Layer2・サイドチェーン

Layer2・サイドチェーン

SolanaVMのEthereumレイヤー2「Eclipse」の解説

Eclipseの概要 Eclipse(エクリプス)は、SolanaVM(SVM)を実行することができるEthereum上のレイヤー2です。Eclipse上では、ガスとして独自トークンはなく$ETHを利用します。 Eclipseは、後発のレイ...
Layer2・サイドチェーン

RWAトークン化のためのレイヤー2「Plume Network」の解説

Plume Network の概要 Plume Network(プルームネットワーク)は、実物資産(Real World Asset: RWA)のトークン化に特化したEthereumのレイヤー2です。米国の規制に準拠したトークン発行による資...
Layer2・サイドチェーン

Bitcoinのレイヤー2「Bitfinity(BFT)」の解説

レイヤー2はベースとするレイヤー1にアンカリングをすることで、改ざんへの耐性をレイヤー1と同等にすることができるようになります。Bitfinityは、Bitcoinのセキュリティを利用するレイヤー2を手掛けています。 Bitfinity(B...
Layer1

柔軟なロールアップを作れるプラットフォーム「AltLayer(ALT)」の解説

AltLayer(ALT)の解説 AltLayerは、アプリケーション開発者が自身のニーズに合わせた拡張性が高い実行レイヤーを立ち上げるためのロールアップを立ち上げるためのプラットフォームです。モジュール構造を採用することにより、開発者は自...
Layer2・サイドチェーン

Bitcoinのサイドチェーン「Rootstock」の解説

碑文から始まったBRC-20をきっかけに、Bitcoinのエコシステムが盛り上がりを見せており、Bitcoinで仮想マシンを実行できるプロジェクトが増加傾向にあります。その中でも、Rootstockは老舗のBitcoinのサイドチェーンです...
Layer1

Move言語のレイヤー1&2チェーン「Movement(MOV)」の解説

Movement(MOV)の概要 Movement(ムーブメント)は、Movement Labsにより開発されているレイヤー1及びレイヤー2のブロックチェーンです。 名前の通り、MovementはMove言語で構築されたスマートコントラクト...
Layer2・サイドチェーン

プライバシー志向のEVM互換ロールアップ「Ten (TEN)」の解説

Web3をマスアダプションするにおいて、大きな発展の余地が残されている領域にプライバシーがあります。この領域は、トランザクションが匿名になることから、しばしばマネーロンダリングを助長しているとして規制当局からの槍玉に上がることがあります。し...
Layer2・サイドチェーン

Arbitrum上のゲーム特化型レイヤー3「Xai(XAI)」の解説

Xai(XAI)の概要 Xaiは、Ethereumのレイヤー2であるArbitrum上に構築された、ゲーム特化型のレイヤー3です。次世代のビデオゲームにおける実経済とオープン取引を実現するために開発され、潜在的な数十億のゲームプレイヤーが暗...
Layer2・サイドチェーン

FHEを用いたプライバシーロールアップ「Fhenix」の解説

ブロックチェーンが普及するにつれ、チェーン上のプライバシーは重要になっています。Fhenixは、これまでにない新しい方式のプライバシー確保手段を提供するロールアップです。 Fhenix の概要 Fhenix(フェニックス)は、完全準同型暗号...
Layer1

プライバシーを提供するブロックチェーン「Manta Network(MANTA)」の解説

Manta Network(MANTA)の概要 Manta Network(マンタネットワーク)は、ゼロ知識証明を使用したアプリケーションをより簡単に実現するためのエコシステムです。ハーバードやMIT、Algorandなどの研究機関やプロジ...