み合わせると、現在のWeb 2.0インフラストラクチャの重大な障害が解決されます。」とあり、IPFSを利用するにはFilecoinが必須ではないことが書かれています。

逆に、テックジャイアントがFilecoinを採用するのは今のところ合理性がありません。なぜならば予算を決めてシステムを運用する企業が、価格変動が激しいFILを確保するリスクや手間の方が大きいからです。また、カストディ規制にも影響され、業務が煩雑になります。

3.ローンチ時からマイニングのハードルが非常に高い

Filecoinでは、データを提供するノードとデータを検索するノードに対して、暗号資産のFILを提供する仕組みになっています。これらのノードを提供する人たちのことをマイナーと表現します。

マイナーという単語で最も有名なのはビットコインです。ビットコインは、ASICと呼ばれるプロセッサの機能を大量消費するため、大きな電力を消費します。一方で、Filecoinは多くのストレージ(多くの場合ハードディスク)と、通信回線の帯域を消費します。

データ保管の分散化を謳っているFilecoinですが、現実的にローンチ時からFILのマイニングには非常に高いハードルが課されています。

Filecoinのブログ「A Guide to Filecoin Storage Mining」には、FILをマイングするためのハードウェア要件が記載されています。ほとんどの項目で具体的な推奨値がないものの、現時点のハードウェアの要件は以下のようになっています。

ハードウェア 要件
CPU SHA拡張機能を備えた最新のAMDプロセッサ
GPU NVIDIA製チップを搭載した強力なGPU
RAM 128GB以上
ストレージ 100 TB以上の提供が必要
ネットワーク 10 Gigabit Ethernet

パソコンに多少詳しい人であればひと目で分かる通り、これを家庭で実現するのは非常に高いハードルなのがお分かりいただけると思います。また、インターネット回線が常時大量の通信を行うため、家庭でこの条件を満たす環境を構築すると通信過多でISPから回線を停止されるリスクがあり、現実的でありません。

このようなシステムはエンタープライズ向けのサーバーのグレードになり、1台100万円以上のコストがかかります。加えて、常時稼働が必要なことから、データセンターかそれに類する高速回線が必要な環境に設置する必要があります。

4.暗号通貨FILの価格は最初から期待できるものではない

Filecoinでは、利用者が暗号通貨のFILを利用することで、Filecoinの分散型ネットワークでデータの出し入れをすることができます。また、Filecoinのマイナーは、FILをデポジットすることでマイニングに参加することができます。

そのため、初期におけるFILの需要はマイナーに限定されることになります。なぜなら利用者はFilecoinを利用するのが面倒くさいからです。これは、利用者の視点に立ってみれば自ずと見えてきます。

個人の利用者の場合、Filecoinの競合は既存のクラウドストレージ(DropboxやiCloudなど)になります。既存のクラウドストレージでは、一定容量までが無料で提供されるのが普通で、動画や写真を大量保存しなければ、無料分でだいたい事足りてしまいます。

Filecoinの利用は、FILを支払うことが前提にになるため、すべてが有料であるといえます。個人であれば、大多数が多少の個人情報を犠牲にしてでも無料サービスを使いたいと思うため、個人の純粋なデータ保存のための需要は望めない可能性が高いです。

また企業では、何らかのサービスを利用するために必ず予算をとります。しかし、FILは価格変動をするため、企業は当初想定していた容量を使えなくなる可能性があります。この問題に対しては、FILの先物でヘッジするような方法が考えられますが、手間が増えるのは望ましくありません。

上記より、Filecoinのメインネット立ち上げ時に、FILの実需による価格上昇を望むのは現実的ではありません。しかしながら、中央集権サービスに依存したくないDAppsとの相性は良いため、DAppsで生成されたデータの保存先にFilecoinが選ばれ、普及していくという未来は十分にありえることです。少なくとも、初期のFILの実需は限定的だということです。

5.マイニングによるFILの供給量が最も多い

しかし、FILを本格的な普及前に多く手に入れたいと思う方は一定数いることでしょう。

Filecoinでは、合計20億FILが発行されます。トークンセールで販売された2億FILが初期に発行され、残り18億FILが16年の歳月をかけて発行されていきます。

18億FILの発行は、以下のようになります。最も比率が多いのが、マイナーへの割当分になります。

FIL Coin Supply

FILの供給スケジュール

また、ある程度の初期投資家の売り圧を把握するために、参考までに初期投資化への配分スケジュールも記載します。トークンセールの割引率により、ロックアップ期間が半年から3年になります。

FIL初期投資化への配布スケジュール

FIL初期投資化への配布スケジュール

上記より、Filecoinマイニングがビットコインほど激化しない場合、少資本で最も多くのFILを得られる可能性があるのがマイニングになります。

しかし、ビットコインと同様に、ストレージ容量の拡張戦争になるため、当初望んでいたマイニングパフォーマンスが出ない可能性がある点にも注意が必要です。

Filecoinの低価格クラウドマイニング

Filecoinのマイニングに興味がない人は、特にこの記事を見る必要はありません。

筆者の取引先より、Filecoinのクラウドマイニング「IPFSクラウドコンピューティング」の400日サブスクリプションのオファーを頂戴しました。

IPFS Cloudでは、1TB/400日のサブスクリプションが328 USDTでの提供となります。1年に換算すると300 USDT分に相当するため、他社から先発でリリースされているクラウドマイニングと比べても30-45%ほど安い価格となります。

さらにIPFS Cloudでは、多段階の招待制度が用意されています。招待制度の詳しくは、IPFS Cloud宣伝招待制度をご覧ください。

マイニングプラン

いずれもストレージ容量に比例する価格設定でプランが用意されています。

  • マイニング単価:300 USDT/TB/年
  • 提供容量:1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 512 TB
  • 契約期間:400日間
  • サブスクリプション価格:328 USDTより
  • 管理費用:15%
  • 想定マイニング数量:73-182.5 FIL/年(テスト環境における)

保守的に損益分岐点を計算すると、1年後に 1 FIL あたり 4.73 USDTを上回っているとプラスになります。

2020年7月29日現在、Filecoinはメインネットがリリースされておらず、先物取引のみが行われています。先物取引の価格は、以下を参考にしてください。

現在の価格がそのまま推移すると、投資は大幅にプラスとなりますが、実際のマイニング数量は、他のマイナーの参入状況により上下し、FILの価格が最終的に実需に収束していくので、ご注意ください。

マイニング登録まで

IPFS Cloudのアプリケーションをダウンロードします。

スマホアプリダウンロード

まずIPFS Cloudのスマホアプリをダウンロードします。

ユーザー登録

IPFS Cloudのアプリを起動し、「アカウント」→「ログイン」→「新規登録」とタップし、すべての項目を入力して、「新規登録」をタップします。

  • ニックネーム入力:好きなニックネームを入力します。
  • メールアドレス入力:IPFS Cloudのログインで使用するメールアドレスを入力します。
  • 認証コード入力:メールアドレスを入力した後に「コード送信」をタップし、到着したメールに書いてある6桁の数字を入力します。
  • パスワードを入力:パスワードを入力します。
  • パスワード再入力:上記と同じ内容を入力します。
  • 招待コード:招待コードを入力します。「4FA2031A」を入力します。

IPFS Cloud のユーザー登録

USDTの入金

USDT(ERC20のみ対応)を入金します。最低328 USDTを入金します。

IPFS Cloud の入金

サブスクリプションを購入

最後に、購入するサブスクリプションを1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 512 TBの容量から選択します。支払いパスワードが求められる場合は、画面の指示に従って設定します。

「ノードを選択」では、自分の購入したマイニングマシンのホスティング先を選択します。マイニングコインは、FIL3を選択します。

IPFS Cloud のサブスクリプション購入1

あとは、選択内容が正しいか確認して、支払いパスワードを入力すれば完了です。

IPFS Cloud のサブスクリプション購入2

タイトルとURLをコピーしました