DAppsプロジェクト解説暗号資産

「好きを価値に変える」ファッション・エンターテイメント・メタバース BLOCWARS

DApps

メタバース元年と言われる2022年、既に様々なメタバースプロジェクトが登場し、独自の世界観を持つメタバース空間が誕生しています。その中でもBLOCWARSは、SFのテイストを基調とし細部まで作り込まれた世界を、自身のアバターで楽しむことができるメタバースプロジェクトです。

BLOCWARSの世界観

情報が氾濫するブロックチェーンの世界 Blocverse(ブロックバース)。プレイヤーをはじめとするメタヒューマンたちは、この世界で生活しています。ところがある日、ハードフォークウィルスが現れて Blocverse の世界を攻撃しました。メタヒューマンたちは感染し、記憶を失い、凶暴な獣に変わってしまいました。そこで、Blocverseの自治委員会は、ウィルスや感染者と戦うために戦士を募集しはじめます。

ウィルスと戦士の名前は Onimaru(オニマル)。Onimaruは、2081年にブロックエラで誕生しました。その名前の通り、鬼のような見た目で凶暴そうに見えますが、正義の心を持つメタヒューマンです。

BLOCWARSのプレイヤーは、自身のアバターやOminaruを通じて、Blocverseの空間でファッションやエンターテイメント、プレイヤー同士との交流を楽しむことができるようになっています。

BLOCWARSの世界でできること

For プレイヤー

プレイヤーは、自分のアバターを使ってBlockverseの空間で過ごします。エンターテイメントやファッション、Eコマースやソーシャルネットワークの要素をベースに、自らの空間をデコレーションすることができます。エンターテイメントでは、友達と一緒にミュージックフェスティバルに参加したり、ショッピングモールを楽しんだりすることができます。

さらに、Blocverseの中で楽しむだけではなく、プレイヤーは稼ぐこともできます。これをBLOCWARSではSocialFi(ソーシャルファイ)と呼び、稼ぎ方のスタイルを「Swag to Earn」と呼んでいます。

Swag to Earnでは、アバターの服やアクセサリー、装備品などをカスタマイズすることで、シャイニングポイントを貯めることができます。カスタマイズを通して、他のプレイヤーからフォローされたりいいねを付けられたり、他のプレイヤーに影響を与えることでポイントが貯まっていきます。最終的に、ポイントは$IPTKトークンに引き換えることができるようになっています。$IPTK は、アバターやアクセリー、土地などのNFT購入や、Blocverseで開催されるイベントへの支払いで利用することができます。

また、Onimaru をカプセルに収容して、Onimaru NFTをステーキングすると、装備やアイテムのNFTを獲得でき、さらにOnimaruの能力を高めることもできます。

For 企業

企業は、ファッション好きのためのエンターテイメントの世界を Blocverse で展開することができます。コードの知識がなくても、オリジナルのブランド空間を作り、プレイヤーに没入感のあるバーチャルストアを提供することができます。

さらに、バーチャルの世界に限らず、NFTや物理空間、従来のインターネットと組み合わせることによって、今までであれば不可能だったマーケティングを実現することができるようになります。

BLOCWARSのNFT

Blocverseの世界では、あらゆる資産がNFTとして扱われます。NFTは、BLOCWARSのマーケットプレイスBinance NFTマーケットプレイスで売買することができます。

Onimaru

Blocverseを救うための戦士Onimaruは、NFTとして扱われます。また、Onimaru はプレイヤーのアバターとして利用することもできます。Onimaru NFTには、N, R, SR, SSR, URと呼ばれるレア度が設定されています。URが最もレア度が高く、レア度が高いほど Onimaru が強くなります。Onimaruが強いと、NFTをステーキングしたときにさらに効果的にNFTを獲得することができるようになります。Onimaru NFTの入手方法は複数あり、ミステリーボックスの購入やLoot所有者による発行があります。

土地

Blocverseには様々な土地があり、これらもNFTとして扱われます。土地は、空に浮かぶ島と地上の2種類で構成されています。空に浮かぶ島は、Blocverseの商業エリアになります。様々なエンターテイメント施設が集中し、プレイヤーが遊びに出かける場所になっています。地上は、プレイヤーが住む場所になります。家に友人を招いたり、集めたNFTを自慢するためのショーケースを展示することができます。

汎用アバター

アバターは、Blocverseの世界におけるプレイヤーのアイデンティティになります。プレイヤーは、服装やアクセサリーなどを変更することによって、Blocverseで唯一無二の自分のアバターを作り出すことができるようになっています。

Onimaruと東京ガールズコレクションのコラボレーション

ファッションNFTのキャラクターでもあるOnimaruは、東京ガールズコレクション(TGC)とコラボレーション企画に登場します。TGCは、2005年に始まった年2回のファッションフェスタで、日本のリアルファッションなど多彩なコンテンツを紹介するためのイベントです。第34回TGCは、2022年3月21日に開催されます。

そして、TGCは新たな試みとして、2021年よりバーチャル空間のイベント「バーチャルTGC」を開催するようになりました。バーチャルTGCは、現実世界と様々な社会体験を融合させた、ファッションイベントになります。

2022年3月のバーチャルTGCでは、TGCの装飾を身にまとったOnimaruがランウェイを歩きます!さらに、バーチャルTGCとのコラボレーションを記念して、コラボモデルのOminaruが3月14日から20日の期間にBinance NFTで発売されます。この特別なNFTには、5デザイン x 5レア度 があり、1体あたり168 BUSDで、合計 2,500 個が販売されます。

Onimaru のNFT

BLOCKWARSでは、何バージョンかのNFTが発売されています。第1弾となる「Onimaru Bad Kid」コレクションでは、Onimaruの日常にファッションのテイストを加えた、13デザイン x 5レア度の Onimaru が公開されました。また、同時にBinance Editionも公開されました。

そして第2弾「Onimaru MetaHuman」は、2022年3月10日に公開されました。Bad Kidと同様のデザイン数とレア度が用意され、Onimaruがガイドとしてメタバースの旅に連れて行ってくれます。そして、MetaHumanでは、今まで以上に有利なステーキングを行うことができるようになっています。また、レア度がSR以上のNFT所有者は、土地NFTのエアドロップを獲得することができます。

Onimaru Bad Kid / MetaHuman のNFTは、合計で 9,999 個がリリースされ、個数限定になっています。

BLOCWARSの今後の展開

BLOCWARSは、2021年10月18日に公式ローンチされてから、Onimaru NFTのBad KidやMetaHumanをリリースし、NFTのステーキング機能を提供してきました。

2022年3月時点、BLOCWARSは、直近でCEXやIDOを利用したトークンセールを実施し、開発中のNFTスタンダードプロトコルであるLinkGateをローンチ、そしてNFTマーケットプレイスを提供していきます。2022年内には、BLOCWARSの世界観に必要な要素が出揃い、プレイヤーはBlocverse空間で自由に遊ぶことができるようになります。

2022年Q2:

  • Onimaruの素材グッズ発売記念オフライン記者発表会
  • ファッションメタバースのBlocverse開設
  • Swag to Earnの公開

2022年Q3:

  • ゲームプラットフォーム「War of Cure」ベータ版をリリース
  • BLOCWARSのソーシャルエンターテインメント化を推進

2022年Q4:

  • BLOCWARSモバイルアプリのリリース
  • マルチチェーン対応
  • ゲームプラットフォームで数十種類のゲームが利用可能

BLOCWARSに関する情報

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました