PR

「ICO CROWD JAPAN 第10号」に寄稿しました

投稿日:2019/1/7 月曜日 更新日:

ブロックチェーン専門誌「ICO CROWD JAPAN 第10号」のクールジャパンプロジェクト特集に寄稿しました。

クールジャパンプロジェクトは、日本発のブロックチェーンプロジェクトに特化した特集になります。

特集ではCROSS ExchangeAISについて取り上げました。

いずれも巷で話題の仮想通貨取引所になりますが、取引所の大量オープン時代に独自の差別化をできているものばかりになります。

<CROSS Exchange>

CROSS Exchangeは、アゼルバイジャン第1号の仮想通貨取引所で、既に稼働しています。

今まで主流だったユーティリティトークンはもちろんのこと、金融資産や有価証券をトークン化したアセットバック(セキュリティ)トークンも扱うことができます。

優れた取引マイニングの仕組みを取り入れ、利用者に対して高い投資パフォーマンスを提供します。

<AIS>

AISは、モンゴルの仮想通貨取引所になります。

現地の金融機関と提携し、仮想通貨取引の枠を超えたサービスを利用者に提供します。具体的には、定期預金やデビッドカードによる決済、有価証券売買などが含まれます。

また、仮想通貨取引所では初のダブルマイニング(仮想通貨のマイニング+鉱物資源のマイニング)を提供します。

 

ICO CROWDは、イギリス発祥のブロックチェーン業界の濃ゆい内容を取り上げている専門誌です。

あまり書店に置かれていないため、入手するには出版元のサイトAmazonを使うと便利です。特に出版元のサイトから年間購読すると、17%オフとお得になりますので、この機会に是非お読みになってみてください。

ICO CROWD 第10号 暗号通貨(仮想通貨)情報マガジン

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、ブロックチェーン専門誌「月刊仮想通貨」「CRYPTO CROWD」の執筆陣。ブロックチェーンプロジェクトでは、QURASのコミュニティマネージャー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやイベントのレポートをお伝えしています。 ブロックチェーンの素晴らしさを世に広げたい!!

ハイライト

1

2019年10月06日追記:最新データを反映させました IMO Exchangeという取引所が立ち上がり、IEOに変わる ...

2

暗号資産取引所は、既に世界の数十年分の需要を取り込みそうなレベルの数が存在していますが、FXのようなレバレッジ取引はまだ ...

3

ここ最近は、ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にIEOがありますが、一般に知られていないところで多くの問題を抱えてい ...

-PR
-

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2019 All Rights Reserved.