ICO

【ICO】AIS:現地の銀行と提携したモンゴルの仮想通貨取引所

投稿日:2018/10/23 火曜日 更新日:

日本人から見るとマイナーな国モンゴル、実は経済が盛り上がっている国の1つです。

そこに現地の銀行と提携して取引所を開設するプロジェクトがあります。

AISの概要

AISとは、Alternative Investment & Securityの略で、モンゴルで仮想通貨取引所「AIS取引所」を中心とした複合プロジェクを展開します。

AISでは、取引所の他、マイニングや銀行提携、AIコンセルジュのサービスを提供します。

特にユニークなのがマイニングです。通常の仮想通貨マイニングに加え、地下資源のマイニング事業も行われ、その利益は取引所の利益とともにユーザに還元されます。

また、AISでは現地の銀行であるNI Bankと提携し、デビットカードを発行します。法定通貨による入出金が世界中のATMででき、他の海外取引所と比べて高い利便性を確保できるという強みがあります。

AISの基本サービス

AISでは6つのサービスを提供していきます。

取引所は言わずもがなであるため、他のサービスを見ていきます。

AISのサービス

AISのサービス

現地の銀行と連携している

AISではモンゴルの銀行NI Bank(National Investment Bank of Mongolia)と提携しています。

NI Bankは2006年にモンゴルで業務を開始し、今まで14支店を展開し、日本にも拠点を持っています。AISとは、2018年7月にMOUを締結しました。

実際に、AISのCTOにLkhagvasuren Sengedorj氏がプロジェクトに関わっており、NI BankのIT部門のディレクターとして活動しています。

AISとNI Bankの連携モデル

AISとNI Bankの連携モデル

NI Bankとの提携により、法定通貨とのやりとりが他の海外取引所より便利になります。

ユーザは、AIS取引所に登録すると自動的にNI Bankで口座開設ができるようになります。

NI Bankの口座開設者は、法定通貨(MNTやUSD)を使うAIS取引所で仮想通貨を購入することができるようになります。また、開設と同時にNI Bankからデビットカードが発行されます。デビットカードを使うことにより、出金したいときは仮想通貨を法定通貨に交換し、世界中のATMから法定通貨で出金することができます。

NI Bankとの連携は単なる利便性向上に留まりません。AIS取引所のサーバーをNI Bankの内部に配置することができるため、銀行並みのセキュリティをAIS取引所で実現することができるようになります。

仮想通貨のマイニングがある

AISでは、仮想通貨のマイニングを行い、それをユーザーに還元します。

マイニングは大量の電力を消費しますが、モンゴルは電力料金が日本の2割程度となるため、その安さ自体がマイニングの収益拡大に寄与します。

AISのマイニングではBaikal社のマイニングマシンを採用します。Baikal社の製品はマイニングのコア層に人気があり、家庭でマイニングしても問題ない程の低電力製品も存在します。

今回採用しているBaikal社の製品は、ASICでありながら、マイニングアルゴリズムをスイッチングすることにより、BTCではなく時価総額50-1000位の通貨をマイニングすることができます。それにより、掘削効率の大幅な向上を実現しています。

AISでは「Baikal Giant X10」というマイニングマシンを採用し、さらに独自カスタマイズを施してオリジナルより+15-18%程度の採掘パフォーマンスが出るようにします。

独自カスタマイズを施しながらも、製品保証が受けられるように体制が確立されています。

資源のマイニングがある

他の取引所に絶対ないマイニングが、資源のマイニングです。AISでは、資源のマイニングもユーザーに還元します。

モンゴルは地下資源が豊富で、政府が金や銅、石灰やレアメタルの開発を推進しています。現状採掘された資源は埋蔵量の40%であり、残り60%が眠っている状態とされています。

特にモンゴルの場合は、モリブデンが注目されており、クリーンエネルギー分野では欠かせない素材となっています。

AISではNI BANKとともに、現地の鉱業会社との連携を前提に資源のマイニング会社を設立する予定です。

AIコンシェルジュがある

AISでは、AIコンシェルジュを採用します。

この手のプロジェクトでAIというと、実は単なる統計処理をしている場合が多いものでしたが、AISのものは本当にAIです。

AISで採用するAIは、行動特性分析を行います。そのために、ユーザーは取引所のアカウント開設時にいくつかの簡単な質問に答えることになります。

最終的に、ユーザーに合った12種類のAIコンシェルジュのうちどれかがマッチングされるようになります。

マッチング後、ログインするとAIコンシェルジュが直近24時間の市況を教えてくれるほか、ユーザーに合った投資アドバイスが提供されるようになります。

SNS機能

AIS取引所にチャット機能が搭載され、通貨ごとのチャットグループ同士の情報をシェアすることができるようになります。

また、Twitter, Facebook, Instagram, Telegramなどと連携し、簡単にアフィリエイトリンクのシェアができるようにあります。

AISの徹底した利益還元

上記の一部でも触れているように、AISではトリプル配当を行います。

仮想通貨のマイニング、資源のマイニングの他に、取引所の利益も配当されます。

利益の30%が配当対象となり、AISトークンの保有量が多ければ多いほどその還元率が上がっていきます。

詳細は以下の表になります。

ランク 保有AISトークン 配当倍率
Silver 1 - 50,000 x1
Gold 50,001 - 500,000 x2
Platinum 500,001 - 2,000,000 x3
Black 2,000,001以上 x4

取引所トークンのAISトークン

AIS取引所では、取引所トークンとしてAISトークンを使うことができます。

AISトークン保有の特典

AISトークンがAIS取引所で担う内容は、以下の通りになります。

  1. 取引手数料の割引
  2. 送金手数料の割引
  3. 上場手数料の割引
  4. 仮想通貨売買のペア通貨
  5. 新しいICOへの投票権利
  6. 利益配当(取引所、仮想通貨マイニング、資源マイイニング)

取引手数料と送金手数料は、AISトークンの保有数が多くなればなるほど割引率が上がっていきます。

ランク 保有AISトークン 割引率
Silver 1 - 50,000 5%
Gold 50,001 - 500,000 10%
Platinum 500,001 - 2,000,000 15%
Black 2,000,001以上 20%

AISトークンのスペック

  • トークン正式名称:AIS Token
  • トークンシンボル:AIS
  • プラットフォーム:Ethereum
  • トークン規格:ERC20
  • 総発行数:2,300,000,000 AIS

ICOに参加するには

AISのICOに参加するには、AISのページよりページ右上の「Apply for pre-sale」をクリックし、ユーザ登録及びKYCを済ませます。

その後、トークンを購入します。

ICOに関する情報

  • セール期間
    • プレセール:2018年10月-
    • クラウドセール:2019年Q1
  • 販売レート
    • プレセール:1 AIS = 0.04 - 0.20 USD(10段階に分けてレート変更)
    • クラウドセール:1 AIS = 0.3 USD
  • ソフトキャップ:10,000,000 USD
  • ハードキャップ:45,000,000 USD
  • 売れ残りトークンに関する扱い:不明

ロードマップ

  • 2018年06月:行動特性ライセンス取得/ AI プログラム着手
  • 2018年07月:モンゴル国内銀行NI BANKと提携に関するMOU を締結
  • 2018年09月:モンゴルにてAIS PROJECT の運営法人NI-EXを設立
  • 2018年10月:プリセール
  • 2018年11月:暗号通貨マイニング事業開始
  • 2018年12月:AIコンシェルジュアプリ αテスト
  • 2019年03月:AIS取引所設立
  • 2019年04月:クラウドセール、資源マイニング事業開始
  • 2019年05月:AIコンシェルジュアプリ βテスト
  • 2019年06月:AIコンシェルジュアプリ リリース

AISに関する情報

さらに良い情報をキャッチするために

当ブログでは、情報発信用にLINE@を用意しております。

グレーなネタや、ICOのプライベートセールの購入枠を含めた情報など、とにかくブログで公表できない情報をご紹介します。

友だち追加

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Junya Kato

TOKEN ECONOMISTの管理人、QURASの広報メンバー。 より多くの人にブロックチェーンの未来を感じてもらうべく、先進的なブロックチェーンプロジェクトやプロダクトの紹介を行っています。

-ICO
-

Copyright© TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) , 2019 All Rights Reserved.