インタビュー

Algorand Foundation – Summer Miao氏:Algorandブロックチェーンの世界普及の取り組みについて訊く(後編)

インタビュー

日本では馴染みが薄いものの、世界的に有名なブロックチェーンプロジェクトが存在します。その中でも、Algorand(アルゴランド)は、コンピュータ分野のノーベル賞「チューリング賞」を受賞したMIT教授Silvio Micali(シルビオ・ミカリ)氏らによって設計され、非常に優秀なメンバーが推進していると言われています。

今回は、Algorandの普及を推進するAlgorand FoundationのHead of Communities Asia Pacific、Summer Miao氏にインタビューを行いました。本インタビューは前後編で構成され、後編では主にAlgorandのビジネス面について訊いていきます。

前編がまだの方は、前編を先にご覧ください。

Algorand Foundation - Summer Miao氏:Algorandブロックチェーンの世界普及の取り組みについて訊く(前編)
日本では馴染みが薄いものの、世界的に有名なブロックチェーンプロジェクトが存在します。その中でも、Algorand(アルゴランド)は、コンピュータ分野のノーベル賞「チューリング賞」を受賞したMIT教授Silvio Micali(シルビオ・ミカ...

後編 – 主にAlgorandのビジネス面

Algorandのエコシステムやユースケース

加藤:Algorandのエコシステムについて教えてください。いまAlgorandブロックチェーンはどれくらいの活用がされているのでしょうか?また、どのようなユースケースが出てきていますか?代表的なものをご紹介願います。

Summer:まず数値的な面ですが、現在Algorandブロックチェーンには1日あたり約100万件の取引が計上されています。現状のAlgorandのTPSは約1,000であり、現在のDAppsのニーズを完全に満たしています。シルビオが書いた「Algorand 2021 Performance」という論文では、今年中にこの数字が1,000から46,000まで伸びると予想しています。

Algorandブロックチェーンのリアルタイム・データについては、以下の2つのウェブサイトを参照してください。

  1. https://metrics.algorand.org/
  2. https://algoexplorer.io/

Algorandの導入加速により、今年の3月には1,000万アカウントを達成したことを発表できました。現在、フィンテック、スタートアップ、金融サービス、機関、DeFi(分散型金融)からなる何百もの組織がAlgorandをベースに構築しています。

ガバナンスを背景にしたユースケースを2つ紹介したいと思います。1つは、CBDC(中央銀行デジタル通貨)のユースケースです。マーシャル諸島共和国は、ブロックチェーン技術の利点を活用したオープンな金融システムのビジョンを掲げ、国家デジタル通貨を採用した最初の国となっています。このデジタル通貨はSOVと呼ばれ、米ドルと一緒に流通し、マーシャル諸島がグローバル経済の中で効率的に活動するのに役立ちます。

Algorandがマーシャル諸島に採用された理由は、SOVをグローバルなレベルで発行、管理、流通させるために必要な最高の機能を備えているからです。さらに、Algorandプロトコルは、その速度、スケーラビリティ、セキュリティ、そして、必要なコンプライアンス管理と国家デジタル通貨に必要な取引のファイナリティを効果的に実施する能力があることから選ばれました。

もう1つは、BSN(中国の国営ブロックチェーンベース・サービス・ネットワーク)との連携です。BSNとの連携により、Algorandの開発者は、BSNが提供するデータ・ストレージや帯域幅などのリソースを利用してノードを稼働させ、アプリケーションを構築することができます。BSNは、自社でノードを運用する場合と比較して、ネットワーク品質の向上や、ノードの監視などのより包括的なサービスを提供します。

昨年12月、Algorandは自前のBSNポータルを立ち上げました。このポータルには、Algorandのメインネットとテストネットの両方にBSNパーミッションレス・サービスが組み込まれています。これは、世界中のユーザーに低コストのブロックチェーン・ソリューションを提供する初のパブリックチェーン自前のBSNポータルです。

BSNのマルチポータル戦略の一環として、Algorand BSNポータルは現在、無料で提供されており、少なくとも今後1年間はその状態を維持します。Algorand BSNポータルでのアカウント開設からAlgorandテストネットへのアクセス・ゲートウェイ作成までは、「Algorand BSN Portal – Getting Started」をご参照ください。

Algorandのロードマップ

加藤:今後のAlgorandのロードマップについて教えてください。そのロードマップが実現された場合、どのようなユーザーメリットがもたらされますか?

Summer:2020年末に、創業者であるSilvio Micaliが「Algorand 2021 Performance」を発表し、2021年の技術とインフラのパフォーマンスに関するビジョンを共有しました。

  • ブロックサイズが5,000から25,000トランザクションに拡大しても、ブロック提案時間は0.5秒のまま
  • ブロックの確定時間は、4.5秒から2.5秒に短縮
  • 最終的なTPSは、1,000から46,000に増加(これは、ブロックのパイプライン化に真実味のあるアプローチを採用したおかげです)

Algorandの包括的な目標は、完全にスケールアップし、第1世代のブロックチェーンのパフォーマンス上の欠点を排除した、真に分散化されたパブリックでパーミッションレスなネットワークを提供することです。分散化とセキュリティはAlgorandの基本原則です。今回の性能向上と今後のプラットフォームの充実化によって、それらが尊重されることになります。

Algorandはイノベーションを継続的に提供しており、Algorandのスマートコントラクト言語であるTEAL(Transaction Execution Approval Language)のアップグレードの実装に成功しました。性能や経済効率を損なうことなく、レイヤー1の言語を維持し、アクセスと利便性を向上させながら、開発者のエクスペリエンスがより最適化されます。

テクノロジーのアップグレード以外にも、先ほど申し上げたように、財団は4月12日に正式なガバナンス提案を発表しました。それは、現在財団に委ねられている残りのエコシステム・リソースに関する決定権をコミュニティに委ねるというものです。これらのリソースは、参加報酬、研究・イノベーション資金、助成金プログラムなどであり、合計32億ALGOとなります。今後、このALGOを「Algorand Ecosystem Resource Pool(AERP)」と呼びます。

この野心的な新しいガバナンス・システムは、2つのフェーズで展開されます。2021年第3四半期にシステムの導入期間を開始しますが、その際、一部の側面はオフチェーンで実装されます。2022年初頭には、すべての側面がオンチェーンになり、スマートコントラクトによって制御される完全なシステムが完成すると予想しています。

Algorandは、コミュニティとプロトコルの両方が進化できるように、システムは変化を許容し、柔軟性に欠けるポリシーは避けるべきだという考えを基本としています。私たちは、責任ある分散化に向けて同じアプローチをとり、私たちが共に描く未来への使命を果たしていきます。

コミュニティの拡大

加藤:Algorandでは、どのようにコミュニティを拡大していこうとしていますか?また、コミュニティ拡大を促進するためのプログラム(アンバサダー、アクセラレーター)などありましたら、教えてください。

Summer:ボーダーレス経済を実現するというビジョンのもと、Algorandには、技術組織、開発者、投資家、ALGOホルダーなどで構成される大規模なグローバル・エコシステムがあります。私たちのコミュニティ・ネットワークは60以上の国と地域をカバーしており、合計500人以上のアンバサダーがそれぞれの言語でAlgorandを代表しています。

Algorandのアンバサダー・プログラムは1年以上運営されてきましたが、今年はアンバサダーを新しいバウンティー・プラットフォームに移行する予定で、これは初夏に開始される予定です。Algorandブロックチェーンの開発とイノベーションを促進するという財団のミッションの一環として、開発支援に特化したアンバサダー報酬も用意しています。

注目すべきは、これまでに2つのAlgorandアクセラレータ・プログラムを開催していることです。1つはアジアのアクセラレータ・プログラムで、今年1月に選ばれた10のプロジェクトのデモ・デイを成功させました。最近のニュースとしては、プロジェクトの1つである分散型金融会社のYieldlyが、完全に希釈された2,000万トークンの価値で140万米ドルを調達したことが挙げられます。もう1つは、Algorandヨーロッパ・アクセラレータです。私たちは、イノベーションを促進し、ブロックチェーン技術の主流への採用を推進することを嬉しく思います。

パブリックブロックチェーン普及をさせるための課題

加藤:既に様々なパブリックブロックチェーンのプロジェクトが登場していますが、まだパブリックブロックチェーンは本格的に普及するまでに至っていないと思われます。パブリックブロックチェーンを普及させるには、どのような課題があると思いますか?また、それらの課題を解決するために、Algorandで取り組んでいることがあれば教えてください。

Summer:Algorandは、ローンチ以来、長年にわたり主流のブロックチェーン導入を妨げていた技術的な障壁、すなわち分散化、スケーラビリティ、セキュリティに関わる障壁を取り除くことを目指しています。

Algorandのコンセンサス・メカニズムは、パーミッションレスでPURE PROOF OF STAKE™です。これにより、真の非中央集権的なネットワークにおいて、完全な参加、保護、およびスピードが保証されます。数秒でブロックを完成させるAlgorandの取引スループットは、大規模な決済・金融ネットワークと同等です。

Algorandでは、権力はステークを持つユーザーの手に委ねられています。すべてのユーザーは、チェーンにコミットされたブロックごとに、自分のステークに比例した量の報酬を受け取ります。私たちは、ユーザーがAlgorandプラットフォームに参加し、分散化への道を加速させるためにそうしています。

Algorandは、従来型モデルと分散型モデルを、包括的で摩擦のない安全な統一されたシステムに収束させる、金融の未来(FutureFi)を実現するための技術を構築しています。500以上のグローバルな組織がその技術を活用しており、Algorandは、次世代の金融商品、プロトコル、そしてDeFi、金融機関、政府間での価値交換を簡単に行うことを可能にしています。この旅はまだ始まったばかりです。

日本をどのように見ているのか?

加藤:Algorandでは、日本はどのようなマーケットに見えていますか?ポジティブな点、ネガティブな点を教えてください。また、日本で求めているパートナーシップがあれば教えてください。

Summer:周知の通り、日本は暗号通貨の導入、規制、さらには合法化において世界をリードしています。Algorandはアジア市場を重視しており、日本は間違いなく私たちが取り組みたい重要な市場です。技術やエコシステムの優位性に加えて、Algorandの規制遵守の性質は、日本の企業が構築するための素晴らしいプラットフォームとなります。

Securitize社はAlgorandのパートナーであり、彼らと一緒に日本市場を開拓していきたいと考えています。また、日本のいくつかのプロジェクトから助成金の申請を受けており、分散化、セキュリティ、スケーラビリティを備えたプラットフォームを求めているあらゆる分野のパートナー候補を歓迎しています。

パートナーシップについては、私Summer<summer@algorand.foundation>と、財団のパートナーシップ責任者であるRyan Terribilini <ryan@algorand.foundation>までご連絡ください。

英語が苦手な方は、アルゴランド・ジャパンにてパートナーシップ支援を行います。アルゴランド・ジャパンのお問い合わせフォームまでご連絡ください。

日本の人たちへのメッセージ

加藤:最後に、日本の人たちへのメッセージをよろしくお願いします。

日本でのコミュニティとエコシステムの構築は今後も継続していくので、より多くの情報を共有していきたいと思います。日本語の公式Twitter @AlgorandJapanのフォローを歓迎します。また、日本のアンバサダーのAkioが作成した日本のコミュニティ・サイト「アルゴランド・ジャパン」で、Algorandについてもっと知ることができます。ありがとうございました。

Algorandに関する情報

公式情報

Algorand Foundation

Algorand Inc.

日本アンバサダーによる日本語のAlgorand公認コンテンツ

この記事を書いた人

TOKEN ECONOMISTオーナー。「ブロックチェーンによる少し先の未来を魅せる」をポリシーに、注目しているプロジェクトの紹介やインタビューを行っています。

Junya Katoをフォローする
スポンサーリンク
TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)
タイトルとURLをコピーしました