DAppsプロジェクト解説暗号資産

リアルとバーチャルをつなぐWinkyのメタバース「Winkyverse」の解説

DApps

より自由な仮想空間であるメタバースは、ここ最近のブームになっています。そして、ほとんどのことが仮想空間で完結することから、仮想通貨との相性の良さが注目されています。Winkyverseは、これまで培った製品にメタバースの要素を加え、より未来的なコンテンツを目指しています。

Winkyverse の概要

Winkyverseは、フランスのMainbot社が展開するメタバースプロジェクトです。

Mainbot社は2017年に創業し、子どもたちとその家族が未来に向けてサポートをすることを目標に、Winky(ウィンキー)と呼ばれる教育用ロボットの開発と販売を行っています。Winkyは、2019年からフランスを中心に販売され、人々はWinkyを通じてロボット工学やプログラミング、人工知能について学ぶことができます。また、高い価格帯の製品ながらも人気が高く、2019年にクラウドファンディングサイトIndigogoやUluleの先行販売には、合計2,741人が参加しました。

Winky

Winky

同社が新たに展開するWinkyverseプロジェクトは、世界初の「グローバル教育ゲームメタバース」で、Winkyの流れをさらに強化したものになります。同社は、ブロックチェーンと仮想通貨、NFT、そしてメタバースがこれから日常になると考えおり、ユーザーはWinkyverseを通じてこれらの新しい技術を学ぶことができるようになります。

Winkyverseプロジェクトが従来のWinkyと異なるのは、ユーザー対象がより広くなったことです。ユーザーは、Winkyverseと呼ばれる3Dのオープンワールド上で交流し、ゲームをプレイ、学ぶだけではなく、さらに収益化をすることができるようになります。収益化できるコンテンツは、自らが作ったゲームやNFTなど多岐にわたります。そして、それらを補助するためのツールとして、知識無しでゲームや3Dキャラクターを作ることができるWinkyplayとWinkymakerが提供されます。

プロジェクトは、ブロックチェーン業界の著名人が投資家やアドバイザーとして名を連ねています。Sandboxの共同創業者Sébastien Borget氏や、UltraのCEO Nicolas Gilot氏、Coinhouse(フランス大手の取引所)らから200万ユーロ(約26,190万円)資金調達を実施しており、既存事業を含めてビジネス内容が評価されています。

Winkyverseの3つのプロダクト

Winkyverseでは、3D空間のWinkyverseを中心に、それを支えるためのゲームプラットフォームWinkyplay、3DモデリングのWinkymakerが提供されます。

オープン3Dワールド:Winkyverse

Winkyverse

Winkyverseは、世界中の家族からプロまでもが学び、創造し、遊んでつながるためのオープン3Dワールドのメタバースです。プレイヤーは、独自のゲームや作品を通して、Winkies($WNK)トークンを使って収益化することができます。

Winkyverseでは、これまでのWinkyと比べて、ユーザー層が初心者から上級者まで幅広くなります。ユーザーは、自らが開発者になることができ、拡張現実(AR)やボード、レース、教育などのゲームを3Dオープンワールドに展開することができます。もちろん、自らがプレイヤーとして遊ぶこともできます。これらのコンテンツは、後述するツール群を通してユーザー自らが作り手に回ることができます。

ゲームプラットフォーム:Winkyplay

Winkyplay

Winkyplayは、家族やプロがWinkyとWinkyverse用に独自のゲームを作成することができます。ユーザーは、Winkyを交えたARゲームを制作し、Winkyverseの3Dワールドで遊ぶゲームを作ることができます。

Winkyplayでは、ゲーム開発現場でよく知られているUnity 3Dゲームエンジンが使用され、専用の編集インターフェイスを使ってコーディング知識を必要とせずゲームを開発することができます。

また、Winkyplayには著名なゲーム・コンテンツ開発者によって開発された何百ものゲームが集められています。そのため、自分がゲームを作らない側だったとしても、Winkyplayの恩恵を受けることができます。

3Dモデリングプラットフォーム:Winkymaker

Winkymaker

Winkymakerは、独自のカスタムメイドのWinkyアクセサリを作ることができる、直感的な3Dモデリングプラットフォームです。ユーザーは、パーツをドラッグ&ドロップをするだけで簡単にWinkyのアクセサリを作成することができます。

出来上がったアクセサリには、様々な活用方法があります。WinkyverseやWinkyplayで使用することができるようになるのはもちろんのこと、NFT化してOpenSeaなどのマーケットプレイスで販売することもできます。さらに、作成されたアクセサリが3Dプリントにより製造され、実物を受取ることができます。これにより、自分だけのWinkyを現実世界でも手にすることができるようになります。

WinkyverseのNFT

WinkyverseのNFT

Winkyverseでは、プロジェクトがオリジナルのNFTを販売しています。

販売されているNFTの数は12,111にものぼり、最初の12,000のNFTはコンピュータによって自動的に生成され、残りの111は世界中のアーティストとのパートナーシップにより1つずつ生成されます。コンピュータによって生成されたNFTは、10の特性と236以上の組み合わせ可能な属性からAIによってランダムに生成され、それらのNFTが被ることはありません。

NFTは、既にOpenSeaで販売されており、徐々に追加されていきます。NFTを1つでも保有していると、以下のような特典を受けることができます。

  • Winkies($WNK)のエアドロップを受けられる
  • ETHガチャやNFTのプレゼントを受けられる
  • VIPグループへの招待
  • Winkyロボットのカスタム版を3Dプリントして受取ることができる(一部NFTのみ)
  • 所有するNFTの商業権利
  • 景品の獲得
  • 保有しているNFTのキャラクターがアニメに登場!

OpenSeaのWinkyverse NFT

Winkyverseでは、NFTに登場したWinkyやWinkymakerで作られた人気のNFT作品がWinkyveseのアニメに登場します。アニメは最初にフランスで公開される予定で、その後はケーブルテレビやBS/CS、Netflixなどのビデオオンデマンドを予定しています。

Winkies($WNKトークン)

Winkyverseの世界では、Winkiesと呼ばれるトークンを利用します。

Winkies($WNK)の用途

Winkyverseの世界では、$WNKを様々な用途に使用します。

  • Winkyverseへの入場料(1度限り)
  • ゲーム内購入、アバター入手やカスタマイズへの支払い
  • プレミアゲームの購入
  • Winkyplayのプレミアムサブスクリプションで、新しいゲームへの早期アクセス
  • Winkyロボットを50%オフで購入
  • ゲーム開発者やアクセサリをデザインしたアーティストへの報酬
  • Winkyplayへの広告掲載
  • Winkyverseへのガバナンス参加

プレイヤーは$WNKを購入して入手できる他、ゲームやアクセサリーの販売を通しても入手することができます。これらは、資金力がありクリエイティブなスキルがある人向けですが、そうではない人に向けても$WNKを入手する方法が用意されています。例えば、ゲームで良い成績を収めて稼いだり、プラットフォーム改善に協力したりすることによっても$WNKを入手することができます。

$WNKのトークノミクス

Winkies($WNK)の基本情報

  • トークン名:Winkies
  • トークンシンボル:WNK
  • トークン規格:ERC20 on Ethereum(BEP20 on BSCにブリッジ可能)
  • 最大供給量:7,500,000,000 WNK
  • トークンの割当:
    • 32.0%:クラウドセール
    • 14.0%:PR&マーケティング
    • 10.0%:プライベートセール
    • 10.0%:チーム
    • 10.0%:ゲームエディタ&パートナーシップ
    • 9.0%:予備
    • 5.0%:流動性供給用
    • 4.0%:アドバイザー
    • 4.0%:エアドロップ&バウンティ
    • 2.0%:Winky財団

Winkies($WNK)のトークンセール

Winkies($WNK)は、2021年11月12日時点でトークンセールを行っています。セールは3つのラウンドに分けられ、ラウンドごとに単価と最小購入額が異なっています。

ラウンド 期間 単価 最小購入可能額 セール数量
Round 1 10/25 – 11/07 0.006 EUR/WNK 2,500 EUR 600,000,000 WNK
Round 2 11/08 – 11/21 0.008 EUR/WNK 1,000 EUR 800,000,000 WNK
Round 3 11/22 – 12/05 0.010 EUR/WNK 200 EUR 1,000,000,000 WNK

購入に使用できる通貨は、ユーロ、ドル、BTC, ETH, USDC, USDT, BUSD, BNBになり、Winkyverseのパブリックセールのページより購入することができます。

Winkyverseに関する情報

 

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました