Layer2・サイドチェーン

Layer1

インテント中心のアーキテクチャ「Anoma」の解説

Anomaの概要 Anoma(アノマ)は、インテント中心のアーキテクチャ(Intent-centric architecture)です。トランザクションの抽象化を行うことができるアーキテクチャであり、ユーザーは自分の意図をもとにトランザクシ...
Layer1

統合型のロールアップネットワーク「Initia(INIT)」の解説

Initia(INIT)の概要 Initia(イニシア)は、さまざまなロールアップが織りなすネットワークを構成するためのプロトコルです。チェーン全体は自身のレイヤー1であるInitiaと、Minitiaとよばれる複数のレイヤー2から成り立っ...
Layer2・サイドチェーン

あらゆるチェーンの資産をトレードできる「DODOchain(DODO)」の解説

DODOchain(DODO)の概要 DODOchain(ドードーチェーン)は、あらゆるチェーンの資産を取引可能にするレイヤー3のブロックチェーンです。取引のためのPMM DEXであるDODO Trade Hubを備え、開発者はEVM互換の...
Layer2・サイドチェーン

CyberConnectによるレイヤー2「Cyber L2(CYBER)」の解説

Cyber L2(CYBER)の概要 Cyber L2(サイバー・エル2)は、Web3ベースのオープンなソーシャルグラフを実現するCyberConnect(サイバーコネクト)によるEthereumのレイヤー2です。 プロジェクトは、Web3...
Layer2・サイドチェーン

SolanaVMのEthereumレイヤー2「Eclipse」の解説

Eclipseの概要 Eclipse(エクリプス)は、SolanaVM(SVM)を実行することができるEthereum上のレイヤー2です。Eclipse上では、ガスとして独自トークンはなく$ETHを利用します。 Eclipseは、後発のレイ...
Layer2・サイドチェーン

RWAトークン化のためのレイヤー2「Plume Network」の解説

Plume Network の概要 Plume Network(プルームネットワーク)は、実物資産(Real World Asset: RWA)のトークン化に特化したEthereumのレイヤー2です。米国の規制に準拠したトークン発行による資...
Layer2・サイドチェーン

Bitcoinのレイヤー2「Bitfinity(BFT)」の解説

レイヤー2はベースとするレイヤー1にアンカリングをすることで、改ざんへの耐性をレイヤー1と同等にすることができるようになります。Bitfinityは、Bitcoinのセキュリティを利用するレイヤー2を手掛けています。 Bitfinity(B...
Layer1

柔軟なロールアップを作れるプラットフォーム「AltLayer(ALT)」の解説

AltLayer(ALT)の解説 AltLayerは、アプリケーション開発者が自身のニーズに合わせた拡張性が高い実行レイヤーを立ち上げるためのロールアップを立ち上げるためのプラットフォームです。モジュール構造を採用することにより、開発者は自...
Layer2・サイドチェーン

Bitcoinのサイドチェーン「Rootstock」の解説

碑文から始まったBRC-20をきっかけに、Bitcoinのエコシステムが盛り上がりを見せており、Bitcoinで仮想マシンを実行できるプロジェクトが増加傾向にあります。その中でも、Rootstockは老舗のBitcoinのサイドチェーンです...
Layer1

Move言語のレイヤー1&2チェーン「Movement(MOV)」の解説

Movement(MOV)の概要 Movement(ムーブメント)は、Movement Labsにより開発されているレイヤー1及びレイヤー2のブロックチェーンです。 名前の通り、MovementはMove言語で構築されたスマートコントラクト...