Layer1

Layer1

アプリ開発者がEVMを拡張可能な「Artela(ART)」の解説

Artela(ART)の概要 Artela(アルテラ)は、Ethereum仮想マシン(EVM)への互換性を持ちつつ、アプリケーション開発者がベースレイヤーを拡張可能することができるEVM++を搭載したレイヤー1のブロックチェーンです。拡張機...
Layer1

あらゆるVMロジックを実行可能なゲーム向けチェーン「Tabi Chain(TABI)」の解説

Tabi Chain(TABI)の概要 Tabi Chainは、高速な取引を実現し、かつあらゆる仮想マシンに向けて開発されたロジックを実行可能な、ゲーム用のレイヤー1ブロックチェーンです。 現在、レイヤー1/2の数はすでに数百に上り、その多...
Layer1

ホームステーキングを実現するレイヤー1「Over Protocol(OVER)」の解説

Over Protocol(OVER)の概要 Over Protocol(オーバープロトコル)は、自宅のPCでProof of Stake(PoS)によるバリデーター運用を簡単に行うことができる「ホームステーキング」を実現するEVM互換のレ...
Layer1

資産の価値保存と転送に特化したチェーン「CROSSVALUE Chain」の解説

CROSSVALUE Chain(XCR)の概要 CROSSVALUE Chain(クロスバリューチェーン)は、実物資産(RWA)のトークン化を踏まえ、資産の価値保存と転送に特化した、オンチェーンストレージが搭載されたEVM互換のレイヤー1...
Layer1

オーダーブックDEXへの流動性供給プロトコル「Elixir(ELX)」の解説

Elixir(ELX)の概要 Elixir(エリクサー)は、誰でも任意のオーダーブックDEXのマーケットメイカーになれるプロトコルです。 取引所の流動性を確保することは、取引所やプロジェクトにとって大きな負担になっています。最小限の流動性を...
Layer1

オラクル専用チェーン「Pyth Network(PYTH)」の解説

Pyth Network(PYTH)の概要 Pyth Network(ピスネットワーク)は、セキュリティとデータの正確性、スケーラビリティに主眼をおいたオラクル専用のブロックチェーンです。 ブロックチェーンを活用するためには、ブロックチェー...
Layer1

分散型ゼロ知識証明ネットワーク「Succinct Network」の解説

Succinct Networkの概要 Succinct Network(サクスィンクトネットワーク)は、ゼロ知識証明のための分散型証明ネットワークです。 アプリケーションを利用する上で、その信頼性を確実なものにするためには計算結果を証明可...
Layer1

流動性でセキュリティを確保する「Berachain(BERA)」の解説

Berachain(BERA)の概要 Berachain(ベラチェーン )は、流動性の証明を意味するProof of Liquidity(以下、PoL)に基づいたEVM等価のブロックチェーンです。 Brachainは、Etmereumのスマ...
Layer1

独自チェーンの自動プロビジョニングプラットフォーム「Saga(SAGA)」の解説

Saga(SAGA)の概要 Saga(サーガ)は、自己主権的な独自ブロックチェーンをプロビジョニングすることができるレイヤー1ネットワークです。 Web3においてアプリケーションが優れたパフォーマンスを発揮し、ユーザーに快適な体験を提供する...
Layer1

柔軟なロールアップを作れるプラットフォーム「AltLayer(ALT)」の解説

AltLayer(ALT)の解説 AltLayerは、アプリケーション開発者が自身のニーズに合わせた拡張性が高い実行レイヤーを立ち上げるためのロールアップを立ち上げるためのプラットフォームです。モジュール構造を採用することにより、開発者は自...