DApps

DApps

Stader(SD)の解説

Stader(SD)の解説 Staderは、シビルコントロールメカニズムにProof of Stake(以下、Pos)を採用するブロックチェーンのステーキングを柔軟にするためのプロジェクトです。 PoSブロックチェーンにおいて、St...
DApps

三国志が舞台の Play-to-Earnゲーム「Fantasy of Three Kingdoms」の解説

Axie Inifnityから発したPlay2Earn (遊んで稼ぐ)は、わずか半年で暗号資産ユーザーをとりこにし、地域によってはそれを仕事にする人まで現れています。そして、昔からゲームで人気が高い題材の1つである「三国志」が、Play2E...
DApps

ウォール街へのアンチテーゼから生まれた「WallStreetBets DApp」の解説

2021年1月、株式市場ではインターネット上のコミュニティ「WallStreetBets」を震源地としたムーブメントが話題になりました。これは、ウォール街へのアンチテーゼとなり、その流れを引き継ぐように「WallStreetBets DAp...
DApps

クリスティーズ出身者のNFTプロジェクト「The Meta Art Club」がNFTセールを実施中

クリスティーズ出身者のNFTプロジェクト「The Meta Art Club」がプロジェクトローンチを記念し、NFTの発行(ミント)キャンペーンを実施しています。 The Meta Art Club 概要 The Meta Art Cl...
DApps

pStake(PSTAKE)の概要

pStakeの解説 pStakeは、ステーキングした資産の流動性を確保する、Ethereumにおける「リキッドステーキング」のプロトコルです。 通常、Proof of Stake(PoS)のブロックチェーンの資産をステーキン...
DApps

Cardanoエコシステムにおける利回り最適化プラットフォーム「Genius Yield」の解説

2017年9月にメインネットが指導したCardanoブロックチェーンは、学術的なアプローチを重ね、2021年9月のAlonzoアップデートを経てスマートコントラクト機能を追加しました。これは、CardanoでDeFiも扱えるようになったこと...
DApps

オンチェーンにプライバシーをもたらすプロトコル「Railgun」の解説

ブロックチェーンの良さは透明性と言われている一方、それは利用者のプライバシーがないという裏返しにもなります。特に、入送金時に自分のウォレットアドレスを晒すことはリスクであり、相手に自分の残高を容易に知られてしまいます。最悪の場合、それは強盗...
DApps

リアルとバーチャルをつなぐWinkyのメタバース「Winkyverse」の解説

より自由な仮想空間であるメタバースは、ここ最近のブームになっています。そして、ほとんどのことが仮想空間で完結することから、仮想通貨との相性の良さが注目されています。Winkyverseは、これまで培った製品にメタバースの要素を加え、より未来...
DApps

DAOのための定期払いDApps「Superfluid」の解説

DAOが広がる中、貢献者への給与支払いのソリューションが登場しつつあります。その中でもSuperfluidは、カスタムマネー作成できるDAppsでステーブルコインDAIを運営するMakerDAO Growthが採用した実績を持ちます。 ...
DApps

Shade Protocol(SHADE)の解説

Shade Protocol(SHADE)の概要 Shade Protocolは、Secret Network上に構築されたDeFiプロダクト群です。匿名ステーブルコイン「Silk(SILK)」、分散型資産管理DAO「Synthesis」...
タイトルとURLをコピーしました