Layer1暗号資産

Everscale(EVER)の解説

Layer1

Everscale(EVER)の概要

Everscaleは、高速かつ安全でスケーラブルなLayer1ブロックチェーンとネットワークプロジェクトです。チェーン全体で、毎秒100万のトランザクションを処理することでき、ユーザーおよびサービスプロバイダーに使いやすくなるように設計されています。暗号資産として、$EVERが発行されています。

Everscaleの特徴的なものの1つに、その歴史が挙げられます。2018年、Telegramメッセンジャーで知られているTelegram社は、Layer1ブロックチェーンであるTelegram Open Network(以下、TONと表記)のICOを行いました。TONの調達規模は、EOSに次ぐ歴代2位であり、約17億ドルにのぼります。その後、Telegramは、違法証券を販売していたという理由で米国SECとの裁判に突入します。最終的に、2020年5月12日、TelegramはTONのプロジェクトを終了しました。しかし、それまでに開発してきた技術が途絶えたわけではありませんでした。当時、TONのソースコードがオープンソースで公開されたため、TONを気に入ったコミュニティがブロックチェーンの開発を続け、同月7日にFree TONをローンチしました。Free TONは、2021年11月にEverscaleにリブランドされました。

Everscale のブランド変遷

TONから派生したブロックチェーンプロジェクトは、Everscaleの他に、The Open Network($TONCOIN)とTON Community Blockchain($TON)が存在しています。前者は、TONからのコンセプトを忠実に守る立ち位置で開発を継続しており、後者は既に開発が停止しています。Everscaleは、TON派生のブロックチェーンプロジェクトとしては最も開発が活発であり、TONからの技術資産を継承しつつも、ブロックチェーンに対して独自の改良を加えながら開発を進めています。

また、Everscaleの活動形態の特徴的な点として、「ガバナンス」と呼ばれるプロジェクト公認DAOの存在が挙げられます。各ガバナンスは、Everscaleの「分散化宣言」に基づいて活動しています。通常、Layer1ブロックチェーンのプロジェクトは、中央集権的な形態から始まり、徐々に分散化していくのに対し、Everscaleは早々にDAOの形態からプロジェクトをはじめています。しかし、全体がバラバラで爆発的に広がらないという問題が露呈しており、2021年後半より財団を設立して中央集権と分散化のバランスを試行錯誤しながらプロジェクトを進めています。

2022年2月23日時点、Everscaleブロックチェーンには62万のウォレットが作成され、直近24時間のトランザクション数は約6.5万、バリデータ数は417となっています。

Everscaleのプロジェクト公認DAO「ガバナンス」

Everscaleには、26のプロジェクト公認DAOが存在し、DAOは「ガバナンス(Governance)」と呼ばれています。ガバナンスには、プロジェクト全体の重要ごとを決めるEverscale Governanceと、地域別・機能別の活動を行う「サブガバナンス(Subgovernance)」が存在しています。また、すべてのガバナンスがアクティブなわけではなく、活動が停滞しているものも含まれています。

Everscale Governance

Everscale Governanceは、Everscaleプロジェクト全体の監督的な立場を担います。ガバナンスメンバーは、ブロックチェーンの開発リード企業 EverX Labsや取引所のCEX.IO、Everscale の初期貢献者らから構成されています。

地域別のサブガバナンス

地域別のサブガバナンスは、国や地域ごとに分かれており、その地域のイベントやパートナーシップ締結、地域コミュニティの活性化に注力します。2022年4月15日時点、地域別では以下のサブガバナンスが活動しています。

  • African Subgovernance:アフリカ地域を担当
  • Chinese Subgovernance:中国を担当
  • French Subgovernance:フランスを担当
  • Japanese Subgovernance:日本を担当
  • Korean Subgovernance:韓国を担当
  • Mexican Subgovernance:メキシコを担当
  • Vietnamese Subgovernance:ベトナムを担当

機能別のサブガバナンス

機能別のサブガバナンスは、Everscaleエコシステムおける各機能を担います。2022年4月15日時点、機能別では以下のサブガバナンスが活動しています。

  • A&S Subgovernance:Evescaleプロジェクトのプロセス内部監査、不正防止を担当する。
  • Academy Subgovernance:Everscaleコミュニティにおける教育コンテンツの整備する。
  • ComVoice Subgovernance:コミュニティ意見の監査や、意見をもとにした提案を行う。
  • Cryptography Subgovernance:Everscaleに関連するプロトコルの研究開発を行う。
  • DeFi Subgovernance:EverscaleのDeFiエコシステムの拡大促進する。
  • DevEx Subgovernance:Everscaleソフトウェアの優先順位やタスクの策定、サードパーティ開発者と調整を行う。
  • DevOps Subgovernance:プロジェクト内のソフトウェア製品の開発、テストと実装を行う。
  • DGO Subgovernance:プロジェクトの中央集権化を防止するための監査する。
  • eSports Subgovernance:ゲームを通じて、Everscaleを盛り上げる役割を担う。
  • Formal Methods Subgovernance:Everscaleのコードを形式的検証で、信頼性を高いものにする。
  • Influencers Subgovernance:インフルエンサーマーケティングを企画し、実行する。
  • NFT Subgovernance:EverscaleにおけるNFTインフラの構築や、開発者、パートナーなどを誘致する。
  • Private CryptoNumiz Subgovernance:予算を要求しない独立したサブガバナンスで、独自のコンテストを開催している。
  • SMM Subgovernance:主要SNSを通じたEverscaleの宣伝やコンテンツ戦略、候補を実施している。
  • Telegram Winners:Telegram Open Networkの頃のコンテスト入賞者のサブガバナンス。
  • W&D Subgovernance:Everscaleのデザイン部門。
  • Wiki Subgovernance:Everscaleの情報を体系管理してWikiで公開する。

Everscaleブロックチェーンの特徴

秒間100万トランザクションが処理できる

Everscaleは「スケーリングに限りがない」という名前にも込められている通り、設計上はチェーン全体で秒間100万トランザクションを処理できる仕組みになっています。

Everscaleのブロックチェーンは、階層型のマルチチェーンで構成されています。唯一の存在であるマスターチェーンを頂点として、最大232個のワークチェーンが接続できるようになっています。ワークチェーンは、最大260個シャードチェーンに分割されます。さらに、シャードチェーンはシャードに分割されます。シャードチェーンのハッシュがマスターチェーンに組み込まれると、ファイナリティが確定します。Everscaleでは、チェーンの負荷状況によってシャードの数を動的に変化させることにより、最終的にチェーン全体で秒間100万トランザクションを処理できるようになります。
また、各ワークチェーンは、独自のネイティブトークンやアドレス体系、仮想マシンなどの固有のルールを持つことができます。さらに、ワークチェーンが相互運用要件を満たすことで、ワークチェーン同士の相互接続が可能になります。

中央集権化を防ぐ分散化アプローチ

Everscaleでは、2022年2月23日時点、417のバリデーターがありLayer1ブロックチェーンとしてはある程度分散化していると言える状態にあります(参考情報:Everscale Explorer)。

チェーンのシビルコントロールとしてProof of Stake(PoS)を採用し、コンセンサスは、BFTベースのCatchainと呼ばれるアルゴリズムを採用します。しかし、このままだとノードの数が増えてもスケーラビリティが増加できないことから、新しいコンセンサスアルゴリズム「Soft Majority Fault Tolerance (SMFT)」の開発を行い、2022年Q2にリリースを予定しています。

また、ネットワークに多様な種類のノードを配置することにより、分散化を図ります。バリデーター以外にも、バリデーターに検証作業を委任するノミネーター、バリデーターの過ち指摘するフィッシャーマン、新しいシャードチェーンのブロック候補をバリデーターに提案するコレーターがネットワークに参加できるようになっています。Everscaleでは1,000のバリデーターを許容し、そのうち100のバリデーターをマスターチェーン、残りのバリデーターをシャードチェーンの検証作業に割り当てるようになっています。

独自の仮想マシン「Everscale VM (ESVM)」

Everscaleでは、ユーザーとブロックチェーンとの対話を容易にするために、中間にEver OSと呼ばれるオペレーティングシステム(OS)を用意し、その上でアセンブリコードを実行できるようにしています。これらを構成する仮想マシンは、Everscale VM(ESVM、旧名TVM)と呼ばれます。ESVMは、EVMの改良型になっており、チューリング完全で、特定のハードウェアに依存しない環境でESVMアセンブリを実行できるようになっています。ESVMでスマートコントラクトを実装するためには、Solidity もしくは C, C++ でコードを記述することになります。

しかし、EverscaleではESVMだけでは十分に開発者を取り込めないことも認識しており、2022年Q2にEthereum VM(EVM)互換のワークチェーンのリリースを予定しています(後述)。

スマートコントラクトの利用難易度を下げる「DeBot」

通常、ブロックチェーンのスマートコントラクトを利用するには、コード実装の知識が必要になり、さらにセキュリティを維持する手間も要します。これらは、ブロックチェーン活用へのハードルの1つになっています。

Everscaleでは、DeBotと呼ばれるスマートコントラクトの対話型インターフェイスを用意しており、事前知識を必要とせずにスマートコントラクトを実装、利用する事ができるようになっています。DeBotの基本的な型は、チャットベースのインターフェイスになっており、ユーザーがスマートコントラクトと対話をすることで、様々な機能にアクセスできるようになります。これにより、セキュリティを維持しつつ、柔軟な機能へのアクセスが可能になります。

EVERトークン

Everscaleでは、プラットフォームのネイティブトークンとしてEVERトークン(以下、$EVERと表記)を利用します。

$EVERは、一般的なブロックチェーンプラットフォームと同じく、GASやステーキングで使用します。2022年2月23日時点、総供給量は 2,047,107,238 EVERで循環供給は 919,040,556 EVERになっています(参考情報:Everscale Explorer)。

実力主義のEVERトークン配布

Everscaleでは、過去にICOを行っていないため、コミュニティへの$EVERの配布は何かしらのプロセスを通して行われます。$EVERは、以下の構成に基づいて配布されます。

  • Referral Giver (85%):Everscaleのユーザーベースを広げるための活動への助成・報酬
  • Developer Giver (10%):Everscaleブロックチェーン開発者への助成・報酬
  • Validator Giver (5%):バリデーターへの報酬

上記の構成は、類似プロジェクトと比較すると非常に特異なものになっています。コミュニティは、サブガバナンス活動やエコシステムを拡げるためのコンテスト入賞など、Everscaleへの貢献を通すことでReferral Giverのアロケーションから$EVERを獲得することができます。Everscaleでは、原則エコシステムへの貢献者にしかトークンを配らないため、実力主義のトークン配布の仕組みと言えます。

Formal Method Subgovernanceのコンテスト例

Formal Method Subgovernanceのコンテスト例(ソース:#38 The Executor Module Formal Verification Phase 1 (Attempt 3)

EVERトークンのステーキング

Everscaleは、シビルコントロールにProof of Stake(PoS)を採用するため、$EVERをステーキングすることができます。

自らバリデーターになってステーキングするには、260,000 EVER(日本円で約858万円)が必要になります。多くのユーザーにとってこの額はハードルが高いため、ノミネーターになり、自分の$EVERをバリデーターに委任するのが最も現実的なステーキング方法になります。ノミネーターは、100 EVER(日本円で約3300円)からステーキングすることができ、年利 5 – 7%の程度の利回りを得ることができます。ノミネーターが自分の$EVERを委任してもすぐにステーキングが始まるわけではなく、バリデーターの選出が行われてからになります(最大54時間待つ)。また、54時間のアンステーク期間があります。

ユーザーがノミネーターになるには、ウォレットを使い、バリデーターが用意したスマートコントラクト「DePool」とやり取りして、ステーキングの操作を行う必要があります。実際には、ユーザーはウォレットがDePoolとやり取りしていることをほとんど意識することなく、裏側で一連のステーキング動作が行われます。DePoolの一覧は「Catalog of DePools」から確認することができます。

EVERトークンの対応ウォレット

$EVERには、以下の代表的なウォレットがあります。

Ever Surf (Web/iOS/Android)

Ever Surfは、Everscaleブロックチェーンの開発リード企業であるEverX Labs(旧TON Labs)が開発しているウォレットです。コードの知識がなくてもスマートコントラクトと簡単に対話できるインターフェイス「DeBot」に対応し、ユーザー同士で暗号化されたメッセージをやり取りできる機能が搭載されています。また、$EVERのステーキングをウォレットから直接行うことができます。

Ever Surfには、ウォレットの作成過程でシードフレーズ(ウォット内ではマスターパスワードと表記)をメモする手順がないため、ウォレット作成直後にシードフレーズをメモを怠ると、ウォレットのセッションが切れると資産を失うリスクがあります。

Ever Surf

EVER Wallet (ブラウザ拡張機能)

EVER Walletは、Everscaleエコシステムにおいて最も多くのDeFiプロダクトを提供しているBroxusが開発しているブラウザ拡張機能のウォレットです。Chrome互換ブラウザであれば利用することができ、ChromeやBrave、Edgeで利用することができます。EVM互換チェーンにおけるMetaMaskのような位置づけのウォレットになり、Web上で展開されるDeFiやNFTマーケットプレイスなどで利用します。

EVER Wallet

 

Moonstake Wallet (Web/iOS/Android)

Moonstake Walletは、ステーキングプロバイダーのMoonstake(解説記事)が提供しているウォレットです。日本語、マルチ通貨に対応しているため、普段づかいのウォレットとしても利用することができます。また、非カストディ型のウォレットでありながら、メールアドレスとパスワードによるソーシャルリカバリにも対応しています。ユーザーは、Moonstake Walletから直接$EVERをステーキングすることができます。
Moonstake

EVERトークンを売買できる取引所

EverscaleのDApps

Everscaleでは、コミュニティで広く認知されているDAppsがいくつかローンチされています。ここでは、代表的なものを紹介します。これらの製品は、Everscaleのリブランドに伴い、自身の名前をリブランドしている場合があるため、関連情報は旧名を検索すると見つかる場合があります。

FlatQube(旧TON Swap)

FlatQubeは、UniswapのようなAMM DEXになります。Everscaleブロックチェーン上で流通するTIP-3規格のトークンをサポートしています。資産の交換や流動性提供、イールドファーミングの機能が搭載されています。また、$EVERがTIP-3規格トークンではないため、FlatQubeで直接扱うことができません。そのため、wEVER(旧WTON)を使い、$EVERをラップして$WEVERにしておく必要があります。

FlatQube

Octus Bridge(旧TON Bridge)

Octus Bridgeは、EVM系チェーン(Ethereum, Fantom, BNB Chain, Polygon)とEverscaleとのブリッジになります。また、同じ開発者からCardanoとEverscaleとのブリッジAdaeverも公開されています。

grandbazar

grandbazarは、EverscaleのNFTマーケットプレイスです。EverscaleブロックチェーンのTIP-31規格のNFTに対応し、NFTの発行から二次流通までを行うことができます。
grandbazar

ブロックチェーン実用化に向けたロードマップ

Everscaleは、2022年2月14日に2022年のロードマップを発表しました。

Everscale 2022年のロードマップ

2022年のロードマップでは、ブロックチェーンをより実用化するための機能がチェーンに盛り込まれていきます。ここでは、利用者に影響が大きい項目を記載します:

  • 2022年Q1:zk-SNARKsに対応し秘匿トランザクションを行えるようになります。これにより、オンチェーン上でセンシティブな取引情報を扱うユースケースが可能になります。
  • 2022年Q2:コンセンサスアルゴリズムがSMFTに改良され、手数料が最大100倍下がります。
  • 2022年Q2:EVM互換のワークチェーンがリリースされ、EthereumやBNB Chain、PolygonなどでDApps提供している開発者が、Everscaleを利用することができるようになります。
  • 2022年Q2:Q1のzk-SNARKs実装により、プライベートワークチェーンがリリースされます。これまでHyperledgerやCordaでしか実装できなかったユースケースが、Everscaleで実現できるようになります。
  • 2022年Q4:オンチェーンストレージであるDriveChainが、ワークチェーンとしてリリースされ、データ保管まで一貫したEverscaleネイティブの実装ができるようになります。

Everscaleに関する情報

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました