DApps

DApps

Cardanoエコシステムにおける利回り最適化プラットフォーム「Genius Yield」の解説

2017年9月にメインネットが指導したCardanoブロックチェーンは、学術的なアプローチを重ね、2021年9月のAlonzoアップデートを経てスマートコントラクト機能を追加しました。これは、CardanoでDeFiも扱えるようになったこと...
DApps

オンチェーンにプライバシーをもたらすプロトコル「Railgun」の解説

ブロックチェーンの良さは透明性と言われている一方、それは利用者のプライバシーがないという裏返しにもなります。特に、入送金時に自分のウォレットアドレスを晒すことはリスクであり、相手に自分の残高を容易に知られてしまいます。最悪の場合、それは強盗...
DApps

リアルとバーチャルをつなぐWinkyのメタバース「Winkyverse」の解説

より自由な仮想空間であるメタバースは、ここ最近のブームになっています。そして、ほとんどのことが仮想空間で完結することから、仮想通貨との相性の良さが注目されています。Winkyverseは、これまで培った製品にメタバースの要素を加え、より未来...
DApps

DAOのための定期払いDApps「Superfluid」の解説

DAOが広がる中、貢献者への給与支払いのソリューションが登場しつつあります。その中でもSuperfluidは、カスタムマネー作成できるDAppsでステーブルコインDAIを運営するMakerDAO Growthが採用した実績を持ちます。 ...
DApps

Shade Protocol(SHADE)の解説

Shade Protocol(SHADE)の概要 Shade Protocolは、Secret Network上に構築されたDeFiプロダクト群です。匿名ステーブルコイン「Silk(SILK)」、分散型資産管理DAO「Synthesis」...
DApps

DeFiプロジェクトに信頼を与える EverRise(RISE)の解説

DeFiは、プロジェクトとスマートコントラクトが信用できることを前提としてコミュニティからの信頼を確保します。しかし、これらを確立するには様々な障壁があります。EverRiseは、プロジェクトがDeFiの運営においてコミュニティの信頼を確保...
DApps

オンチェーン履歴書を目指す RabbitHole の解説

ブロックチェーン上で動くアプリケーションのことを一般的にDAppsと呼び、RabbitHoleでは、DAppsの教育コンテンツを通して、持続可能なブロックチェーンプロジェクトの成長を目指しています。今回は、オンチェーンタスク型教育DApps...
DApps

CardanoのDeFiハブ Ardana の解説

Cardanoは、日本時間2021年9月13日にAlonzoアップデートを実行し、ブロックチェーンにスマートコントラクト機能をリリースしました。これにより、DeFiの実装が可能になり、数多くのDeFiプロジェクトが既に動いています。今回は、...
2021.11.27
DApps

アルゴリズミックステーブルコイン UXD Protocol(UXP)の解説

価格変動が何かしらの現実資産に連動(ペグ)するステーブルコインは、様々な試みが行われています。その中でも、業界における新しい取り組みがアルゴリズミックステーブルコインです。今回は、米ドルに連動したUXD Protocolを解説します。 U...
2021.11.27
DApps

無料でプレイして稼げるMMO「Continuum World」

Axie Infinityが火付け役になったPlay to Earn(=遊んで稼ぐ)のゲームは、今まで暗号資産を扱ってきた人だけではなく、一般にまで広がりました。特に、為替の安い国ではゲームをプレイして稼ぐことが仕事として成り立ち、場合によ...
2021.10.13
タイトルとURLをコピーしました