Layer1

Layer1

Iron Fish(IRON)の解説

Iron Fish(IRON)の概要 Iron Fishは、すべての暗号資産のユニバーサルプライバシーレイヤーを目指す、レイヤー1のブロックチェーンです。暗号資産のシンボルは $IRON になります。 「鉄の魚」を意味するIron ...
Layer1

Osmosis(OSMO)の解説

Osmosisの概要 Osmosisは、CosmosエコシステムにおけるAMMハブです。Cosmos SDKにより構築され、OsmosisがLayer1ブロックチェーンそのものであると共に、AMM*1の役割を果たしています。そのた...
2022.01.09
Layer1

Secret Network(SCRT)の解説

ブロックチェーンの良さは一般的に透明性と言われている一方で、透明性はしばしばブロックチェーンにおける実用的なユースケースへの応用を厄介なものにします。例えば、企業間の決済をUSDベースのステーブルコインで行う場合、自分たちの取引を第三者に見...
2022.01.14
Layer1

Agoric(BLD)の解説

Agoricの概要 Agoricは、JavaScriptでDAppsの開発を行うことができるLayer1のパブリックブロックチェーンです。 現状のブロックチェーン業界は、そもそもDAppsを開発することができる開発者がほとん...
2021.12.27
Layer1

VeChain(VET / VTHO)の解説

現在、様々なLayer1ブロックチェーンが登場しています。しかし、その上に展開されるアプリケーションの多くは大衆向けであり、いかに性能が優れていたとしても、それが必ずしもエンタープライズ用途に合うとは限りません。企業、とりわけ規模が大きいエ...
Layer1

Umee(UMEE)の解説

Umeeの概要 Umeeは、クロスチェーンDeFiハブを実装するプロジェクトです。初期の実装では、ブロックチェーンをまたいだ資産の貸し借りができるレンディングを利用することができます。 Umeeのサービスは、Umee独自のブロックチ...
Layer1

Aleph Zero(AZERO)の解説

ブロックチェーンの領域でも、まだ本格的に始まったばかりなのがプライバシー領域です。この分野はMoneroやZcashが有名であるものの、送金のみの用途に限られていました。一方で、スマートコントラクトまで有効になってるチェーンは、Secret...
2022.04.22
Layer1

BHEX取引所の独自チェーン Bluehelix (HBC) の概要と解説

Binance Smart Chain, Huobi Eco Chainをはじめとして、最近は数多くの取引所系チェーンが乱立していますが、それぞれのチェーン上で扱われている資産は、基本的に何かしらのブリッジを通してチェーンをまたぎ、流通して...
2021.08.26
Layer1

より安全でスケーラブルなDeFiを実現するDLT「Radix」の解説

世の中には数多くの1stレイヤーの分散型台帳技術が存在しており、様々なユースケースを適用できるようにスケーラビリティを重視し、ユースケースを作る開発者に魅力的に思ってもらえる工夫を行っています。Radixは、いままで露わになってきたDeFi...
タイトルとURLをコピーしました